ダブルブリッド―Drop Blood (電撃文庫)

  • 183人登録
  • 4.02評価
    • (17)
    • (16)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 中村恵里加
制作 : たけひと 
  • アスキーメディアワークス (2008年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048673495

ダブルブリッド―Drop Blood (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 補足巻。蛇足ではなくこの本でダブルブリッドが終われたと思う

  • 今年5月にやっと完結したダブルブリッドの短編集。
    Ⅹが余りにも駆け足に感じたから、今回のは嬉しかった。

    電撃本誌のほうにのったやつもあるみたいだけど、
    そんなん読んでないから全部初見でした。


    それぞれのキャラを掘り下げる話+Ⅹの後日談な内容でした。
    Ⅹの不完全燃焼はだいぶ補完されたかも?
    後日談も雰囲気が良かったし、
    他の短編も平凡な日常にそれぞれのキャラが映えてて楽しめた。


    本編はもう終っちゃったけど、
    こういう短編ならまた読みたいな。
    後半のダークな感じも良かったけど、
    最初の頃のほんわかな感じも好きだったし。


    ただ、高校の頃から読んでる大好きな作品だから、
    短編集まで読めて大満足です。
    中村先生お疲れ様でした。

  • ダブルブリッド外伝。ゆーきさんの幼いころの話と、とらくんと安藤さんのエンディング後の余談がよかった。太田のはなしもよかった。キャラクターに魅力がある作品だった。

  • ダブルブリッド本編の後日談などのSS。

  • 抜け殻

  • 中村さんが手癖で書いてるような、中村節の短編集です。
    晃君の話も読みたかったな。

    女子高生さんは虎治が本当に好きですね(´∀`*)
    みっちゃんがしゃーわせになるといいですね。
    やっぱり先生が好きです。

    <39/365>

  • 魅力的なキャラがたくさんな今作。たぶん、シリーズ最後になるだろう今巻はそんな登場人物たちそれぞれにスポットを当てた短編集。最終巻の時点より過去の話とその後について描かれています。どの話もよかったけれど、私的一番は「飯田さんの話」。不器用ながら誠実な飯田さんが良いです。最終巻が出たときも思ったけれど、今回読み終わって改めて終わっちゃったんだなーって感じです。新刊が出るたびに楽しみに読んでいたシリーズが完結してしまうのはホントに寂しいものです。最も印象に残った作品の一つ。

  • 電撃hp(雑誌名)で掲載されていた短編を収録
    鵺の交尾話はさすがに収録されてなかった
    まだ読んでないが、とりあえずさっちゃんと仲良くする一朗に嫉妬

全10件中 1 - 10件を表示

中村恵里加の作品

ダブルブリッド―Drop Blood (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダブルブリッド―Drop Blood (電撃文庫)の作品紹介

渋谷・六課を目指すふたりには、決して埋まることのない溝があった。愛する人を失い、失わせたという決定的な溝。しかしそれが新たな絆を生みだす-。短い生涯を、血を流しながら駈け抜けた白髪の"二重雑種"が、ふたりをはじめとする多くの生き物たちに残していったものとは。そして-続く世界を生きるかれらは。"二重雑種"の「血の雫」がもたらした数々の物語を描く珠玉の短編集。

ダブルブリッド―Drop Blood (電撃文庫)のKindle版

ツイートする