キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)

  • 616人登録
  • 3.95評価
    • (39)
    • (69)
    • (46)
    • (0)
    • (0)
  • 44レビュー
著者 : 時雨沢恵一
制作 : 黒星 紅白 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048669351

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 18巻で14年めなんだって。すごく前。
    牛の国がいちばん好きだったかな…同じ国を3つの視点で読める続き話が多かった。たのしい。

  • やっぱり何年も続いていてもキノの旅は面白い。社会風刺的なところも押し付けがましくなく、考えさせられる。
    あとがきも相変わらず面白く、絵もかわいい。

  • 「スポーツの国」は最後スカッとした。

    「税金の国」はキノってこんなに優しかったっけ?と思ってしまった。見返りが目的だったらまだ分かるけど。

  • キノの旅18作目。 オススメの話は「キノの旅の国」、「スポーツの国」。 前者はもちろん結末から語られるので、キノどうしたの?!となったけれども、エピローグで真相が分かるので安心。原作と実写と異なるということで物議を醸しだす映画やドラマなどがそうならざるを得なかった理由が分かるかもしれない。 「スポーツの国」はこれまたブラックな感じで終わる話でお気に入りである。 オススメというよりも納得する話として扉小説の「牛の国」と「止まった国」がある。「止まった国」を読んでから再度「牛の国」を読むとベスト。

  • 何となくオチは読めるけど、面白い。安定して好きなシリーズ。
    好きなのは「税金の国」。いらないサービスに税金を払わないっていうのはシンプルで分かりやすいけれど、現実的ではないなぁと。社会の形について改めて考えさせられた話。オチも素敵。
    怖いと思ったのは「私の戦争」。フィクションとして読むには面白いけど、実際にあったら…と思うとその先をいろいろと想像してしまって怖い。
    「キノの旅の国」には思わず笑ってしまった。特撮・アニメや映画なんかを見ていると、こういうことによく出会う気がする。ここまでストレートにいじってくれると面白い。
    まだまだ続いてほしい、キノの旅。

  • 『納税者が"このサービスは受けたくない"と思えば、そこ部分の税金の支払いを拒否できるんです。』P89 「税金の国」

  • もう買って読んだと思ってたらまだだった。
    ローマ数字はどこまで読んだかわからなくなるのう。

    何となく、パターンが似通ってきてちょっとパンチが足りない感。

  • 登録番号:11525 分類番号:913.6シ(18)

  • 安定して楽しめるシリーズ。

    「私の戦争」が自虐的に作者のことを語っているのか、そうでないのか、気になるところ。

  • キノ、シズ、フォトの対比が面白いです。

    とまった国⇔牛の国
     かな?って感じの含みあり

    チョコレートの国
     たしかにチョコレート三昧はいやになるよなって思いました。

    税金の国
     ここまではっきりしているのも気持ちいいなって思いました。

    キノの旅の国
     ここまで偽造しまくりはかえってすっきりします。

  • 話が進んだ感じはしないが、短編が多いので飽きずによめる。

  • 【資料ID】15531
    【分類】913.6/Sh29/18
    文学のコーナーに並んでいます。

  • 06/29/2015 読了。

    図書館から。

    復讐の国の巡る感じが好みでした。

  • 牛の国
    草原の話
    キノの旅の国
    スポーツの国
    止まった国
    税金の国
    主食の国
    チョコレートの国
    遺産の国
    復讐の国
    お金の国
    私の戦争

  • 短編で気軽に読める本はありがたい。あとがきをチェックするだけでも楽しかった。

  • 20150426読了。
    久しぶりのキノだなぁ。著者近影にもかかれてましたが、最初に読み始めたのが中学生の時だからほんとに時の流れを感じます。
    変わらず個性豊かな国や、最初は無かったキノ以外の視点のストーリーも加わり面白い一冊でした。

  • フォトがレギュラー化してから、キノ、シズたちの他に彼女の視点の物語も増え
    バリエーションがあって読んでいて面白い。

    それぞれが邂逅しないなりに微妙に交錯しているところが好き。

  • あとがきと著者近影が斬新過ぎる(褒め言葉)

  • ・牛の国-Fountain-
    ・草原の話-Ringer-
    ・キノの旅の国・b-Road Show-
    ・スポーツの国-Winners and Losers-
    ・止まった国-From the Cradle to the Cradle-
    ・税金の国-Supply and Demand-
    ・主食の国-Staple Diet-
    ・チョコレートの話-Gift-
    ・遺産の国-Protector-
    ・復讐の国-Savior-
    ・お金の国-Easy Money-
    ・私の戦争-Lone Sniper-
    ・キノの旅の国・a-Road show-

  • 久しぶりにキノったー!!
    うーん…キノ凄いな
    今までいくつの国を行ったんだろう?

    ありえない国ばかりだけど人間を良く描いてるよな
    税金の国とかお金の国とかなんか未来っぽいし

    キノのドライさがまたいいな
    あんな風になりたいなぁ

  • ちょっとわからないところがあった。もっと深読みしたい。

  • もう18巻。こんなにも面白い国がいくつもあるんだなー。旅好きとして、こんなにいろんな国と人々に出会うキノたちをいつも羨ましく感じてる。旅に出たくなるし、キノの世界の旅をしたくなる。身を守る手段を身に付けなければならないのは自信ないけど…。

    18巻目。キノとエルメスだけでなく、師匠たちやシズ一行、そして。いろんな人が出てきて、同じ国に違う時代やタイミングで立ち寄ってて。それぞれはわからないけれど、読者は過去未来を知ることができる。おもしろ。

    現在の自分たちに通ずるような思考の国を見ていろいろ思うのが好きで。これって…とニヤリとするのが楽しみなんだけど、前作のほうがその辺りは面白い国が多かった気がする。
    あと、キノの変化のようなものを感じられるとさらにニヤニヤするんだけど、ちょっと今回はもの足りなかったかも。

    楽しみのあとがき。18回目。ありがとうございます(笑)

  • おお。
    「復讐の国」で、初めてキノ、シズ、フォトが同じ話の中に登場しました。
    それぞれ時間と場所は少しずつ違うから、キノとフォトはまだ会わないけど。

  • “「おそらくは数十年ーー、いや、百年ぶりの来訪者ですよ俺逹は。ちゃんと歓迎してくれるでしょうかね?」
    「さあ。口封じに、いきなり撃たれるかもしれませんね」
    「うひゃあ。ーー俺、先に実家に帰っていいですかね?実は、大切な編み物の途中だったんですよ。植木鉢に水もあげないといけないし、玄関の電球も交換したい」
    「ええどうぞ。車は置いていってくださいね」
    「優しいなあ師匠は」
    心温まる会話を続けながら、二人は大きな城門の前に立ちました。”[P.57_止まった国]

    「チョコレートの話」の扉絵の和服イケメンが気になります。
    キノの映画をまた別の旅人が見てそれ視点のお話があれば面白いな。

    「牛の国」Fountain
    止まった国。
    「草原の話」Ringer
    追悼。
    「キノの旅の国・b」Road Show・b
    「スポーツの国」Winners and Losers
    五輪。
    「止まった国」From the Cradle to the Cradle
    師匠と弟子。牛の国。
    「税金の国」Supply and Demand
    納税。
    「主食の国」Staple Diet
    チョコレート。
    「チョコレートの話」Gift
    主食の国。
    「遺産の国」Protector
    シズと陸とティー。
    「復讐の国」Savior
    キノとエルメス。フォトとソウ。シズと陸とティー。
    「お金の国」Easy Money
    キノと師匠。キノとエルメス。ありあまる。
    「私の戦争」Lone Sniper
    自己完結。
    「キノの旅の国・a」Road Show・a
    映画。

    “「おっ!よかったねキノ!で、そっちの希望する仕事ってナニ?」
    「それが、"ボクにできること"だったらしますが、"できないこと"だったら、しません」
    「うんキノ、それ、言う必要ある?」
    「なあに、誰にでもできる超簡単な仕事ですよ!ちなみに今まで、コレを断った越冬旅人さんは一人もいません!」
    「へえ、よかったねキノ!」
    「ではーー、それは?」
    「はい!映画のモデルになってもらうことです!」
    「はい?」「はい?」”[P.230_キノの旅の国・a]

  • 今回は、すべて短編だった。これだけ続いて、続けて面白いのはさすがだな。

全44件中 1 - 25件を表示

キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)のKindle版

ツイートする