ゼロから始める魔法の書 (2) ―アクディオスの聖女 (上)― (電撃文庫)

  • 90人登録
  • 3.81評価
    • (5)
    • (13)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 虎走かける
制作 : しずま よしのり 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048666497

ゼロから始める魔法の書 (2) ―アクディオスの聖女 (上)― (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • レビューは下巻にて。

  • 公に魔法を使う「聖女」が登場し、その陰では権謀術数が。王道的でいて、読み手を飽きさせないキャラクターどうしの等身大な掛け合いが今作でも健在でした。「獣落ち(獣人)は魔女を憎んでいる」という図式がある中で、魔女と旅をする獣落ちの主人公が、新たな女の魔法使いに出会ったとき、物語はどういった方向に進むのか。是非とも続刊を読み切らせてもらいたいです。

  • かなり久々の第2巻。そしてまさかのいきなり上下巻構成。しかし今回も私的に好きな感じのファンタジーで面白かったです。まぁ上下巻構成なので今回は伏線を散りばめることがメインな感がありますが。嫉妬するゼロががかわいいけど、それが分かった途端に反撃に移れるあたり、さすがは魔女といったところか。引きも引きなので続巻出るまで待っててよかった。

  • 変わらない王道的なおもしろさ。結末は持ち越しだがこの時点で好感が持てる

  • キャラクターの掛け合いの小気味よさがこの作品の何よりの魅力。その要素だけで★5つあげられるほど読んでいて楽しくなる作品。
    今回は魔女と聖女を分けるものという、哲学的な部分も含んだ難しいテーマに果敢に挑んでいるが、上巻を読んだだけでは胸にストンと落ちるところまで昇華されていない印象があった。伏線も残っているので下巻でどう拾ってくるのか楽しみ。

  • ゼロがあの口調のまま嫉妬しててなんか新鮮。絶対に何かがおかしい聖女の奇跡の謎を探る展開が、ちょっとミステリっぽくて良かった。無知は罪ってことか。チートな魔女と旅してどう見せ場作るのかって思ってたけど、そういう設定でいくとは、なんか反則。

全6件中 1 - 6件を表示

虎走かけるの作品一覧

虎走かけるの作品ランキング・新刊情報

ゼロから始める魔法の書 (2) ―アクディオスの聖女 (上)― (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゼロから始める魔法の書 (2) ―アクディオスの聖女 (上)― (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゼロから始める魔法の書 (2) ―アクディオスの聖女 (上)― (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゼロから始める魔法の書 (2) ―アクディオスの聖女 (上)― (電撃文庫)はこんな本です

ゼロから始める魔法の書 (2) ―アクディオスの聖女 (上)― (電撃文庫)のKindle版

ツイートする