ココロ・ドリップ ~自由が丘、カフェ六分儀で会いましょう~ (メディアワークス文庫)

  • 188人登録
  • 3.11評価
    • (8)
    • (8)
    • (25)
    • (8)
    • (5)
  • 21レビュー
著者 : 中村一
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048666725

ココロ・ドリップ ~自由が丘、カフェ六分儀で会いましょう~ (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • ありきたりな感想だが、こんなカフェがあったらぜひ行きたい。話としては「人の繋がり」をテーマにしているのかなと個人的には解釈した。登場人物の掛け合いはなんだかほっこりした、特に拓のツンヘタレな言動は好ましかった。
    また読後には無性に珈琲が飲みたくなってしまったのは自分だけではないと思う。

  • 妹からの譲受本、続編も含めて貰っています。

    自由が丘のカフェ六分儀が舞台
    この店の飾り棚には、色々な統一感のない置物が。
    それはこの店のルールとして、誰かへの贈り物を置き
    それを受け取るには、本人が思う等価値のものを代わりに置く必要がある。

    この置物をめぐっての、日常の謎解きという系統でしょうか。


    防水ブックカバー YOU-BUMI(ユウブミ)を装着して
    湯船につかりながら、ちょっとずつ読んでます。
    http://mimi9sayaka.blog14.fc2.com/blog-entry-908.html

    セットが面倒なので、お風呂から出て続きを読むとすると
    部屋ならこのカバー邪魔だし…
    ということで、一旦本を入れたら読み終わるまで、そのまま。
    続きは、次回お風呂入るまで、おあずけ。

    こういう読み方なので
    続きがどんどん読みたくなる本をセットはしにくいし…
    という観点で選んでしまった本(^^;)
    自分で買ったり、借りたりした本でないので、仕方ないでしょうか。
    でも、読むの無理~っていう本は、無理して読まないので
    今は、続編をユウブミにセットしたということで、まずまずではないかと。

  • カフェにやってくる人々との交流を描いた物語。
    主人公がちょっと女子受け悪そうなタイプで、読んでいるときに引っかかる。
    知麿の父に関する流れなんかは好きでした。

  • 贈り物の棚の設定はおもしろいし、いい話のはずなのに……
    最初の3分の2くらいは、全然話に入り込めなくて
    淡々と文字を追っていただけ。
    最終話はよかった。
    ただ、自分が読み落としたのかもしれないけど、
    出勤中にブローチを棚に置いておいたのなら、
    もっと前に反応があったんじゃないの??

  • 自由が丘、カフェ、謎、イケメン店主

    カフェ六分儀にはちょっと変わった飾り棚がある。統一感のないその棚には誰かへの贈り物が誰かに会える日を待っている。

    プレゼントとギフトのくだりとかいい感じ。
    登場人物にリアリティーが薄い。

  • 2016/4/4図書館から借りた。
    「人はさ、自分のために生きるんじゃなくて、誰かを幸せにするために生きてるんだって」

    「ごめんね混乱させて、でもね、そうだなぁ。‥やっぱり、一番大切なのは‥」「‥いつでも、自分の味方になってくれる人がいること」

    「どんな時も、人間を救うことができるのは、人間だけですのよ」

  • コーヒー 大好きな私にとって、とても素敵なカフェが、題材になっていて、とても、楽しく読めた。

    初めて読む中村一氏の作品で、表紙も、今風の漫画で、イラストされていて、手に取った時は、裏表紙のカフェでの飾り棚に並ぶ贈りものの話が、どんなものかと、思いながら読み進んだ。
    東京の自由が丘『カフェ六分儀』 マスターの日高、そして作家兼シェフの拓、看板娘(?)の知麿、達が織り成す日常の中に、自分たちの生い立ちや、過ごした青春の一部が反映されていて、人の優しさが、又他のひとへの思いやりへと受け継がれていくのが、わざとらしくなく、さりげなく、ほっこりとさせる。
    皆、表立った動きをしないのだが、ちょっとした、背中を押す一言が、迷った人の心の後押しをしてくれる。

    私も、コーヒーに凝って、サイホン、ネルの漉し機、が、未だにある、、、焙煎機までは、購入してないけど、、、、、
    でも、この本は、本格的なコーヒー知識が、披露されていて、面白かった。
    「カフェロワイヤル」も、昔流行ったのだが、、そう言えば、今は、している所が、無くなったみたい。
    カンさん親子の話も、とても、良かった。

    こんな素敵なカフェがあれば、是非コーヒーを頂戴したいものだと、3杯目のコーヒーカップ片手に、読んでしまった。

  • ほんわか日常の謎解き?
    まだ見ぬ父を探して。

  • 読み終わりました!

    ほんわかしていて、良かったです(〃^^〃)
    私も。。カフェ六分儀へ行ってみたくなりました・・・


    ドキドキさせられたり
    切なくなってしまうシーンや
    頑張れ!と応援したくなっちゃう場面
    色んなことがあったけど
    あぁ・・・良かったと思う最後の展開もあったりもして。。

    純くんのお話良かった。。


    それに言葉一つ一つが、心がスーッとなって
    私も何度も胸に響いたり
    そんな気持ちにさせてくれる
    元気に前向きにさせてくれる本でした。。


    まさに『ココロ』ドリップですね・・・




    第2巻もあるみたいです!
    いつまでも読んでいたい本でした(〃^^〃)
    (ずっと続くといいな。。)

    登場人物のこれから先の展開が
    気になる本でもありました☆
    どの人物も個性的で楽しめました。。

    拓さんのいじり和みました(笑)



    贈り物の縁。。素敵です・・・!

  • 知磨ちゃんの小生意気な感じが可愛かったし、自由が丘に行きたくなりました。
    最後のほうは読み終わりたくなくって一気に読んじゃって時間なんて気にならなかったのは久しぶりでした。

  • 自由が丘デパートとか馴染みのあるとこがいろいろ。

  • カフェで働く女の子が主人公。ちょっとキャラがつかみにくかったのと、最初少し入りにくかったけれど、途中から面白かった。
    2015/7/5

  • 評価:☆3.5

    東京・自由が丘、『カフェ六分儀』を舞台として、飾り棚に並ぶ想いを込められた贈り物が人と人とを繋ぐ物語。

    登場人物達が基本的に温かいので気持ちよく読めたかな。
    エピソードは家族絡みのものが多く、よく言えば王道、悪く言えばありきたりって感じ。
    最後に千磨に思いやりが返ってくる展開は綺麗で良かった。
    綺麗にまとまってはいるんだけど、綺麗過ぎてあまり印象に残らなかったような。
    面白いと思った贈り物の設定がそこまで生かせてなかったように思うので、続刊があるならそこに期待。

  • 途中まで読んで立ち消えになっていたのだが、
    なんとなく読み直した。

    コーヒー&謎解きが好きな自分としては
    申し分ない内容だった。

    2巻も楽しみ。

  • 【人の心をつなぐ「贈り物」と出会える喫茶店。カフェ六分儀はご来店をお待ちしています 】
     そのカフェには、一風変わった飾り棚がある。
     ここに並ぶ“贈り物”は誰のものでもないし、誰のものでもある。なにか気に入った物があれば持ち帰ることができるが、条件がひとつだけ。
    “贈り物”を受け取った人間は、それと同じくらい価値のある物を、別の誰かへの“贈り物”として、飾り棚に残さなければならない。
     このカフェは待合室なのだ。“贈り物”は人との出会いを待ち、人は“贈り物”との出会いを待つ。そしてときには“贈り物”が人と人とを繋ぐ。
     香味豊かな一杯の珈琲のように、あなたに幸せなひとときをお届けする物語。

  • 自由が丘にある『カフェ六分儀』。
    その飾り棚に飾られた“贈り物”は
    気に入った物があれば持ち帰ることができる。
    条件はひとつだけ。“贈り物”を受け取った人間は、
    それと同じくらい価値のある物を、
    替わりに飾り棚に置いていかなければならない。
    宛名のない“贈り物”が人と人とを繋ぐ
    カフェ系ライトミステリ。

    店で並べながら「またタレーラン系か…」と
    思っていたのですが(実はタレーランはタレーランで
    ビブリア系と聞いて読んでないのですが)
    たまたま図書館で発見したので読んでみました。

    はっきり物をいう女子大生、知磨と
    ツンヘタレな兼業作家のシェフ拓、
    物腰柔らかでおっとりしたマスター日高。
    知磨に事情があってカフェ六分儀で働き
    始めたとわかるまでは「なんだこのやたら
    あたりのきつい女子大生は…」と読みにくかった
    ですが後半は少し好感が持てました。

    ただ、珈琲店なのに読んでいてもちっとも
    珈琲飲みたくならないのが不思議…
    (結構作品の中に飲み物食べ物が出てくると
    食べたくなっちゃうタイプなのですが…)
    自分の価値での等価交換ができる「贈り物」
    というのは良かったです。
    アッサリ読めるけど特に印象も残らない感じです。

  • 日常の謎系ほのぼのラノベ?
    謎の部分は、マスターが謎解きに入る前に気付いちゃう程度のものだけど、キャラクターが個性的で「あれこれ誰だったっけ」って思うこともなく読み進められた。途中に思わせぶりに出てきた名も無き客の正体が判明する下りでは涙がほろり。
    拓を端的に言うと「ツンヘタレ」というあとがきに深く頷いてしまった。正しくツンヘタレ。恋愛に発展するのか!?(笑)

  • 吉祥寺ではなく自由が丘というところと、訪れる人の大切な物と交換するというところが、ちょっと新しいかなと思い手に取ってみました。
    「オーダーは探偵に」シリーズでいじられる女子を見慣れたせいか、いじる側女子は新鮮でした。
    ちょっと作家さんへの当たりが強すぎな気もしましたが…。(あれは仲が良いというより作家さんがわがままな学生に大人な対応をしてあげているという印象^^;)
    あとマスターが子持ちで衝撃を受けました(笑)

  • 今、流行りのカフェを舞台にした作品。しかし、私には合わず。なぜか、モヤっとする。作風が合わないからだろう。登場人物たちの話し方が少し気になる。

  • ほんわか雰囲気は好きなんだけど、この作品は好きになれなかった。全然読み進められず内容も頭に入らず、読みづらいと感じてしまった。好きな分類の作品だと思ったのに、なんだか残念。

  • デビュー作の「~覚醒遺伝子~空を継ぐもの」は若い男性読者向けのファンタジーだったけれど、こちらは女性読者むけのほっこり現代ものという感じ。私としては読みやすくて好きでした。三十路のイケメンが2人も出てくるのがよいな(笑)個人的に謎な人が好きなので、マスターは、最後までミステリアスなままでも良かったかも。舞台が自由が丘ということで、たまに知っている場所が出てくるのが楽しい。

全21件中 1 - 21件を表示

ココロ・ドリップ ~自由が丘、カフェ六分儀で会いましょう~ (メディアワークス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ココロ・ドリップ ~自由が丘、カフェ六分儀で会いましょう~ (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ココロ・ドリップ ~自由が丘、カフェ六分儀で会いましょう~ (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする