いたいのいたいの、とんでゆけ (メディアワークス文庫)

  • 464人登録
  • 3.84評価
    • (33)
    • (38)
    • (33)
    • (9)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 三秋縋
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048668569

いたいのいたいの、とんでゆけ (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かつて文通をしながら密かに想いを寄せていた霧子へもう1度会うため、僕は手紙を書く。
    待ち合わせの時間を過ぎても彼女は現れず、瑞穂はとうとう嫌になった。

    自暴自棄になり、酒を飲んで、車を飛ばす。
    酒が回り、意識がはっきりしなくなった時、瑞穂は交通事故、それも、人を殺す程度には酷いものを起こしてしまった……はずだった。

    自分が轢いてしまった少女は、いつの間にか自分の車へ乗り込んでいた。
    状況が飲み込めない瑞穂に、彼女は言う。
    「私、死んじゃいました。どうしてくれるんですか」


    起こったことを先延ばしに出来る少女と、自暴自棄になった少年。
    決してあり得なかった、2人で過ごす時間。
    2人は、次第に気づいていく。

    ーーー僕は、自分が轢き殺した少女に、恋をした。


    あとがきから読むと、この話で言わんとしていることが分かる気がする。
    一度最初から最後まで読んで、あとがきを読んで、再び最初から読むと、なるほどそういことか、となる。
    2度楽しめそうなので、私ももう一度読んでみることにする。

  • いたいのいたいのとんでいけ〜

  • こういうSFもいいね。

  • 世界には色々な落とし穴がある。「落とし穴の中で幸せそうにしている人」の物語を好むようになった。作者の後書きから引用・抜粋したが、今回も影のある主人公が小さな幸せを見つける話になっている。とても美しい。

  • 主人公の男が飲酒運転によって通りすがりの女の子をひき殺してしまう――はずだった。しかしその少女は自己の死を「先送り」することにより数十日の猶予を得る。彼女はその時間を自分の人生を台無しにした者への復讐に充てることを決意し、主人公の男もその復讐に協力することになる。

    オチというか、話の筋がバレバレだと思う。
    始まり2ページ目で脱字があるし、描写がよく分からない感じのところもあるし、充実した小説とはいえない。
    ただ、女の子が瑞穂くんに恋をする過程と二人が出会う経緯はなかなか良いと思う。
    唯一のよりどころである瑞穂くんをデート中、しかも自分が選んだジェットコースターで死なせてしまう。それをなかったことにして、出会いもなかったことにするというとても哀しい物語。

  • とてもとても救いのないストーリーなんですが、主人公2人が淡々と自らの境遇を受け入れているので、悲壮感のないむしろ清々しいとすら思える小説に仕上がっています。
    これはちょっと映画で見たいなぁ。

  • ショパンのプレリュードの第十五番。

    作中にも数多くの音楽作品の名前が登場する中、瑞穂と少女がお互いの手を補い合った連弾こそがこの本のテーマであると感じた。
    それを聴きながらあとがきも読み終えて、レビューとしてはあとがきにある、
    「暗く深く狭く寒い穴の中で、強がりでなく微笑んでいられる人の話」「二度と抜け出せない穴に落ちた人の物語」、この物語を表現しているあとがきの文章がこそがこの物語の全てであると思える。

    すべてを失い、闇の底まで落ちていった2人が、それでもお互いを見つけ、最後まで微笑み合った物語。

    落ちた穴の中には
    「美しい」が2つ、そこにあった。
    「いたいのいたいの、とんでゆけ」最高でした。

  • 飲酒運転で死亡事故を起こしてしまった瑞穂。しかし、事故で死んだはずの少女はそれを「なかったこと」にした。今まで自分を傷つけてきた存在への復讐のために死んでも生きる少女。瑞穂は彼女の復讐を手伝うこととするが…。
    少女の受けた虐めや虐待のシーンが辛すぎて、再読をためらっていた本。読み始めたらあっという間だった。三秋作品らしく、不幸の中のほんのりささやかな(救いに見えない)救いの話だった。でも実は、先送りシステムがよくわかってなくて。永遠の17歳の彼女のまわりはどうだったのかな。でも同級生は年重ねてたよね。

  • この人の作品は異常さの針が振り切っているものが多いので、作品ごとに、読者ごとに評価が分かれるのものが多いかもしれない。
    自分は、やはりこの物語は救いがなさすぎるように感じて、辛く思えてしまう。辛すぎて主人公たちに感情移入することができそうにないほどに。
    でも、多分物語の当人たちは幸せで救われているのだ。どれだけ異常でも、それを空想世界に押し込めるのではなく、現実に存在しうる世界のかたちとして描き出す能力がこの作者にはあって、その世界に読者はどうしようもないほど惹かれてしまうのだ。きっと。

  • 瑞穂を巻き込んだ霧子の復讐は、何か別のカタチにすることはできなかったのかな。衝動的な殺意を持ったことはあるけど、復讐という殺意はちょっと違うものだと思う。執念のある殺意みたい。霧子みたいな酷い虐めにあったことはないからオイラにはわからない。できれば、そうした殺意につながるような恨みは知らないままでいたい。
    霧子の瑞穂との再会は最悪なカタチだったけど、瑞穂と気が付いた段階で復讐じゃない別の過ごし方だって選べたのに、と思う。血生臭い復讐の中での「いたいのいたいの、とんでゆけ」はギャップがあってインパクトがあった。オイラとしては親が子供に言うようにもう少し優しい状況で言ってほしい言葉なので、ラストシーンにホッとした。

全30件中 1 - 10件を表示

三秋縋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

いたいのいたいの、とんでゆけ (メディアワークス文庫)に関連する談話室の質問

いたいのいたいの、とんでゆけ (メディアワークス文庫)はこんな本です

いたいのいたいの、とんでゆけ (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

いたいのいたいの、とんでゆけ (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いたいのいたいの、とんでゆけ (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いたいのいたいの、とんでゆけ (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

いたいのいたいの、とんでゆけ (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする