シアター! (メディアワークス文庫)

  • 12590人登録
  • 3.94評価
    • (1241)
    • (2119)
    • (1218)
    • (125)
    • (23)
  • 1501レビュー
著者 : 有川浩
制作 : 大矢 正和 
  • アスキー・メディアワークス (2009年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048682213

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

シアター! (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • 小劇団「シアターフラッグ」―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員は十名に。そして鉄血宰相・春川司も迎え入れ、新たな「シアターフラッグ」は旗揚げされるのだが…。

    演劇の世界に全く無知な私でも、面白く読めた。
    演劇の経済事情を一から勉強する司が、演劇部外者である私の無知をカバーしてくれた。
    今まで利益に無頓着だった劇団員たちが、司の無茶とも言える条件に尻を叩かれ、半べそになりながらも、「やってやろうじゃないか!」と努力する姿。
    そして、彼らの尻を叩きながら戦略的に劇団を立て直して行く司の鉄血宰相ぶり。
    もう、面白い!の一言に尽きる。

    司の、愛ある罵倒の一言一言に、有川節が効きまくってて爽快!!

  •  演劇のことはほとんどわからないが面白かった。琴線に触れるフレーズがたくさんあった。仲間でひとつの目的に向かって全力疾走する楽しさと辛さが入り混じった感じがいい。やりたい夢を追いかけるだけなら貧乏を覚悟すればできるのかもしれないが、現実はそうもいかない。途中で諦めて夢は趣味にして仕事をするか、夢で食えるようになるしかない。 シアターフラッグに与えられた2年の期限はどっちに転ぶにしても悔いが残らない日々にしてほしいと願ってやまない。っていうか、オイラ自身がそれくらい何かに全力を出しているかのほうが大切かな。ネジ巻いていこう!

  • とても読みやすくておもしろかった。
    お芝居を見に行きたくもなるし、仕事の“やりがい”と、“現実(おかね)”のことについて振り返るきっかけになった。
    キャラがいい。世界観が心地いい。

  • 鉄血宰相・春川司がとにかくいい。
    ちょっとタイプは違うけれど、何となくエス的な要素や匂いが「富士見二丁目交響楽団」(秋月こお)の桐ノ院圭に似ている気がした。
    ひとつのものを作り上げていく集団の中でそこに係わることが出来ない疎外感を抱えながらも、自分に課せられた使命をしっかりと自覚し感情を表に出すことはない。
    夢に向かって周囲の状況が見えなくなりがちな人たちの中で、冷静に劇団経営を見つめている。
    普段はちょっとぽやっとしているけれど、演劇にかける情熱は誰にも負けなくくらいに熱い。
    才能もあって、人望なのか雰囲気なのか、劇団員たちにも好かれる性格で、経済観念が少しくらいなくてもいいじゃないか!!と思ってしまうような巧もかわいらしく思えてくる。
    たぶんこれって巧が主人公なのだろうけれど、思い入れが強いぶん、司が主人公のような気さえしてきてしまう。
    冷静でフェアな司の魅力がたまらなくよかった。
    けっして説教臭いわけではないけれど、有川さんの物語には人として大切な何かがいつも詰まっている。
    何かを全力でやったことがあるだろうか?
    自分に向かって問うてみると、それでも頑張った記憶はしっかりと残っている。
    もしもあのとき、頑張った結果が出なかったとしたら、やっぱり心は折れて諦めるといった選択をせざる終えなかっただろうなと思う。
    読み終わってまず思ったことは、「絶対にシリーズ化するだろうな」ということ。
    掘り下げればまだまだ面白い物語が出てきそうな題材がこのまま終わるはずがない。
    予想通りに続編が出たときには、迷うことなく手にしていた。

  • 有川浩の軽い口調の展開でスッキリ読めた。小劇団の運営模様をベースにそれぞれの人間模様を描く。素人の小劇団は赤字で当たり前という常識を、できる営業マンの兄貴が黒字化を目指す辺りが面白かった。それぞれのキャラクターがしっかり立っているので、スピンオフ作品や続編も十分行けそうな気がする。
    久しぶりに生の演劇が見てみたくなった。

  • いいな、有川浩さんって
    美しくも、厳しく思いやりのある兄弟愛。
    兄貴の冷静で事務処理能力の高い万能キャラ。
    読むしかない!

  • 2009年12月メディアワークス文庫。書下ろし。うまい設定、納得できる世界観で、楽しく読み進めました。読後の爽快感が貴重です。

  • 有川さんぽい人がいっぱい出てくる

  • 小劇団というマイナーな世界を、一般人の目で分かりやすく小説化している。図書館警察シリーズ自衛隊3部作や植物図鑑、阪急電車とその辺は同じコンセプトなんで、有川浩らしい小説だとは思う。

    ただ、文章が荒っぽいというかこなれてないように思った。誰目線かが分かりにくいんである。主人公司とヒロイン千歳目線の部分はまだ分かりやすいが、時々交じる巧や牧子の目線がややこしい。

    小劇団でモブを演ろうっていう目線を文字化したかったのかも知れないけど、そこは小説として割り切り、いっそ司目線だけですっきり書いた方が読みやすかったんじゃないかな?読みにくくて分かりにくい文章自体もアカンけど、それが有川小説であると考えると、個性すら殺してるようでちょっと戴けない。

    阪急電車で、あれだけ語り目線を変えても読みやすくて、しかもそれ自体を小説の根幹にできた作者なんだから、ジュブナイルだからと手を抜いたんじゃないだろうか?「万人に分かりやすいとっつきやすい演劇」をテーマに選んだのだから、そこらもうちょっと丁寧に書いて欲しかったぞ。

  • 楽しくは読めたけど、
    お芝居をやったことがある者にすると
    ちょっとだけ、物足りない感じ…。

    後半、畳みかけるようにアクシデント
    ・ハプニングが起きてくるけど、
    「舞台の上で起きたことは、舞台の上で処理」
    というのがお芝居の原則だと思うので、
    その畳まれ方があまりに当たり前。
    この登場人物だから、なんとかできたという
    感じがまるでしなかった。
    板の上にいたらフツーこう切りぬけるな…
    と思ったまんま、筋立てごと流れて行ってしまった。
    ソコ、もうひとひねり欲しかったな。

    それと、主人公が健康を気にするくだりが
    出て来て、ま・まさか…って
    やきもきしたんだけど、
    そのエピソードが回収できないまま
    なんとなく、全体にとって明るい未来の兆しで
    エンディングを迎えてしまった。

    このエピソードは、続編で回収されるのかな?
    不幸になって欲しいわけじゃない。
    できれば、乗り越えて欲しいけど…
    印象的なエピソードが放置されたままなのが
    気になるので、そのまま続編へ飛び込みます!!

  • 再読2回目。(初読は登録前に)演劇+有川さんの作品という要素で自分の中では「キケン」「三匹のおっさん」と同格の痛快小説と思っている。久し振りに読みたくなったので図書館で借りて読んだ。「鉄血宰相」の春川司のキャラがよい。ドSなセリフが可笑しくて外では読めない笑い方になってしまう。司が加わった公演は最後残念な結果になったが、先行きの見通しは明るいかという終わり方。2も引き続き読んでいきたいと思う。

  • またまた会社の人に貸していただいて読んでみた。
    今月も先月もずーっと借りた本ばかりだな(笑)

    有川浩先生の作品は、若いうちに読んでおくべきだったかなと思う。
    40過ぎのおばさんにはちょっとむず痒い。
    どことなく、ずっと学園祭のノリで、明るく楽しく、ちょっとトラブルがあったりするけど、最後はハッピーエンド的な、そんな雰囲気は悪くはないのだが、今ひとつ物足りなく感じてしまう。続きも借りてしまっているが、困ったなぁ。借りたからには読まないと。。。

  • おもしろかったけど、もう少し恋愛要素多くして欲しかったー。胸キュンなかったー。
    ツンデレな司がステキ。
    今後どうなっていくのかな?続きが楽しみ。

  • さすが有川浩。
    とても面白く、ほぼ一気に読んでしまいました。
    そして、続きが気になる。

  • 相変わらずの有川ワールド。

    会話や心理描写がベタベタだけど、だから幅広く伝わるんだなぁ。
    言葉のチョイスやキャラクターのセリフが基本的に皆一緒なのが唯一いつも気になる点。でも設定や構成が充実しててどんなジャンルでもほんとうに読み応えのある内容。

    今回の演劇もおもしろかった。
    続き早く読みたい。

  • 売れなくても良い、楽しければ。
    そんな気持ちが溢れている劇団、シアターフラッグ。立ち上げた巧はもちろん、メンバーも学生サークルの延長の感じでのらりくらりやってたけど、売れっ子声優の千歳の登場で環境が激変する。

    300万円2年で返せなかったら解散。
    いきなり現実を突き詰めた巧の兄、司。
    司の熱血宰相ぶりにフラッグの面々も少しずつ変わっていく。

    取りあえず読みやすいのですが、だいぶ甘さ控えめなので有川さんのベタ甘を求めて読むとちょっと物足りないかも。
    ちょいちょい恋愛的要素も見え隠れしてるので、続編は甘くなるかしら??(笑)

  • 続きが気になる終わりかたではあったけれど、
    やっぱりひとつのものを大勢で創りあげていく過程って、青春だなぁと思う。

  • 安定の読みやすさだけど、結構軽め?
    お得意の恋愛模様は今回は薄めですね。
    知らなかった劇団用語も出てきたり、演劇見に行きたくなった。

  • 面白かった。お兄さんかっこいいです。
    さすが有川さん。読み始めたら止まらなかったです。

  • 読了。ライトノベルだからか有川浩だからかはわからないけれどとにかく軽快に読める作品でした。ほんとに面白かった。これまで舞台というものに全く興味がなかったし寧ろ嫌悪しているくらいであったけれど、一度見に行ってみたくなった。
    この人の文章にストレスがあるとすれば表現を知っている自分を好き過ぎる点かもしれない、キーワードでもないのに同じ比喩が何度も使われるのはわたしにとっては結構ストレスなのでそれは残念。

  • メジャー手前の小劇場系劇団のバタバタ。貧乏上等の手売り劇団のリアリズムが沁みます。
    モデルになった劇団はあるようですが、他の劇団関係者から評価は低いけど、集客は悪くないといったところは、イメージ的には劇団新感線がメジャーになり損ねた感じの劇団でしょうか?

全1501件中 1 - 25件を表示

シアター! (メディアワークス文庫)に関連する談話室の質問

シアター! (メディアワークス文庫)に関連するまとめ

シアター! (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

シアター! (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シアター! (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

シアター! (メディアワークス文庫)の作品紹介

小劇団「シアターフラッグ」-ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員は十名に。そして鉄血宰相・春川司も迎え入れ、新たな「シアターフラッグ」は旗揚げされるのだが…。

ツイートする