マーシアン・ウォースクール (電撃文庫)

  • 36人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 凱 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048664684

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マーシアン・ウォースクール (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 火星、パワードスーツ、多脚戦車。
    久々におもろいのが出てきた。
    おっさんたちもアツいんがええな。

  • 紹介文からしてひねくれ主人公ものかと思いきや、意外と正統派というか、それどころかクサいセリフが目白押しで胸焼けする。急に力に目覚めたりしない真っ当な展開なのは好感が持てた。
    ところでこの手のラノベの挿絵見ていつも思うんだけど、一線に出る隊員の制服がミニスカは絶対変。

全3件中 1 - 3件を表示

マーシアン・ウォースクール (電撃文庫)の作品紹介

地球の士官学校からやってきた火星への親善大使タキオン。だがそのエリート転校生は品行方正ではなかった。傲慢にも見える振る舞いは、軍属学校のクラスメイトの総反発を招く。教育係を任されたメリーは、その美しい顔に戸惑いを浮かべつつも、彼の真意を探ろうとする。その日を境にして、軍属学校の生徒には厳しい戦場への出動指令が増加する。動揺するクラスメイトにタキオンは驚くべき陰謀を告げるのだった。僕たちは名誉の戦死をするように仕組まれている、と。そして、反発する生徒たちに宣言する-僕を指揮官にしてほしい、そうすれば全員生き残れる、というのだが!?

ツイートする