王手桂香取り! (電撃文庫)

  • 92人登録
  • 3.17評価
    • (4)
    • (7)
    • (15)
    • (9)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 青葉優一
制作 : ヤス 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048663175

王手桂香取り! (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 青春小説としても楽しめたけれど、要所要所に盤面の挿絵がほしかったなと

  • 世にも珍しい?将棋ラノベ。

    私は将棋の駒の動かし方がかろうじてわかるぐらいの超素人です。月下の棋士の知識しかりありません。
    いわゆるファンボーイです。

    「じゃ、読むなよ」という声もごもっともですが、そんな自分でも月下の棋士は楽しめましたし、棋士会のニュースは見るんですよね。

    ラノベは好きなんで期待したんですが、棋譜や戦法など書かれているのですがはまったくなにが起きているのかわかりません。(初心者、素人に向けた解説もあります)

    後半ライバルとの対決で自分の得意な戦法に持ち込むんですが、、え?それでいいの?と感じてしまった。

    ヒロインも可愛いしキャラも個性があるので、実際の将棋と絡めて続刊で掘り下げれば、面白くなるかもしれない空気が漂ってます。

    現状は★2で!

  • 何の捻りも無い展開だけど、将棋に恋に、眩しいくらい正直に生きるティーンズの物語は、心が洗われる感じ。ヤスさんの柔和なイラストととても合っていて、たとえ本文と絵が一致してなくても(p27)気にならないさー。真っすぐなキャラやゲスなキャラ、つまり単純なキャラはいいけど、ちょっと思春期なキャラになると組み立てがうまくいってなくて、なんか彼1人浮いてた。第2巻では「主人公の昔の知り合い(美少女)と再会して先輩がそわそわ」あたりが鉄板?。

  • 将棋というだけで読んでみました。
    駒が美少女、名人の娘が先輩など安易な設定だと期待していなかったのですが、
    燃える展開で楽しめました。
    横歩取りの捉え方など、将棋経験者ならではの視点だと思いますし、
    大会の様子もよくご存知に感じました、作者は学生将棋経験者な蚊のせいが高そうです。

    桂香先輩のしぐさに一々ときめく主人公ですが、確かに可愛く見えます!(見える描写です)
    結論として非常に楽しんでしまっています。
    きっと続編も読みます。

  • 将棋を題材にした小説はそこそこあるがラノベは少ないのではないか。一言で言ってしまえば、中学校の将棋部を題材にした青春ファンタジー。棋譜が見えないからか、ご都合主義に感じるところ、力業に感じるところも正直あるが、綺麗にまとまっているのも確か。

  • 久々にラノベ読みました。
    あんまりラノベっぽくないですね。悪く言えば、やまなしおちなし・・・。エンターテインメント性はないよね。
    将棋は指したくなるし、こういうラノベがあることもいいことだと思う。あえてこれを受賞させた狙いとは・・・。 主人公とヒロインのキャラクターは魅力的です。青春!

    2014/12/27~29

    ⇒売却

  • 駒娘という単語である程度草はえたというのが第一印象。
    そこから気になってとりあえず読んでみました。
    読んだ感想としてはストーリーが薄いと終始思いました。
    テンプレというか、流されるままというか、もうちょっと意外性があっても良かった。
    それと強さ弱さについてのやり取りが多いわりにその強弱というものについての真剣さ重さみたいなものがなさ過ぎるんじゃないかなぁ?と言うのもそれなりに気になりました。
    重ければいいというものでもないんですが、もうちょっと世界観にあわせたうえでそういう部分も描かれてたら面白くなりそう。

  • 将棋が3度の飯より好きな主人公(中学生)の元に将棋の駒の化身と名乗る3人の少女たちが現れる。
    彼女たちの指導の下成長してライバルたちを倒していく将棋青春ラノベ。

    それなりに楽しい内容ではあったと思いますが、読後、このラノベは誰に読ませたいの?と感じました。
    将棋用語が多数使われているので、ある程度将棋の知識がないと状況が全く分からない。
    かといって将棋好きに読ませるには、将棋でなくラブコメ要素にまとめようとしているので、シナリオに惹きつける要素はない。
    もっと将棋に特化した内容の方が印象に残ったと思うんでちょっともったいないという印象を受けました。

  • 将棋のラノベは初めてかも。
    受賞作品なのにあの終わり方ってことは、巻数を重ねるために手をだいぶ入れたんだろうな。

  • 将棋が題材ということで読みました。
    桂香先輩かわいい!
    やっぱり将棋が強くてかわいい女の子って最高ですよね。香川愛生さんとか竹俣紅ちゃんとか、ホントに最高ですよね。
    肝心の内容ですが、将棋に詳しくない人は、なにがなにやらって感じでしょう。囲碁を題材にした漫画の「ヒカルの碁」は、ルールがわからなくてもまったく問題なく楽しめますが、さすがにこの本はその域にまでは達してません。
    前半の生意気なクソガキを叩きのめすまではよかったんですが、その後の展開は淡々としていて、段取りどおり、波乱もなく結末に向かうという感じでした。○○の戦型にする秘策っていうのも「あれでいいの?」ってくらい、強引なものだし、最後の勝負も全然はらはらしない。まあ、これを読んで将棋を指したいと思う人はほぼいないでしょうね。
    とはいえ、桂香先輩がかわいいのは事実なので、ラノベとしては合格点でした。

  • 将棋もののラノベかあ…多分『MA棋してる!』以来?
    主人公がまっすぐすぎてちょっとつかみにくかった。全体的に健全すぎるというかなんというか…。
    その点、二階堂くんは実にいいね。すごく好き。ただ、以降はいかにも小者化しそうで悲しくはある。
    二階堂くんとの勝負は展開が面白かったけど、あっちが有利…あ、いや逆転した!かと思ったらあっちだ!みたいに実況聞いてるみたいで細かい状況がよくわからないのがちょっともどかしい感じ。まあ、どうせわかんないんですけど、でもだからこそ、カッコいい場面なんかでは気を遣わず用語盛りだくさんで勢い任せの置いてきぼりでもいいですよ、と思う。

  • 将棋ものって理由で手にとってみたけど

全14件中 1 - 14件を表示

王手桂香取り! (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

王手桂香取り! (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

王手桂香取り! (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王手桂香取り! (電撃文庫)の作品紹介

上条歩。中学一年。三度の飯より将棋好き。ひそかに憧れる人は将棋クラブの主将、大橋桂香先輩。そんな歩のもとに突如美少女たちが現れる。「私たちは、将棋の駒だ」そう言い放つ彼女たちは駒の化身だという。人知を超えた将棋の強さをそなえる彼女たちの指導のもと、歩は棋力をめきめき上げていく。折しも団体戦の大会が間近に控えており、歩は桂香先輩とともにライバルを打倒し、頂点を目指すべく奮闘する。第20回電撃小説大賞・銀賞受賞、駒娘たちと送る熱い勝負とさわやかドラマの将棋青春ストーリー!

王手桂香取り! (電撃文庫)のKindle版

ツイートする