ダブルブリッド〈10〉 (電撃文庫)

  • 246人登録
  • 3.76評価
    • (25)
    • (18)
    • (41)
    • (1)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 中村恵里加
制作 : たけひと 
  • アスキーメディアワークス (2008年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048670654

ダブルブリッド〈10〉 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全巻読んでの感想。

    人ではないアヤカシという生物の物語。

    表現したいことや登場人物はすごい好みだけど、文章がくどいのが難点。
    あと、展開の仕方があまり好みではない。
    でも、終着点は好き。

    10巻まで連続で読めるぐらいの楽しさはある。

  • 精一杯のハッピーエンドだったんじゃないかと思う。
    お互いの形見を交換したシーンは妙に記憶に残った。

  • 記憶を失ったままの片倉優樹、そして“童子斬り”に憑かれ、自我を無くした山崎太一朗はついに激突した。
    アヤカシを殺す“童子斬り”の法則に従わず、ひたすらに優樹を殴り、打ち倒そうとする太一郎。そして、意に沿わずに動き始める優樹の「左の右手」。ふたりはただ殴り合い、傷つけあっていく。
    一方、己の死期を悟った「キマイラ」片倉晃が成そうとすることとは?
    また、最大の謎である“主”たちが行っていた計画「Ωサーキット」の全貌とはーー?
    血を流し、肉を裂き、骨を砕いた先、ふたりが辿り着くのは何処か……?
    『ダブルブリッド』シリーズ、最終章。
    ーー物語の幕は、静かに下りる。

  • 足かけ10年で読み終わった。話の内容も変わった気もするし、イラストもテイストが変わってる。なによりも自分の読み方・捉え方が変わってることに驚いた。

  • 本当にようやく読み終わった…

  • 友達から面白いよ!とススメられ、久々にライトノベル。
    ただいま6巻まで

    太一がえらい可愛いんだ。
    大田と太一と虎と太一と空木と大田がきになる。

    落花生が食べたいなあ

  • 虎くん、空木さん、大田さん、夏純ちゃん・・・

    好きなキャラが多かった作品です^^
    1巻がピークかな・・・ ←えええっ

  • 全巻+番外編まで読了。

    エグくてグロくて痛々しかったけど、面白かった。

  • 全10巻。<br>
    ハッピーエンド……と考えていいのだと思う。4年半。長かったけれど待って良かった。

  • 前巻から4年半、待ちに待った最終巻です。
    色々と思う事はあるけど、最後まで読めて良かった。

全26件中 1 - 10件を表示

中村恵里加の作品

ダブルブリッド〈10〉 (電撃文庫)に関連する談話室の質問

ダブルブリッド〈10〉 (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダブルブリッド〈10〉 (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダブルブリッド〈10〉 (電撃文庫)の作品紹介

記憶を失ったままの片倉優樹、そして"童子斬り"に憑かれ、自我を無くした山崎太一朗はついに激突した。アヤカシを殺す"童子斬り"の法則に従わず、ひたすらに優樹を殴り、打ち倒そうとする太一朗。そして、意に沿わずに動き始める優樹の「左の右手」。ふたりはただ殴り合い、傷つけあっていく。一方、己の死期を悟った「キマイラ」片倉晃が成そうとすることとは?また、最大の謎である"主"たちが行っていた計画「Ωサーキット」の全貌とは-?血を流し、肉を裂き、骨を砕いた先、ふたりが辿り着くのは何処か…?『ダブルブリッド』シリーズ、最終章。-物語の幕は、静かに下りる。

ダブルブリッド〈10〉 (電撃文庫)のKindle版

ツイートする