キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)

  • 621人登録
  • 3.95評価
    • (39)
    • (70)
    • (46)
    • (0)
    • (0)
  • 44レビュー
著者 : 時雨沢恵一
制作 : 黒星 紅白 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048669351

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 18巻で14年めなんだって。すごく前。
    牛の国がいちばん好きだったかな…同じ国を3つの視点で読める続き話が多かった。たのしい。

  • やっぱり何年も続いていてもキノの旅は面白い。社会風刺的なところも押し付けがましくなく、考えさせられる。
    あとがきも相変わらず面白く、絵もかわいい。

  • 「スポーツの国」は最後スカッとした。

    「税金の国」はキノってこんなに優しかったっけ?と思ってしまった。見返りが目的だったらまだ分かるけど。

  • キノの旅18作目。 オススメの話は「キノの旅の国」、「スポーツの国」。 前者はもちろん結末から語られるので、キノどうしたの?!となったけれども、エピローグで真相が分かるので安心。原作と実写と異なるということで物議を醸しだす映画やドラマなどがそうならざるを得なかった理由が分かるかもしれない。 「スポーツの国」はこれまたブラックな感じで終わる話でお気に入りである。 オススメというよりも納得する話として扉小説の「牛の国」と「止まった国」がある。「止まった国」を読んでから再度「牛の国」を読むとベスト。

  • 何となくオチは読めるけど、面白い。安定して好きなシリーズ。
    好きなのは「税金の国」。いらないサービスに税金を払わないっていうのはシンプルで分かりやすいけれど、現実的ではないなぁと。社会の形について改めて考えさせられた話。オチも素敵。
    怖いと思ったのは「私の戦争」。フィクションとして読むには面白いけど、実際にあったら…と思うとその先をいろいろと想像してしまって怖い。
    「キノの旅の国」には思わず笑ってしまった。特撮・アニメや映画なんかを見ていると、こういうことによく出会う気がする。ここまでストレートにいじってくれると面白い。
    まだまだ続いてほしい、キノの旅。

  • 『納税者が"このサービスは受けたくない"と思えば、そこ部分の税金の支払いを拒否できるんです。』P89 「税金の国」

  • もう買って読んだと思ってたらまだだった。
    ローマ数字はどこまで読んだかわからなくなるのう。

    何となく、パターンが似通ってきてちょっとパンチが足りない感。

  • 登録番号:11525 分類番号:913.6シ(18)

  • 安定して楽しめるシリーズ。

    「私の戦争」が自虐的に作者のことを語っているのか、そうでないのか、気になるところ。

  • キノ、シズ、フォトの対比が面白いです。

    とまった国⇔牛の国
     かな?って感じの含みあり

    チョコレートの国
     たしかにチョコレート三昧はいやになるよなって思いました。

    税金の国
     ここまではっきりしているのも気持ちいいなって思いました。

    キノの旅の国
     ここまで偽造しまくりはかえってすっきりします。

全44件中 1 - 10件を表示

キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)のKindle版

ツイートする