みずたまぱにっく。〈4〉―This is MIZUTAMASHIRO!! (電撃文庫)

  • 99人登録
  • 4.07評価
    • (11)
    • (8)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 七草 
  • アスキーメディアワークス (2009年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048680103

みずたまぱにっく。〈4〉―This is MIZUTAMASHIRO!! (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • しにがみシリーズが好きな方にはぜひ読んでいただきたい。リンクしている部分が今まで以上に多くて、そういうことか!といちいちテンションがあがります。
    私は気づくのに時間がかかりましたが、全部知ってから考えると、どうしてわからなかったのかわかりません(笑)めぐぅ可愛い!

  • もうマシロもめぐぅも可愛くて仕方ないです!
    千尋ちゃん好きな私としては、もっと千尋ちゃんとマシロのところを増やしてほしいって気がしないでもないですが←
    でもこれは『しにがみのバラッド。』読んでる人には是非読んでほしい1冊ですね!

  • メグルと仲良くなった?いや、まだか?でももう一つの名前を教えたから仲良しだよね。

  • めぐが可愛いです。

  • “カップを口に運ぶ。あったかくてあまいミルクティー。ほのかにマシュマロの味がする。
    マシュマロが溶けているのか、ひと口目よりもあまい。
    お茶とか、お菓子作りとか、なんてしあわせな魔法だろう。
    だとしたら、萌流は、
    「すごいなぁ、『魔法使い』みたい」
    心の中でつぶやいた科白が、口からこぼれ落ちた。なにげなくだった。
    そう、なのに、
    「――――ッ!?」
    萌流が、ビクッ、と身を震わせた。”

    表紙可愛ゆす。
    マシロン可愛ゆす。
    この話もしにがみ。と繋がってるの?
    うん?

    “「だいじょうぶよ」
    という誰かの声が聞こえた。
    目を閉じて、夢で聞こえるあの声。不思議な響きの声<ウィスパーヴォイス。
    傍らに目を向ける。散切りボブの少女が、眠っている。
    「……土曜日の夜にね。ひとつだけ、嘘をついたんだ」
    眠っているから聞こえないと思う。でも、何故か届くような気がした。
    あの日、萌流も夢の中で誰かの声を聴いた。だから、夢の中で届けばいいんだ。
    「フランスの名前があったりするかって訊かれて、ないっていったけど。……本当は、もうひとつ名前があるんだ」
    それは“あのひと”が付けてくれた。もうひとつの名前。魔法の名前。
    たいせつなひとにだけ教えることが許される。
    散切りボブの少女がそうなのか、まだ、ぜんぜんよく判らないけど。
    「ボクのもうひとつの名前。たいせつな名前……――ダニエル。ってゆうんだ」”

全6件中 1 - 6件を表示

みずたまぱにっく。〈4〉―This is MIZUTAMASHIRO!! (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

みずたまぱにっく。〈4〉―This is MIZUTAMASHIRO!! (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

みずたまぱにっく。〈4〉―This is MIZUTAMASHIRO!! (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

みずたまぱにっく。〈4〉―This is MIZUTAMASHIRO!! (電撃文庫)の作品紹介

由緒正しき超名門校の女子寮で、『お手伝いさん』のバイトをしている庶民派学生水田マシロ。寮に住む美少女なお嬢様たちが、実は"全員男の子"という秘密を知ってしまったせいで、いろんな事件に巻き込まれ中。とはいえ、おかげで寮生のみんなとも打ち解けつつある今日この頃だった。だけど真っ黒な瞳が印象的な寮生・萌流は、マシロのことがまだ苦手な様子。そんな二人を接近させるため、トラブルメーカー忍がひと肌脱ぐと言い出した!ってか、仲良しになる秘訣が『猫耳』にあるって、どーゆーことなの!?マシロの"みずたま"な日々、いよいよ第4弾登場。

みずたまぱにっく。〈4〉―This is MIZUTAMASHIRO!! (電撃文庫)はこんな本です

みずたまぱにっく。〈4〉―This is MIZUTAMASHIRO!! (電撃文庫)のKindle版

ツイートする