青春ダストボックス (メディアワークス文庫)

  • 67人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (5)
    • (6)
    • (3)
    • (2)
  • 2レビュー
著者 : 一二三スイ
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048664646

青春ダストボックス (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • 美人女子高生の本性についての話。

    ある程度つくる歳になると、外面って出来上がるもんよね。

    別にひねくれてる訳じゃなく、たまたますごい美人にそだった女の子と、その前に出会っちゃった男の子たち。

    違うのになって思っても見守ることも必要だし、愛想を維持するのもすごいことだと思う。

    でも、結局、おじいちゃんっ子がいじけてたのね(笑)

  • 美少女にクズ男子がまとわりつく話と聞いて買ったのに期待はずれすぎまずクズが4人じゃなくて2人なことしかも2人が読んで不愉快なレベルにクズなこと文構成が下手なのかなんなのかどういう物語を提供したいのかが全く理解出来ない。話自体は4人の男の章4つ全部なくても話を通じるし、作者はなにがしたかったのか?

全2件中 1 - 2件を表示

青春ダストボックス (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

青春ダストボックス (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

青春ダストボックス (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

青春ダストボックス (メディアワークス文庫)の作品紹介

男女共学化されたばかりの高校で、即有名人となった容姿端麗、成績優秀、品行方正な少女・幸乃守マリア。完璧すぎて謎多き彼女に、「コンドーム所持で停学」という一大事件が巻き起こる-。そんな彼女と、過去に接点を持つ4人のクズ男子がいた。曜日ごとに彼女を替えるモテ男の蓮。言い訳ネクラ人生の樹。"神様"の異名をとる元超能力者の仁。他人に小さな幸せを運ぶストーカーの慶。合併によりマリアと運命的な再会を果たした彼らの視点で紐解かれる、完璧なんかじゃない1人の少女の青春物語。

青春ダストボックス (メディアワークス文庫)はこんな本です

青春ダストボックス (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする