ウェスタディアの双星〈6〉銀河大乱前夜の章 (電撃文庫)

  • 92人登録
  • 3.69評価
    • (3)
    • (13)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小河正岳
制作 : 津雪 
  • アスキーメディアワークス (2009年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048682039

ウェスタディアの双星〈6〉銀河大乱前夜の章 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • ユリアヌスの中間管理職ぶりが泣けてくるなぁ。ラミンさんはバドエルの相方になるのかしら…あれ、前に相手(っぽい人)が居なかったっけ。本編は終局へ向けて舞台が整いだしてきましたね。しかしルフェールは人材不足なのか?(苦笑)

  • 相変わらずサブタイトルが分かりづらい。
    ストーリーではいよいよあの大国が動き出すって所です。
    と同時にカルロとアルファーニのあの計画も動き出しそう。
    ルフェールの秘書官は以前登場したあの人っぽい
    いつも通り次を早く出して欲しいと感じさせる終わりかたでした。

  • 相変わらず全く捻りなく、潔いくらい淡々と進んでいくお話

全3件中 1 - 3件を表示

ウェスタディアの双星〈6〉銀河大乱前夜の章 (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ウェスタディアの双星〈6〉銀河大乱前夜の章 (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ウェスタディアの双星〈6〉銀河大乱前夜の章 (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウェスタディアの双星〈6〉銀河大乱前夜の章 (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ウェスタディアの双星〈6〉銀河大乱前夜の章 (電撃文庫)の作品紹介

シャムラバートの内乱に乗じ、ついに大国が動く!緩衝地帯の平和を謳い、共和国艦隊を出動させるルフェール。それはロアキアに格好の出兵理由を与えることにほかならない。銀河全体にきな臭い暗雲が漂い始めるのだった。ウェスタディアは大国の手先として翻弄されることは必至。双星はその野望を未然に防ぐため無謀な賭けに出る。それは共和国艦隊の到着前に、シャムラバートの内乱を収めるというものだった。だが、その前に血に染まりし聖者の異名を持つジャラールが立ちふさがる。双星を瞠目させるジャラールの将才に、ウェスタディア軍は壊滅の危機に陥り-。

ウェスタディアの双星〈6〉銀河大乱前夜の章 (電撃文庫)はこんな本です

ツイートする