GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (1)上 (電撃文庫)

  • 1203人登録
  • 4.15評価
    • (152)
    • (108)
    • (92)
    • (4)
    • (0)
  • 88レビュー
著者 : 川上稔
制作 : さとやす 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2008年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (543ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048672184

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (1)上 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  •  膨大な世界観設定があり難解なように見えて、物語の主題となる部分は作中で登場人物複数の視点で何度も語られていました。作者はもちろん編集やイラストレーターも総出で、番外の『study』や挿絵で読者の理解を助けているんですね。

     それだけの労力をかけるだけの魅力が本作にはあります。登場人物の台詞回しや細かい戦闘描写、心の機微を表層の動きで描く手腕。

     ラノベ業界最重量は伊達じゃありませんでした。

  • ずっと気になっていたけどようやく読了。疲れた。本自体がどんでもなく分厚い(しかも終わってない)うえ、SF、ファンタジー、日本史、世界史、政治、宗教とありとあらゆる要素が混然一体となった独自の世界観になっていて、登場人物も多く、しかもよくあだ名を使うので、いったい誰がどこのなにで、いま何をやっているのかを逐一理解しないとなかなか読み進めていけない。アニメも同時並行で見直している。しかしまあ、ある程度物語の構造が理解できてくると読み進められる。また、章が細分化されているのも助かるところ。とりあえず続きを読む。

  • 特殊な世界観なので、最初のカラーページでは理解できなかったのですが、最初の方で何度も「この世界は?」という説明が盛り込まれていたのがとても良かったです。なんとか理解できた……。下ネタとコメディの狭間でシリアスっている感じでした。しかし人を失ったり世界を失ったりしながら、それでもバカやって騒いで笑っている彼らを、応援したいと思いました。キャラクターがかなりいますが、しゃべり方が独特で文字だけで聞き分けができるところは親切と言うかすごいと言うか。1巻の上巻なので、これからなすべき事が提示された段階。

  • 合う合わないが分かれると聞いていたが自分には合う…のかな?特に苦もなく読めた。まだ上だけだから何とも言えないが。
    一息。がやたらと多くてこれをなくしたら数ページは減りそう。

  • アニメ版から入ったのでこの作品の面白さはわかっている。とはいえ、このⅠ上だけでは面白いとは思いにくいだろう。なにせ設定の解説が多い。しかしこの設定が面白いわけなので読むしかない。先にアニメを見たから分かるが文だけだと流体の設定は少々飲み込みにくいかもしれない。
    それでもセリフ回しが軽妙だからかさくさく読み進められる。ただ地の文と台詞のつなぎ方には結構癖がある印象だ。

    この世界での日常を描きつつ、主人公の悩める部分を描写し、それを世界全体を波乱に巻き込む事件と絡めて下巻へつなぐ、というしっかりした下準備がされているので、下巻は間違いなく面白い。ただ長い。だがそこがいい。

  • 過剰なほどの設定説明が、実は気持ちいいくらい。
    歴史好きSF好きにはたまらない。
    ただ、先をみるとどんどん文庫が分厚くなっていくので、
    手で持って読むのが難しいかも。という不安。
    これのアニメはほとんど見ていない。それでも楽しめそうだ。

  •  この作品もアニメ化されていますが、設定が多いためアニメだとなんの話をしているのかよくわからない!
     舞台は遠い未来。ある理由からもう一度歴史をやり直し始めた世界。小説の厚さからも伝わる濃厚な世界観を味わってみてください。(K2さん)OPAC→http://libopac.lib.juen.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&place=&bibid=1000013310&key=B142301145717821&start=1&srmode=0

  • これ読み終わっても「読み終わった」うちに入らない。全然。

  • きみとあさまで Ⅰ上 4 シリーズ評価
    きみとあさまで Ⅰ下 4 シリーズ評価
    きみとあさまで Ⅱ上 4 シリーズ評価
    きみとあさまで Ⅱ下 4 シリーズ評価
    きみとあさまで Ⅲ上 4 シリーズ評価
    きみとあさまで Ⅲ下 4 シリーズ評価
    きみとあさまで Ⅳ上 4 シリーズ評価
    きみとあさまで Ⅳ下 4 シリーズ評価

  • 期待してなかったけど、面白かった。風呂敷広げすぎな気がするけど、うまくまとめられている。登場人物多すぎて、うまく頭の中で処理し切れてない(笑)。

  • アニメから入った。あまりの分厚さと設定の多さに思わず怯んだ。案の定読み終わるまでに時間がかかった。

  • ラノベは小説の一種かと勘違いしていた。
    これは、時速80キロで感情のTIPSを貼り付けて行く、スポーツだ。

  • 凄く面白いですっ‼
    このライトノベルが凄い!
    でもっと上位とってもおかしくないって毎回思います
    前回は10位でしたっけ?
    問題は厚さかな?

    好きなキャラはネイトですねw

  • 最初は以外と普通の話だよ

  • 終わりのクロニクル最終巻で、あの厚さは最終巻ゆえだと思ってました。
    でも、まさか1巻目でここまで厚いとは。
    内容的には、エロさというより、変態が多くなったんじゃないかな。

  • アニメから。とりあえずⅠだけでもと思って。

    結構文章にクセがありましたが、慣れれば平気。
    用語を文字で追える安心感。
    みんなでわいわいやってる雰囲気が楽しくて好き。ちょいちょいアホだし。
    キャラの掛け合いのノリも好き。
    トーリのバカさとかっこよさ度が自分の中であがっていった不思議。

    しかし、これアニメ先に見ていなかったら、脳内で映像展開するの大変だったかなーと。
    世界観理解はまだあまりできていないけど、ハマったらすごく楽しめそうな気がする。
    とりあえず、下巻。

  • Ⅳまで。

    厚さにややビビるも大戦ものが読みたい、表紙に惹かれて購入。
    特殊能力あり、魔法ありの国盗り、独立物語。的な内容です。
    単純に戦闘力だけの勝負ではなく知略謀略もあり。
    日本の戦国時代×世界史の重なった世界観で
    『襲名』という制度が物語に厚みを持たせています。

    一巻はいきなり登場人物が大量に出てきて面食らいますが、
    メインとなるキャラは各巻ごとに絞られますので結構読みやすいです。
    独特のギャグは好き嫌いわかれるとは思いますが、
    それがあるからこそシリアスな場面が引き立ちます。

    アニメからの人も是読んでみて欲しい。



    ※※※ネタバレ雑感。




    いやー最初は、面白いけどちょっとキツイなーと思ったんですが。
    一巻最終のトーリとホライゾンの相対はグッと来る。
    そういう一瞬の爆発力を楽しみに読んでます。

    推しキャラは賢姉と大久保です。

  • アニメを見て、ハマりました。本の厚さで知ってはいたのですが、読むの大変そうと思って読んでなかった。挑戦してみるもんですね、意外とすらすら読めました。

  • 歴史から学ぶ我々は、何者たりうるのか。

  • 図書館より借出して読了。
    感想は下巻にて。

  • アニメを先に見ていたので、情報を補完するつもりで読み始めました
    背景がすごく複雑なのにこのスラスラ読める感!
    なんだろう…、セリフ回しが上手いのか…?

  • 文章的に前作『終わりのクロニクル』より読みやすくなったと思うが、人数が増え、設定が増えた分初見にはやっぱりハードル高いかも…という印象。でもアニメがあるのでいいのか?(未視聴)
    あ、厚さは考えてなかった(笑)

    面白い、の一言に尽きる。続きが気になるし、綿密に練られた設定と伏線で何度も読み直したくなる。
    川上氏の得意とする戦闘やエロギャグがこれでもかとてんこ盛りなので……染まればヒャッハーですよ?(笑)

    他、個人的に推したいのは、
    要所に出る姉弟のチャット風解説や相変わらずのあとがき、さとやすさんの絵はもちろん……カバー裏の設定資料などサービス精神の塊のような本という事です(笑) 厚さからなにから……思わず印刷所の心配してしまいました(笑)
    色んな意味で凄い本ですよ!(笑)

  • アニメでいえば、ホライゾンが連れ去られるところですね。
    情景風景の説明等がすごく書かれているのでこういうリズムで
    書くのも一考だなと。
    長い文章も前みたいに、やはり苦ではないですね。
    歳を取ると趣向も変わるとのことを親が話していましたが、
    そんな気はします。

全88件中 1 - 25件を表示

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (1)上 (電撃文庫)に関連するまとめ

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (1)上 (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (1)上 (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (1)上 (電撃文庫)の作品紹介

各国により分割統治された中世の神州・日本。その上空を8隻からなる都市艦"武蔵"が航行していく-。遥か遠い未来。"重奏統合争乱"を経て、人類の命運を懸けた"聖譜"をもとに歴史の再現を行う国々。そして、さまざまな思惑と決意を胸に、未来を切り拓こうとする人々。重なり合う中世の世界を舞台に、学生達による学園国家間の抗争が始まろうとしていた!AHEADシリーズ『終わりのクロニクル』と都市シリーズの間の時代を描く、壮大な物語"GENESIS"シリーズ、遂にスタート。

ツイートする