探偵・日暮旅人の笑い物 (メディアワークス文庫)

  • 381人登録
  • 3.66評価
    • (14)
    • (38)
    • (27)
    • (5)
    • (2)
  • 38レビュー
著者 : 山口幸三郎
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048664844

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵・日暮旅人の笑い物 (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • 相変わらずアンバランス。
    ほのぼのにも、ハードボイルドにもなれないどっちつかずで、キツイ辛口のお酒をおもちゃ付きの旗の立ったオムライスをあてに飲んでるみたいな感じ。

  • 旅人と陽子の中が急激に進展。
    最後はまた山田ノートの恐怖。
    ダークな展開に期待!

  • シリーズ7作目。セカンドシリーズ第3弾。

    著者あとがきによると、笑いという行為には二集類あり、一つは声をたてる笑い(Laugh)、動物行動学的に言うと威嚇と暴力の代償行為だとか。
    もう一つは微笑(Smile)、心を満たした時に自然と起こるもの。

    どちらの笑いも含まれている連作短編集。
    旅人を取り囲む登場人物たちとの温かな関係、ダークな一面、ラストの不穏な動き。
    上手いなあと思う。
    (図書館)

  • せっかくいい方向に進み出したのに最後がぁ(´;ω;`)美月さんなんなんだろうか…ニット帽はあの人かな?

  • 探偵・日暮旅人#7

  • ようやく旅人の本音が出て、陽子先生とも結ばれて、けっこう感動して泣いてしまったのに、不穏な動きが…

  • 前作を読了後、いつもの通り図書館のサイトで検索をかけたら蔵書なし・・・。

    シリーズものをここまで揃えといてあとは放置とか、あり!?
    と、叫びつつ、ダメ元で購入のリクエストをしたところ、無事、購入していただけましたー!! ( ;∀;)
    うれしい~!
    もちろん新刊。パリッパリの新刊で御座います。
    大切に読みますよ~!

    で、もって、蔵書に入ったとたん、リクエストがかかっている。
    次の人が待っていると思うと、返却日よりも早く返してあげないと~、と、思っちゃうんやけど、蔵書に入ったとたんのリクエストやろ!?
    ちゅうことは、私のほかにもこの本を読みたいと思っている人がいるってことよね。

    ほしたら、ますます、シリーズ完結まで揃えてくれよ~・・・


    で、そんなこんなでセカンドシーズン3冊目ですけれども、今回もまたいい意味で期待を裏切られるほどの面白さやったわー・・・。
    ええオチになりそうな一歩手前でドーンと落とされてる感じ。
    早くこの結末が知りたいので、これは間をあけずに続きを読もう(とかいいつつ、現在は違う本を読んでるけども・・・)。

    ファーストシーズンの終盤も、めっちゃ面白かったのに
    「同じシリーズの本を続けて読むとダレるので、間に違う本を挟もう」
    ちゅうような読み方をしたら
    「あれ? なんか、世界観を忘れてる?」
    などというアホな結果になったので(読み始めたらすぐに引き込まれるんやけどね)、今回はそうならんように、ラストまでイッキ読みしよう(とかいいつつ、現在は違う本を以下同文)。


    イヤァ、それにしても旅人と陽子先生があんなにも進展するとは!!!
    甘酸っぱいちゅうか、大人の恋やんねー。ヒューヒュー!!
    榎木先生、出庭亀続けてほしかったァ!!! 笑

    ユキジにもそれなりに未来があるみたいやし、進介と頼子の話とか、ものすごいラブストーリーなんすけど・・・。
    その前後に挟まれてる極道ネタがびっくりするくらいのラブさ。
    しかしこの進介は、今後の展開に絡んでくるのかな?
    それとも、旅人と陽子先生の距離を縮めるための布石やったのかな?

    イヤイヤイヤ~。
    まさかの、美月ですから!

    正直この先輩がここまで絡んでくるとはまったく予想できてませんでしたよ!
    もちろん、陽子先生を襲った暴漢も誰なのか全然わかってませーん。
    あとがきを読む限り、ほとんどの読者は「予想がついている」のだそうで、改めて自分の読み込みのウスさに笑っちゃうけれども、いいのいいの、その分読みながら

    「美月が!? まさか!!」

    とか、ウッホウッホなってたから(笑)。


    グロテスクというか、残虐一歩手前の展開をここまでチラつかせておいて、そんなまるっとハッピーエンドとか、ありなん、くらいの、甘いオチを期待してるんやけど、果たして、どうかなあ・・・。

    来い、ご都合主義(笑)!!


    陽子先生が旅人との距離感にすくんでしまうくだりは、
    「わかる~!!」
    と、なった。

    それを破れたのはもちろん進介の事件がきっかけではあるんやけど、そのきっかけをとりこぼさなかったのは陽子先生が一歩進めたいと思っていたからだよね。

    一度引いて、立ち止まってしまうと、再び立ち向かうのにはほんとうにすごい勇気がいる。
    やっぱり、いきおいって大事。
    やりすぎることもあるけども、誰かを好きだという前向きな気持ちにためらいは必要がないような気がする。
    だって、誰だって誰かに好かれてうれしいと思うもんやろ。

    そして、対人関係において
    「何をどうするのが正しいのか」
    を、考えるのは間違ってるねんね。

    それよりも
    「自分がどうしたいか」
    だけが大事やわ。

    (いや、自分がどう... 続きを読む

  • 今回は、陽子に大きな拍手!
    素晴しい!
    陽子と旅人が出会えてよかった。
    それにしても、このシリーズ。あいかわらず、最後がえげつない(笑)
    そんなことしなくても、次も読みますって(笑)

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    視覚以外の感覚を持たない青年・日暮旅人は、それらと引き替えに、目に見えないモノ―音、匂い、味、感触、温度、重さ、痛みを“視る”ことができる。痛みを“視る”ことができる。しかしその能力を酷使すると、旅人の視力は低下していくという。旅人が気になる保育士の山川陽子は、旅人からの誘いで、クリスマスを共に過ごすことになる。ついに自分の気持ちを伝える決意をする陽子だったが、その時すでに、旅人の目には異変が起きていた。果たして探偵・日暮旅人の目に映る『愛』の行方は―?

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・探偵


    +++6+1

  • この作品、見た目のイメージに反してわりかしハードだけど、暴力表現に関してはエグい時がある。。。そうゆうのは、もう飛ばし読みしてるけど。最近はとにかくシリーズの決着が見たくて、読んでいる。

  • 何度も泣きそうになりました。

  • 一歩進んで また二歩下がり、、と思ったら
    ラスト ジェット機並みにぶっ飛ばし!!

    緩急激しいなぁ。。。

    次作 何に対しての決着なのか
    終わらせ方が気になるので読もう。。

  • 2015/12/18(金曜日)

  • みんな思う事はあるだろうけど、幸せになれそうだったのに…。
    今度はどこのどなたでしょう…?
    とても気になる最後でした。

  • おいおいおいおいおい。  
    いったい何なんだ何が起こってるんだ何が起きるんだ。  
    なんなんだよいったい……。  
    せっかく良いクリスマスだったのに……。  
    こわいよ。

  • 久しぶりの探偵日暮旅人を読める。
    次巻に続くとは、

  • 2014年4月刊。文庫書下ろし。シリーズ7作め。5編の連作短編。前3編は、マンネリ感があり、楽しめませんでした。後の2編は、面白かったです。最終巻になるという次が楽しみです。

  • もうあまりミステリーという感じではなくなってきていますね。ラス前で引っ張るだけ引っ張ってテンションを高めてますね。

  • 家族ごっこってあるいは幸せの形。血のつながりも大事なものだとわかっているけれども。ていちゃんは今回も可愛い。でも旅人はどうなの。恋愛で変わりすぎると、子供がかわいそう。

  • 胸キュンです。だけど切ない。そして、気になる終わり方。次まで覚えていられるだろうか。

  • 楽しいはずのクリスマス、ちょっと寒いお正月。
    そして成人した人達があふれる日…を過ぎた頃。

    連続短編で、しかも冬。
    ちゃくちゃくとイベントが出てくるわけですが
    それをこなしている人達は…上下変化。
    ものすごく持ち上げて、一気に落とす?
    そんな状態の最初と最後の話。
    結局、恋をすると女は強いのです…。

    あまりの落ちに笑ってしまったのは2話目。
    あんな台詞を笑顔で言われてしまったら
    ぽかんとするしかないでしょう。
    しかも最後のメンバーの末路。
    うんまぁうっかり自分に酔ってしまっている人には
    ご用心、という事でしょうか?

    浅はか過ぎるのは、3話目の主人公。
    とはいえ、楽を覚えたらこんなものかと。
    それ以上に、完全に鴨ねぎ状態。
    ある意味、これはこれで幸せなのかもしれません。

    4話目は人様の過去。
    純愛っていいですねぇ…w
    ここまで来るまでの下地(?)があるからこそ
    さらにぐっとくるものがあります。
    現実で考えると、すごい、の一言で語られる年月です。

    そして最後。
    これは一体どういう事ですか?! と
    叫びたくなる状態。
    当然己で撒いた…のでしょうが、これは派手すぎる。
    後先考えてない状態ですから、それほど
    状態が切迫しているのかと。
    すごく気になる最後です。

  • 旅人がついに、陽子へ!後ろから抱き締めるシーンとか、キュンキュンしちゃいました。
    後半、気持ちを伝えつつ突き放すところや、陽子が気持ちをぶつけるところは、引き込まれました。
    でも最後はやはり…。最終巻が気になる。

  • キーワードになりそうなキャラの名前忘れてる自分…
    読み返さないと楽しめないかも。
    もっと二人がいちゃつくとこが読みたい\(^o^)/

  • あと一作で終了。今までの伏線を全てではないが多く回収できるのかな。
    進展の巻であり、今までのキャラクターが多く登場した。2ndシリーズになってからは復讐とは遠ざかっていたが、やはり肝となって現れてきた。

全38件中 1 - 25件を表示

探偵・日暮旅人の笑い物 (メディアワークス文庫)に関連する談話室の質問

探偵・日暮旅人の笑い物 (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

探偵・日暮旅人の笑い物 (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

探偵・日暮旅人の笑い物 (メディアワークス文庫)の作品紹介

視覚以外の感覚を持たない青年・日暮旅人は、それらと引き替えに、目に見えないモノ-音、匂い、味、感触、温度、重さ、痛みを"視る"ことができる。痛みを"視る"ことができる。しかしその能力を酷使すると、旅人の視力は低下していくという。旅人が気になる保育士の山川陽子は、旅人からの誘いで、クリスマスを共に過ごすことになる。ついに自分の気持ちを伝える決意をする陽子だったが、その時すでに、旅人の目には異変が起きていた。果たして探偵・日暮旅人の目に映る『愛』の行方は-?

探偵・日暮旅人の笑い物 (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする