ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)

  • 6405人登録
  • 3.89評価
    • (563)
    • (1175)
    • (734)
    • (42)
    • (11)
  • 815レビュー
著者 : 三上延
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048662260

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • 人気シリーズも5作目。
    大輔の告白に対して、返事を延ばす栞子だが、その理由とは‥?

    大らかな人柄の五浦大輔の視点で語られ、ほとんど本が読めないという設定で誰にでも入りやすくしてあるのが上手いですよね。
    ヒロインは漫画チックな容姿の楚々とした内気な美女・篠川栞子で、ツンデレというか~普段は大人しいけど、本の話になると夢中になるキャラ。
    そして、出てくる本の薀蓄は半端ない‥
    思わず世界に引っ張り込まれますね。

    今回のプロローグとエピローグは「愛のゆくえ」
    なるほど。しかも、ちょっと仕掛けが入っていたりして。

    古本屋に本を売ってはしばらくしてまた買い戻すという謎の行動を取る中年女性。
    その理由と、正体は‥?
    せどり屋の志田の知人の老人に、どんな関係が‥

    手塚治虫の全集の同じ本がなくなり、もとは複数あった謎。
    栞子さんが鮮やかに解き明かしますが、な、なんてややこしい出版物‥
    手塚治虫のこだわりは、よくわかる気はしますが。

    寺山修司の高価な本を兄から遺品としてもらいうけたと主張する男。
    出入り禁止だった弟に遺すとは、そんなはずはないと思う妻は‥
    過去にさかのぼる辛いいきさつは思いがけなく、栞子の身近で起こっていた‥

    突然家を出て何年も音信不通だった栞子姉妹の母親・智恵子は出てきてみたら、強烈なキャラ。
    今回も見え隠れする存在がピリッと効いてます。
    謎の多いキャラなので、両親の結婚のいきさつを栞子が聞くくだりで、こちらもちょっと納得しました。そういう女性だと承知の上でのプロポーズだったと。

    勝手な母親に怒りを覚えつつ、似ている自分がいつか同じことをするのではと心配していた栞子さん。
    大輔くんの思いがけない言葉で、ハッピー感溢れる未来をイメージできるようになります。
    ところが、まだまだ事態は急変‥? 乞うご期待ですね!

  • 前回のラストから、どういう展開になるのかハラハラしながら待っていた5巻です。

    今回は3つの中編で、テンポよく読めました。
    古書ミステリーということで読み始めた本シリーズですが、栞子さんと大輔くんの関係からも目が離せなくなってきてしまいました。
    ぎこちない空気になってしまっても、本の話となると普段のペースを取り戻すところが、なんだか微笑ましい2人です。

    栞子さんの母親の話題が出ることが多くなってきましたが、常人には計り知れない洞察力と知識欲、それにふわふわとした掴みどころの無さで、不安な気持ちにさせられる存在でした。

    そして、今回のラストも引っ張ります…。
    6巻も読まなければ!

  • おもしろかったです!

    本にまつわるミステリーは薄めですが、大輔さんへの返事を真剣に考える栞子さんの魅力が溢れんばかりです。

    ラスボス智恵子との対決(?)シーンにドキドキした。
    なんかフラグ立ちまくっていたし。
    言い残した言葉からすると、最後に起きた災厄の元凶なんだとプンプンする。

    栞子さんは大輔くんの言葉がうれしかっただろうなー。
    もうちょっと余韻に浸りたかったのに…w

    ビブリアがサスペンス・ミステリーぽくなっていきそうな次巻が楽しみであり、ちょっと怖い。
    ラスボス智恵子が願うのは娘の幸せなのか、自らの探究なのか。

    最後は気持ち良く物語を終えて欲しいものです。

  • 北鎌倉駅に近いビブリア古書堂。その女店主・栞子さんとアルバイトの大輔くんによる古書にまつわるミステリーと謎解き。

    3月(前巻)に栞子さんに想いを伝えた大輔くん。
    その返事はなかなかもらえず。5月のうちに答えると栞子さんは言うのだが・・・。

    大輔くんの視点で語られる地の文。彼にとっての盲点はそのまま読み手の盲点となる。もちろんそのように仕掛けられているわけだけど・・・。
    まんまとはまってしまった私。

    また、家を出た母親との関わりも今まで以上に多くなり、栞子さんが何かを乗り越えようとしているのわかる。栞子さんの控えめな態度が母親によって形成されたのを知るにつれ、母娘の複雑な関係に少しばかり息苦しくなってくる。

    似たもの同志でありながら娘は母親のことを認めつつも許せず、母親に心の奥底を見透かされるのを恐れて一定の距離を置いている。そのことが却って、その距離の中にある特別な感情を知らしめる結果を招いているという皮肉。

    娘に対する愛情は一般的なそれとは異なっており、また自分をつき動かす好奇心に抗うことのできない母親の智恵子さん。前巻のあまりに奔放な態度は理解に苦しんだが、本巻の最後の彼女の言葉に思いやりを感じることができた。

    「でも、万が一最後はそうなったとしても、その前になにかを変えられるよう、努力をする人間でありたい」(P290)
    栞子さんは「自分は決して母親のようにはならない」と思いつつも、同じ血が流れるいるが故、同じ過ちを犯してしまうのではないかとおびえる。だから、大輔くんを愛していることに気付いていながら、一歩踏み込めずにためらってしまう。

    自分もかつての母親のように、知りたいと思う気持ちを抑えることができず、大切な人を置き去りにしてその人の前から突然立ち去ってしまうのではないかと恐れている栞子さんに大輔くんは言う。

    「いや、俺もいっしょに行けばいいじゃないですか」(P296)

    これまたなんとシンプルな!
    こうあるべきとか、手に入れた情報に逆に振り回されて柔軟性を欠いた思考に陥りがちな私たちを、さらりと解放してくれるリターンエースのような一言。
    あれこれできない条件ばかりを並べて頭をかかえる非生産的かつ非建設的な毎日に、衝撃的ですらありました。

    大輔くん、素敵です!

  • ビブリアシリーズ5冊目。
    だんだん栞子のキャラクターが鬱陶しくなってきた今日この頃…。でも、謎解きは3つとも面白かったし、最後の展開から次作が非常に楽しみになった。
    この本を読んでいると、出てきた古書を読みたくなってしまう。今回のブラックジャック…学生時代に少し読んだが、また読み返したくなってしまった。そして、古書や本を通じて育む愛というのは、かなり憧れます。

  • 「今まで自分の言葉で、自分の気持ちを伝えたいと思ったことがなかったから。文字になった誰かの言葉に囲まれている方が、ずっと好きだったから」

    とうとう!気持ちを口にした大輔さんだけど、栞子さんは何かを済ませるまで待って欲しいとの返事。
    なんとももどかしい。

    「愛のゆくえ」
    「彷書月刊」
    「ブラック・ジャック」
    「黒いハンカチ」
    「われに五月を」
    「詩集 普通の鶏」
    本についての雑誌から手塚治虫に寺山修司。
    漫画に詩集とバラティに富む本たち。
    読んでから再読したくなる。
    ブラック・ジャック懐かしい。
    実家の4巻を開いて確かめたくなった。
    まさに小学生の時に買ってもらってるし。
    それにしても、手塚治虫ってトテツモナイ人だわー。

    グイグイと話が進んでいく。
    プロローグにドキドキして、ラストにギョ。
    とにかく最初から最後まで、姿が見えなくても見えても、智恵子さんの不気味なこと。
    大輔くん頑張れー!

  • もーーー、なんだこれ! めっちゃくちゃ面白かった!
    早く続きが読みたいのに(図書館へ)リクエストをかけたらまさかの70人待ちで、いつだよ! 読めるのは!!

    とりあえず、1作目をもう一度読み直してみたい。

    最初は古書にまつわる謎が面白くて、
    「栞子と大輔の関係なんてどうでもいい」
    と、思ってたんやけどゴメンナサイ。

    今回はプロローグに煽られ、まあもう、
    「古書なんかどうでもいいし!!」
    と、思ってましたスイマセン。

    そのあたりを含め、今回も非常に面白かった。
    例によって前半は余所見しつつ読んだんやけど、ブラックジャックのあたりからグイグイ引き込まれたなあ・・・!
    日常の面倒くさいことも一瞬忘れられる読書って、ほんまに最高。

    古書の謎も、それにまつわる周囲の人間の話も最高。
    そういえば、個人が図書館で借りた本のタイトルは家族にも絶対に教えないという規則があったっけ。そもそも図書館内でも個人単位では貸し出した本のリストアップはしてないんかな。

    (でも、小学生のころは「貸し出しカード」に名前を書いたから、追えるといえば追えるよね。ほんで、自分が借りた本には必ず同じ人が以前に借りていた、とかいうネタはようさんあったよね)

    読書傾向を知るだけでも、その人となりと環境が予想できるのかもしれへんなあ。
    ましてや、本を単なる本としてだけ扱っていない人たちなんやったら、なおさら・・・。

    本棚を買えばいいっていうのに、グサッとやられました。
    結婚道具よりも本棚を買ってあげればよかったと泣いた母親に思わず貰い泣きしそうになったわ。

    私もいつか、本棚を持つことが夢やなあ。
    今は、100均の収納ケースに入れて押入れの奥へ押し込んでいるけれど、どーんと並べていつでも手にとれるような環境にいつかなれれば、いいよなあ・・・。
    「書斎」とか、憧れるよね!
    家人がテレビやゲームをしていると集中して読書をできないから、違う部屋へ行って読んだりがやっとできるようになってきたけれど、こういうときに書斎があればいいんやろうなあ、なんて思った。^^

    書斎の存在を認めてくれるような家人なら、なおよかったんやろうけどもね! ま、無理やろね!

    引越しするたびに、家族が増えるたびに本を売ってる。
    どうしても売れない本だけを厳選して手元に置いているけれど、著者があとがきでいうていたように、「資料」が(私にとっては資料でもなんでもないけれど)増え続けるのは自然の摂理なんだそうで。^^

    私が都度都度捨てられなかった本は、そりゃあ面白い本だというのもあるけれど、実際はその本を読んだときの自分自身を捨てたくないから。
    あのときの気持ちとか、あのときの日常を忘れたくなくて、持っている。
    泣く泣く売った本でも、泣く泣く売るから
    「あのとき、売らざるを得なかったんだよね・・・」
    と、未だに覚えている。

    本棚を買い足したい。
    でもまだまだ私にはそんな贅沢はできそうにないので、図書館へ通うか、書店員になるかしかないな!

    後者を狙いたいなー!
    一度は働いてみたい、書店!!!

    (2015.05.25)

  • 一日で読んじゃいました。ビブリアはかなり楽しい本だから大切にゆっくり読もうと思っていたのに、もう続きが気になって気になって!
    今回は三つの事件と、幕間、そして序章と終章とあってこれ一冊ですごくきれいにまとまっているなぁ、と。
    作者様、巻数を重ねるごとに構成がうまくなっているなーとか思ったり。

    今回は二話目のブラックジャックの話が良かったなー。祖母の言葉に思わず涙が。自分と境遇が似てるからか、結構感情移入してた。そうそう孫ができたらほんっと変わるんだよねぇ(笑)厳格な父がメロメロになっちゃったりするんだよ。
    一話目は、え? え? えええ?! ってなった(笑)そ、そうなのか、そうなのかー。なるほどなぁ。
    そして、三話目。どうしようもないやつが出てきて「おいおい」って思ってたら、ラスト。そういうことかぁってにやっとしちゃった。
    というか、出てきたねお母さん。栞子さんがお母さんに会おうと必死になっていたのもそういうことかぁ。
    そして栞子さんの心配に対しての大輔くんの一言、いやもう目から鱗感がたっぷりですっごいよかった! でもそうだなーって思う。
    お父さんもそうすればよかったのにねぇ。でも子供が二人もいたら無理か。

    さて。次巻でとりあえず追いついてしまいますよ。出版に。ああ。次巻を読んだらあとはリアルタイムで焦れ焦れしてしまうー。やなんだけど、でも久しぶりにそういうのも楽しいかもなーって思ったり。
    そんなわけで、引き続きビブリア楽しもうと思います。

  • 志田さんのこともわかってきた。
    1冊の本から依頼人の両親のこともわかった。
    兄に誤解されていた弟の本質もわかった。
    本からこんなことがわかるとしたら……恐ろしい。
    栞子さん、お母さんの手を取らず、大輔の手を取ってくれてホッとしたのもつかの間、例の問題が。
    うまく解決するのだろうか?

  • リチャード・ブローティガン『愛のゆくえ』/『彷書月刊』/手塚治虫『ブラック・ジャック』/寺山修司『われに五月を』

    『愛のゆくえ』が、智恵子さんと登さん、栞子さんと大輔くんを繋ぎます。断章の『詩集 普通の鶏』で、入口と出口が同じであるように、大輔くんだと思わせた章が登さんだったと気付かされます。きらめく季節の先にあった未来は離別です。栞子さんも同じ未来に足をすくわれそうになりますが、思ってもみなかった大輔くんの言葉が不安を払拭します。
    こんな引用をどこから探してくるのかと、作者の造詣の深さに感嘆します。扱う古書の情景が登場人物の想いに共鳴します。本の物語に想いを託して贈るというテーマを一貫して感じます。
    『ブラック・ジャック』の章に出てくる台詞が好きです。「作り話だからこそ、託せる思いもあるんです。〜現実を実り多いものにするために、わたしたちは物語を読むんです。」

  • 今回は、何と手塚治虫の「ブラックジャック」が登場、あの栞子さんは、マンガにも精通、蘊蓄を傾けるとは!
    散々待たされた、大輔の栞子さんへの思いが、やっと・・・よかったなあ(笑)

  • きたきたきたきた!ようやく大輔くん言葉が喋れましたね(私的にはこんな印象です)。そして、天然なのか、ボケなのか・・・ですがキメ台詞が決まりましたね!「ぼくも行く」!ははは。栞子さんは残された側だったので、不安だったのでしょうね。
    今回はマンガも登場して層の厚さを感じました。
    しかも「ブラックジャック」ですよ!
    永遠の名作ですよ!
    やはりこのシリーズは素晴らしい。

  •  前巻からだいぶ間があきましたねえ。本を大切にする人のいるが故に起こる、本にまつわるミステリーを、今回も栞子さんが解いていく。
     乱歩編の4巻から、謎がだいぶ難しくなった気がする。今回の謎も難しかった。面白かったけど。

     「ブラックジャック」の奥深さにはびっくり。さすが、手塚治虫さん。私、ブラックジャックはマンガで全部読んだつもりでいたんだけど、まだまだ甘かった。
     チャンピョンコミックス版、ハードカバー版、新装版・・・収録されている話がバラバラになっていて、未収録話もあるなんて・・・調べてみたら、未収録作品があるわあるわ。私、「植物人間」読んでませんわ・・・

     そして、前巻で、栞子さんにとうとう告白した大輔。おおうそうだった。昔すぎて忘れていたよ。
     悩み悩んで、大輔に返答を返す栞子さん。返答に要した時間の長さの理由を知った大輔が言った一言に惚れました。
     「いや、俺も一緒に行けばいいんじゃないですか」

     !!
     そ、そうきたか!!大輔よ。いい男だな。このヤロウ!!
     
      でもね!!私は、なんだかんだ言って、せどり屋の志田さんが好きだ。

  • 最初は「本を巡るミステリー」だったこのシリーズも、ここにきて「人は本に何を求めるのか」「人と本はどのように付き合っていくのか」そんなテーマを突きつけられている気がした今作。

    言い方はアレですが、古書を巡るミステリーという部分はすっかりこなれていて、とてもすんなりと読むことが出来ました。また三巻までのように1話ずつは中編形式となりましたが、通底する物語もしっかり流れていて、これはきっと、最終巻まで出たら改めて最初から通読したくなるだろうな、という予感がしています。

    「本」とは、「知識」とは、それを求める「人の業」とは。実はこれって聖書時代からの人のテーマです。ここで描かれるそれは極端かもしれません。でもこの広い世の中、この極端さはあり得るでしょうし、そこに人の根っこを感じてしまいます。

    作中の親子の会話などはとても印象的で、まさに物語は、ビブリアの何たるかに迫りつつあります。

    そんな中でも繰り広げられる恋愛模様も見逃せません。今作は、そこにスポットを当てているとも言えます。そして最初、それがコアに描写されるプロローグとエピローグの繋がりに「あれ?」と思ってしまいましたが、何カ所か読み直して、その意味を理解できたら背筋に走る衝撃がありました。やられてみれば特異では無いかもしれませんが、こういう演出は大好物です。

    本作を読み終えてまた、寺山修司を手に取ってしまうくらいには、本好きには特に影響を受けやすい作品ではないかと思います。

  • 恋愛に関しては、本当に不器用な二人だわ。
    でも、だからこそ応援したくなっちゃいますね。

    これからまだまだ色々ありそうだけど、
    二人で乗り越えていく姿をハラハラしながら
    見守っていきたいと思います。

  • 大人気シリーズ第5巻。読み出したら、止まりません。
    http://bukupe.com/summary/11694

  • プロローグの語り手が大輔さんじゃなかったこと、言われてから気づいた!栞子さんが大輔を呼ぶ呼び方が「大輔さん」から「大輔くん」に変わっているのがなんともイイ。

  • 敵役(?)としてはお母さんより澄夫の方がいいな。「僕は確かにこいつを売るよ。でも大事に読んでくれるファンに売るつもりだ」のセリフが好き。そうだよね、本は大切に保管するものじゃなくて読むものだもの。

  • いよいよシリーズももうすぐエンディング、という雰囲気が高まって来た。

  • この巻で印象的だったのは、一巻から登場していたせどり屋の志田を中心にしたエピソード。本を中心とした物語ではあるのですが、出てくる登場人物たちのそれぞれの人生がリアリティがあって、ままならないことやどうしても分かり合えないところがもどかしく、それでもどこかに希望があるところがいいなあと。

    栞子さんとお母さんの関係も単純に対立しているわけではなく、複雑なものをはらみながらどこへ向かっていくのかわからない感じがどきどきします。

  • (内容)
    驚異のミリオンセラー。
    日本で一番愛される文庫ミステリ、待望の最新刊

    静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。
    物思いに耽ることが増えた彼女はついにこう言うのであった。必ず答えは出す、ただ今は待ってほしいと。
    ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。いわくつきのそれらに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。
    脆いようで強固な人の想いに触れ、二人の気持ちは次第に近づいているように見えた。だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。
    この邂逅は必然か? 彼女は母を待っていたのか? すべての答えが出る時が迫っていた。

  • またもや久々のビブリア古書堂シリーズ。
    二人の関係にもちょっと進展がありましたね。
    じれじれしながらずっと平行線なのかと思っていたら、なんだかとっても微笑ましい展開に。

    さて、今回もとっても興味深い本に関するあれこれが。
    大抵読んだことのない本ながら、語られる内容のおもしろさに引き込まれていますが、今回は漫画も登場。
    私も「ブラックジャック」なら読んだことがありますよ。
    とはいえ、手塚治虫さんについて驚くことばかりだったし、こんなにも内容を変えながら版が重ねられてたんですね。
    というか手塚さんのプロ魂凄まじいですね。能力も。

    プロローグとエピローグを読んでもわかりますが、母と娘のシンクロ率が異常なまでに高いので、互いにそこを意識してますよね。
    親としては同じ轍を踏ませたくないという気持ちもわかるけれど、誰とどんな風に生きていくかによって、未来はまったく変わってくるんですよね、きっと。
    栞子さんならきっと、違った未来を描けるはず。

    全然脇役なんですが、知れば知るほど、栞子パパのことも好きになります。ああいう愛の形があってもいいんだろうけど、確かに子どもは巻き込んじゃだめですよね。

    神保町に行くと古書屋さんたくさんありますが、その本の価値がいまいちわからない自分が残念。

    本書の話に戻りますが、寺山修司さんの本も本書には登場します。
    歌人やシナリオライター、映画監督などさまざまな活躍をして「職業は寺山修司だ」という言葉を私も聞いたことがある方ですが、ところどころ引用される詩がいいですね。ちょうど5月が目前のこのタイミングで読んだのも何かの縁でしょうか。
    『われに5月を』と『家出のススメ』が気になります。

    ある種物語がひと段落した感がありますが、むしろスタートラインに立ったところという見方もできるし、次巻がどんな展開なのか、楽しみです。

  • 鎌倉の古書店を舞台にしたミステリーシリーズ5作目。
    店主の栞子は本に関する事柄以外は、コミュニケーションにやや難ありだ。
    私としては少々イラつくほど。
    実際にこんな人いるか?!
    なんて思ってしまったのだが、栞子の親友、滝野リュウが「おっぱいメガネ」とからかってみたり、スルースキルを活かしていたりするのを知ると、少し見方が変わる。
    いちいちイラつくほどのことじゃないか、なんて。

    今回特に面白かったのは「ブラック・ジャック」。
    実家にも恐怖コミックスと書かれた単行本があり、毎日毎日飽きもせず読みふけっていたものだ。
    そして、年月が経ち、改めて愛蔵版などを買ってみると......。
    あれ?なんか違う......?
    現代では不適切とされる言葉が変更されているのは仕方ないとしても、何か違う。
    いったいなぜだ?
    その疑問が解決した。
    なるほど、手塚治虫のプロとしての仕事、そしてその他諸事情によるものだった。
    確かにこれでは全て集めるのは無理だ。
    親子の確執、夫婦の思い出。
    謎の書き込みは、時代の流れとともに当たり前だったものが消え、人々の記憶から忘れ去られてしまう事柄が「謎」になるのだということを痛感させる。
    しかし、それを探っていくと、根元になる部分は変わっていないことに気づき、それが「今」と重なり、安心や親近感といったものを沸き起こさせるのだ。

    五浦と栞子。
    栞子と母。
    それぞれの関係が動き出す。
    これまでと違った見方ができるのだろうか?
    変わるもの、変わらないものは何なのだろうか?
    そんな未来への希望と不安が入り混じる中、明らかなる暗雲が近づいてくる。
    栞子に傷を負わせた男がそばに来ていた。
    いったい何のために?
    物語はどこへ向かっていくのだろうか。
    次回が待ち遠しい。

  •  あらゆるところに栞子さんの母の影が忍び寄ってくる巻。このシリーズも終盤に向かっていることを強く感じる。確かに、母を嫌悪しつつどうしても認めざるを得ないくらいに自分が母と似ていることってあって、それが嫌でもあるし怖くもあると思うので、栞子さんの葛藤する気持ちはよく分かった。母に囚われる栞子さんの心を大輔さんが解してくれるといいなぁと思う。

  • とりあえず、二人が結ばれてよかった。ひと段落したように思ったけど、今後の展開はどうなるのでしょう??

全815件中 1 - 25件を表示

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)に関連する談話室の質問

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)の作品紹介

静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。彼女の答えは-今はただ待ってほしい、だった。ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。謎めいたいわくに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。脆いようで強固な人の想いに触れ、何かが変わる気がした。だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。邂逅は必然-彼女は母を待っていたのか?すべての答えの出る時が迫っていた。

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする