ラブシートで会いましょう (B‐PRINCE文庫)

  • 32人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 青野ちなつ
制作 : 高峰 顕 
  • アスキーメディアワークス (2009年6月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048678384

ラブシートで会いましょう (B‐PRINCE文庫)の感想・レビュー・書評

  • 航空もの、初読みの作家さん。

    可もなく不可もなくって感じ。
    Hシーンは結構濃いけど、ちょっと受けが自分勝手かなぁと。
    一人ででドタバタし過ぎだしw

    攻めはイケメンないい男だけど、そんな人がこの受けに執着って・・・・

    いやでも、悪くはないんです。
    読む気分を替えればいいのかも

  • ★2.0。甘々な同級生再会モノだと思うんですが、微妙に攻に天然&ヤンデレ入ってる気が(笑)さらっとクサイ台詞を吐きまくりながら有無を言わさない感じで受しか見えてない攻…なかなかいいです。ただ過去の回想がほとんどないので受のほだされ方が唐突な上、受が自覚後逃げる&誤解する&相談しない、と定番のすれ違いネタが続き、萌えは今一つ。お子様情緒&グルグル自己完結する受は苦手です…。読み終えてみると、結局バカップルの痴話喧嘩だったのかな〜という感じでした。

  • お見合いシート。確かに飛行機をたびたび使ってる男性はそこを楽しみにしてると昔聴いたことありますが、私はその席、好きじゃないです。だって前の座席がないから手荷物もてないんだもん…。

  • 青野ちなつ先生の航空業界ものの2作目。
    前回は、パイロット×整備士の話でしたが、今回はキャビンアテンダント×ビジネスマンもの。

    私は、攻め→ビジネスマン、受け→キャビンアテンダントだと思いこんで読み始めまして…
    一枚目のイラストのページで、あれ?!と少し混乱してしまいました(汗
    勝手な先入観で読み始めてしまうのは、良くないなぁと思いました。

    気持ちを切り替えて、再度最初から読み始めました(笑
    子供の頃、親友だった人物と偶然遭遇し、しかもその人物がカッコ良く成長していたら…
    そんな男に艶やかな目で見つめられたら…
    ノーマルな男でもころっと行ってしまうんですねぇ(笑
    攻めの戦略が上手なのかもしれませんね。

    相変わらず、切ないようなドキドキするようなHシーンも必読です!(笑

    この文庫には、番外編SSのチラシが付いてきます。
    ちょっとしたコスプレもの。芳人(受け)のキャビンアテンダント姿は、是非イラストでも見てみたいと思ってしまいました。
    もう一つ、B-Boyの携帯サイトで、この話の番外編が読めます。
    この文庫の続きっぽくて、二人の新居への引越しの話が書かれています。
    芳人を溺愛する兄とその恋人(?)が登場します。
    この二人も要チェックです!!

全4件中 1 - 4件を表示

ラブシートで会いましょう (B‐PRINCE文庫)のKindle版

ツイートする