嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈8〉日常の価値は非凡 (電撃文庫)

  • 1017人登録
  • 3.83評価
    • (81)
    • (61)
    • (67)
    • (18)
    • (6)
  • 48レビュー
著者 : 入間人間
制作 : 左 
  • アスキーメディアワークス (2009年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (543ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048680080

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈8〉日常の価値は非凡 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • みーまー成分は少ない。が、しかしこういう話も悪くない。iを読んだ人にはわかると思うけど心温まる?やりとりもあったりして…ってあれ、××くん笑った?まあいいや。まあとりあえずみーまーが平和なまま終わる、わけがなく。長い前置き付きの序章っていうことなのかしらん。

    とにもかくにも入間氏の作品は出版順に追うことをオススメしたい。と強く実感した1冊。他作品とのリンクが面白いのにそれを見逃すのは勿体無い

  • 群像劇の楽しみ方が分からなかったけど、
    何らかの今後の伏線も兼ねているのでしょうかね。
    長いストーリーの最後にまさか・・・そんな衝撃が待っているとは思わなかった。。

  • 入間版『街』である。
    花咲太郎とかのキャラはここが初出なのだろうか
    キャラごとの視点を細かくカットバックで連ねる方式で、キャラの心理はもれなく書ききれている、
    キャラ心情をあますところなく書くことが持ち味の入間人間ならではの構成だけど、話の進みが遅くて読むのが少々退屈だった
    普通っぽい人物が出てきて珍しいと思った
    交換殺人ではなく交換死体とは面白い
    殺人犯たちが異能力者でもないのにやたらと怪力で人を殺すのに卒がない設定にされてるのがちょっと無理やり感あったけどまあいっかと納得した

  • 長さに読み終わるまで時間がかかってしまった。主人公の出番があまりないのが、前作から続いているのは、構成的にどうなのかという気もする。

  • 「今以上に成長した君に恋する自信はないんだ」
     ぼくにとっての価値観の『価値』を過小評価しないでくれ。
    (P.219)

  • 感想

    種島……だっけ? そんな名前の大学生のエピソードが気になって、ネットで検索。勢い余ってこのシリーズのネタバレを拝見してしまうという愚行を犯す。結構な頻度でやるな、このパターン。
    取り返しのつかない失態とはこのこと。一度記憶にプリントアウトされた情報というものは忘却されることはあっても廃棄されることはないだろう。
    ならば、僕は新鮮な状態でかの情報を取り入れるという機会を生涯逃してしまったことになる。まあいいか、と諦めるしかない。諦めて次巻を読むしかない。

  • 今回は群像劇。みーくんとまーちゃんが訪れたホテルで、2人が知らないうちに事件が起こります。

    花咲太郎とトウキの2人は、ホテルに滞在している作家の橘川英次の浮気調査にやってきます。調査を進めていく中で、花咲太郎はこのホテルで進行中の事件に巻き込まれることになります。そして、彼に対峙する殺人犯の中咲柘榴は、仕事仲間の桜山という男を殺してしまいまっていました。

    桜山はこのホテルで、ある中年女性の遺体をその夫に引き渡す約束をしていました。その夫・椎名幸治は、ホテルの窓の外を歩かされるハメに陥り、自殺志願者の山名美里の部屋に侵入します。ようやくホテル内に戻った椎名は、娘の椎名夏実が、種島檜垣という大学生とこのホテルの一室に泊まっていることを知ります。夏実とともにこのホテルに訪れたのが、桜山の妻・エコでした。

    といった具合で、さまざまな登場人物が入り乱れて、みーくんとまーちゃんが知らないところで事件をくり広げていきます。ただ、これだけ大掛かりな仕掛けを用意した割には、ややストーリーが平板な印象があります。みーくんまーちゃんのバカップルぶりも今回は控えめで、やや欲求不満です。

    そしてラストにはとんでもない引きが用意されています。

  • 壊れた人々が織りなす壊れた群像劇。みーまーシリーズとしては微妙? このシリーズに含める意味は後々解るのかな?
    全体の印象としては、煙に巻かれたように曖昧模糊。どこから続いていてどこに向かっていくのか解らないような気分。
    物語の軸として考えたら、自殺志願者がメインかなぁ、多分。でもこんなに上手く綺麗に納まらない気がします、って思えるほどに、物語にするだけでチープになる。

  • 分厚い。そして長い。ラノベだけど凶器になりそうな巻。
    今回狂気に満ち溢れてるのはエコさんだけでしたけどねw
    大変だったけど、読み始めると案外さくさく読めます。
    みーまーでやらなくても〜な意見もあるみたいですが、
    逆にここまで手放しで一貫していちゃいちゃ出来てたのってない気がするので、
    次巻の展開考えたら、その非日常が何を引き換えにした幸せか、
    最後の一文の重さが凄まじいものになるので、
    やっぱりみーまーである必要はあったんじゃないかなあ。

    ××が語るのは最初と最後だけ。
    あとは騙りもせずに、いくつもの他人が織りなす群像劇。
    同じ出来事が違う視点から丁寧に書かれて、
    人物像もくるくる色を変えるので面白く、
    他の作品ともクロスオーバーしまくりで、
    頭こんがらがりそうになりながら面白かった。
    これは色々風呂敷広げて伏線ばらまきすぎでしょーw
    ヤマナ妹と××のやり取りとか、
    種島と携帯母子のやり取りとか、
    結構胸にグッと来るものがあったよ。
    あと「死ねないなら生きてろ」

    みーまーが何の事件にも巻き込まれず、
    脇としてらぶいちゃバカンスを楽しめて良かったなーとw
    その代償は果てしなく大きいものだったけれど。

  • 先に花咲太郎シリーズを読んでおいてよかった。

    前作のメインが大江湯女だったなら、今作は花咲太郎ですね。もしくは、山名美里でしょうか。

    ラストに衝撃の展開が待っています。

  • 9784048680080 543p 2010・12・17 8版

  • クロスオーバーを楽しむ巻。
    みーまーでやらずに全く別の話として出して欲しかったと思うが、普段は描かれないみーくんの客観的印象が描かれたのはよかった。
    入間人間作品全般が好きならば★二つ追加。

  • 「みーまー」第8巻は伊○幸○郎ばりのがっつり本気の群像劇。

    そして今回、事件とのみーくんとまーちゃんの関係性が薄いこと。
    殆ど2人を無視して話が進行して行きます。

    パラレルワールド全開で入間人間氏の他作品キャラが活躍しているのでファンにはたまらんでしょう。
    (「みーまー」一筋の私にはさっぱりでしたが。)

    そしてラストに衝撃。

    どーなるのよ「みーまー」!!!!!


    ちなみに嘘つくのに疲れて来たから今回は普通に全部本当だぁあー

    あんまに毎回嘘つけるなんてやっぱみーくんて凄いわ。

  • 他の入間さんの作品も幾つか読んでいるので、今回の登場人物にニコニコして読めました。
    桜山エコさんが凄まじすぎて、一番印象が強かったです。
    この人はヤンデレなのか……?

    花咲太郎とトウキが気になった人は、花咲太郎シリーズをお勧めします!

  • タイトルに偽り有りです。みーまーじゃありません。その他人物たちの群像劇です。群像劇好きです。でも長いです。しかもなんか中途半端に終わりました。不完全燃焼です。いったいこの巻は何だったんですかね。意味不明です。でもまぁ面白くないってわけではないわけでもないような気がしないでもない。そんな感じ。ってか最後のは何だよ……そんなのってないよ……あんまりだよ……。

  • 今回は群像劇です。
    みーくんもまーちゃんもほぼ出て来ません。
    どっかのアニメで出てきた主人公二人を足して二で割ったような探偵や、電波女のキャラっぽいものも出てきたりします。
    探偵さんは結構中核を担うんですけどもね。
    そして分厚いです。
    今までの倍以上でしょうか。
    群像劇ということで、時間とその時のキャラの視点から文章が短編的につながっていってます。
    今回の事件の犯人は最後にまとめて。
    結局のところどうなったかってのは不明。
    ボッコボコにされてたようですが。
    さすがに殺人事件の犯人は誰かってのはすぐに理解できてた(別の殺人者を除く)ですが、死体が3つになってのは想定外でした。
    今回の事件とは別の殺人者については結局正体は見えず。
    オチの構成からして、次巻で関わってくるのでしょうか。
    こういう形式は細切れでも読めるのでいいですね。
    本来の主人公サイドが動かなかったのが残念ではあるけど、主人公サイドと関わってたりする人物ばかり出てきたのが面白いところですね。
    オチが次巻への期待をふくらませてくれます。
    やっぱり面白かったです。

  • #novel
     過去の凄惨な事件で、タイトル通りの狂気の精神状態にされてしまった二人が主人公のダークサイコバカポーデテクティブラノベ(どんなだ)続編。

    あれ?主人公二人がほぼ出てこない。旅行先のホテルにおけるクローズドサークルが舞台。語り手も主人公以外の複数人の交代制。いわゆる群像劇に。
    登場人物は、死体、壁渡りおじさん、猫かぶり暴力娘、DT大学生、自殺志願女子、死体製作者、死体引渡者、ロリ探偵、ストーカー主婦、などなど。トータルで10人を超える人物の視点が章毎に入れ替わり、かなり重厚な構造に。ページも500ページ超の大冊。読み応え有り、です。

    この作者の常で、彼らも奇人変人の集まり。しかし本来の主人公とは違い、ある程度正気を保っているので、必然文章的にもある程度真っ当で、過去巻よりも格段に読みやすくなっています。あ、若干一名イッちゃってるご婦人もいますけども。あくまでイレギュラー的。

    上記の理由もあり、純粋にミステリー、サスペンスとして面白かったんですけども、でもこれって「みーまー」とはちょっと違うよなぁ…と最終章まで読んで思っていたのですが……

    ラスト一行で


    爆弾が




    ・入間人間「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈8〉日常の価値は非凡 (電撃文庫)」読了。

  • 事件事件事件事件事件事件事件事件××事件×××件。ホテルでいちゃいちゃしない。みーくんとまーちゃんはあまり出てこない。これはほんとだけど。まさかの花咲太郎が登場。通称ルイージ。トウキもいるよ。あいかわらずのロリコンロリコン。ろりろり。つるつるぺたぺた。嘘だけど。

  • 今回の舞台は『新婚旅行』ってカンジで。

    またまた初っ端から 他人排除 にかかる。

    二人が平和ならそれで良いんだけど、今回もワケあり者どもが連なる。
    とりあえず、みーまーの動きと、同ホテル、同階に集まる人々。
    ロリコン探偵&少女、大学生カップル、大学生カップルの女の子の父親、自称小説家、自殺志願者(前作ヤマナさんの妹)、イっちゃってる主婦。
    主婦の旦那を殺した殺人犯。
    微妙に『エリオ絡み』とか出てきますが。

    基本的に、みーくんとまーちゃんが 与り知らぬ所で事件が起こって終了した ってカンジでしょうか?
    伏線としては色々仕込んであるけど、それはこれからの展開で。

    『群像劇』とされているけど、この形態ならこれで通せば面白いと思う。

    申し訳ないが、ハッキリ言ってこの作品は『みーまー』でなくてもいいような気がする。

  • 2011 7/15読了。WonderGooで購入。
    ・・・これみーまーじゃなくて探偵花咲太郎じゃねぇか?!
    と、いうくらいにみーまーはプロローグとエピローグしか出てこない。
    そしてエピローグはおおよそ最悪である。
    本編も、喜劇めいたところもあるけど事件は実に胸糞悪い。
    悪い、なー。あー・・・山名さんの妹さんの話はまあ良かったけど、椎名さんところの話はなあ・・・あー。

  • エwwwwwコwwwwwさwwwwんwwww
    皆さんのレビューに書いてあるとうり、みーまー成分は少ないです。
    もともとみーくんの物騙りが好きだった私としてはみーくんの「嘘だけど」が少なくて寂しい気分でしたがこれはこれでありかなと思いました。

    桜山エコさんのキャラがまじでやばい好きすぎるwww

  • みーまー成分が少なかったけどこれはこれで面白かった!
    あれ、途中でみーくんが笑ってる...!?
    友達とこの衝撃を分かち合いたかったけどまだ読み終わってなさそうだったのでやめましたw

  • 主人公二人が(ほぼ)不在の群像劇だけど、今までで一番面白かったかも。
    登場人物が多いんで、相応にページ数もあります。
    今までの二倍くらいかな?

    桜山エコのキャラがぶっ飛んでて好きだけど、多分もう出番ないんだろうなー

  • BOOK OFF 250円(文庫均一セール)

  • あれ、八巻が一番好きかもしれない。

全48件中 1 - 25件を表示

入間人間の作品一覧

入間人間の作品ランキング・新刊情報

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈8〉日常の価値は非凡 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈8〉日常の価値は非凡 (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈8〉日常の価値は非凡 (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈8〉日常の価値は非凡 (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈8〉日常の価値は非凡 (電撃文庫)の作品紹介

これは、僕とまーちゃんの平穏無事で素敵なバカンスだ。嘘じゃない…よな?

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈8〉日常の価値は非凡 (電撃文庫)はこんな本です

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈8〉日常の価値は非凡 (電撃文庫)のKindle版

ツイートする