[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)

  • 1036人登録
  • 3.83評価
    • (110)
    • (213)
    • (118)
    • (22)
    • (9)
  • 167レビュー
著者 : 野崎まど
制作 : 森井 しづき 
  • アスキー・メディアワークス (2009年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048682695

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
米澤 穂信
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)の感想・レビュー・書評

  • サイコミステリとサイコホラーとかサイコスリラーと言った方が良いのか。青春モノらしい軽妙な会話に、それとなく仕組まれた不穏な空気感がラストに向かって爆発し、恐怖と歓喜の入り混じった奇妙な感覚に襲われた。

    主人公二見が絵コンテに引きこまれていったように、感情移入とはまた違った作品への没入感を味わった。

  • 学生映画制作サークルのお話。
    ほんのりミステリー。

    とても読みやすいです。特に後半はハイペース。

    どう天才でどうすごい作品なのか、がもう少し明確に伝わってくれば更に面白く感じたと思います。
    作中でその部分が自己解決してしまっていたのがちょっと勿体無い気がしました。

    それでも最後にどうなるのかがとても気になって手を休む事無く読みきれるのは凄いと思います。

  • 一人称視点でのストーリー構成が面白いです。ミステリーのような風格も持っており、物語の内容に引き込まれました。最後は余韻を残されて締めくくられていますが、この小説としてはとても深い考え抜かれたラストだなあと思いました。

  • 途中までは 最早のどこが天才なのか
    わくわくして読むのですが
    最後は しーんとした
    恐怖が襲ってきます
    でも 二見君が
    最後まで 映画を見れるのを
    喜んでいた気持ちがわかるなぁ

  • ・印象的だったシーン
    ラストの映画館での会話シーン。最原さんの狂気をひしひしと感じた。
    ・感想
    久々の再読。最初は普通の青春ドラマかと思ったら、途中からだんだんサイコホラーの要素を帯びてくる所にゾッとした。

  • はぁー面白い! 冒頭で映画制作キャンパスライフが始まるのかと思ったら違った。映画制作するしキャンパスライフするのも間違ってはいないんだけど。
    Web漫画『映画大好きポンポさん』も映画愛に溢れたドープな傑作だったけど、これもまたすごい傑作でした。普通の映画じゃない、超常的な映画、神様の作った映画についてのお話。映画制作の過程がある種物語の上でのトリックというかギミックとして使われていて、そういうところにも愛がある。
    愛がある作品というのはいいものだと思う。

  • 「試写-II」まで読んで「ハッピーエンドだね。よかった、よかった。」と思いつつ「残りページ数が割とあるけど。」などと考えていたら。

    いったい私は何を読まされたのだ……?という気分。
    青春モノのような冒頭からホラー? SF? ミステリー? とジャンルを定義するのを戸惑う展開。「ジャンル:野﨑まど」という評判はコレかあ。

    p22やp91の表現はこういう小説だからこそできるのだと思うし、非日常感にゾワゾワとして好きです。最原さんと二見くんの漫才のような会話と合わせて、西尾維新さんの「戯言シリーズ」に触れた身としては懐かしさを感じたり。

    最原さんという天才に翻弄され、どんでん返しに眩暈を起こすのが楽しかった。
    読了後に頭に戻って再読し、「最近、映画の見方が変わってきた気がする」とか「入学時はクールなキャラのロールプレイ中だった」とかの記述には恐怖を感じて思わず本を投げ出しそうになりました。ふ、二見くんの人格が……

  • アニメ『正解するカド』から著者に興味を持ち読んでみた。ミステリともSFとも括れない、すごい話だった。ちょっとラノベっぽい会話文が若干苦手だが、ストーリーに引き込まれて一気読み。

  • 個人的点数: 72点

    野崎まどさんのデビュー作。

    この作品を見る前に同著者の「know」を読んで面白かったのでデビュー作品も読んでみようと思いました。

    最原最早と二見遭一のやり取りが面白かった。最原最早のボケに二見遭一のツッコミが読んでいて心地よかったです。

    全体的にすらすらと読むことができて2時間ほどで一気読みしてしまいました。

    「know」の時もそうでしたが終わりがブラックというか何とも言えないような感じになっているのは野崎まどさんの特徴なのかな。

    ハッピーエンドではないが決してバッドエンドでもないような終わり方は独特で癖になりそうです。

    最原最早の作った映画を見ていたいような見てみたくないような、そんな気持ちにさせられました。

    2017.3.08  読了

  • テンポが良いが、ミステリなのかホラーなのかよく分からない。
    ミステリだと思って読むと現実的ではないと批判があるだろうし、
    ホラーだと思って読むとまあまあなのかもしれない。

  • 友人にのざきまどさんを絶賛されたので、その第一作を読んでみました。

    好きな世界観です。キャラクタが魅力的。天才少女ってのに弱いのかも(笑)

    ミステリであって、すこし非科学的な結末で押し通していたのですが、これは好みのわかれるところかな。オチは、少し辛い感じでした。

    今後の作品でいろいろと展開していくそうなので、楽しみです。

  • 気が付いたらとりつかれた様に読んでた描写とか、最後のどんでん返しとか、思い返して鳥肌が立つくらい。

  • テンポもよく内容も面白いので一気に読めました。

    ラストに向かってなるほどそういうオチか、と思って読んでたらそこで終わりではなく「うわぁあああぁぁぁ」と思わず叫びたくなるようなラストでした。

    結構衝撃的な作品。

    他の作品も読んでみたいですね。

  • こういうゆるーいラノベ口調やこそばゆいやりとりはあまり好きでは無いが、その背後にあるミステリ要素は非常に面白い。
    天才の思考の捉えどこの無さや不気味さなどホラー的な味わいがあって良いですね。

  • 野崎まどの原点にして最高傑作。どんでん返しのお手本みたいな作品

  • 大学生が自主制作映画を作ってわちゃわちゃする話・・・
    だと思って読んでいてほしい。

    最後にゾクッとします。

  • まず、よくできた面白い話だなという感想。芸大生による自主映画の作成を軸とした青春ストーリーとして進んでいきますが、それだけではおわらず予想外の展開に。キャラの軽快なやりとりを楽しみながらすいすいと読んでいくうちに雲行きが怪しくなってくる。変わっているが可愛いらしい一人の天才の行動に、違和感と不穏な空気が積もっていき、最後には驚愕の真相が明らかになる。
    サスペンス、SF、ホラー的な要素もありながら、天才が何を考えているのかという謎が明かされていく驚き、騙し絵のように真相が隠された物語構成は、何よりミステリ的。
    キャラのコミカルなやりとりには正直微妙なところがあるかなとは思いました。読み終わって考えてみると、あれ、なんでこれ周りが違和感を感じないの?と思うような強引さもありますが、一人称であることも考えるとなんとでも解釈できるのかもしれません。また、天才の手法はどこまで適用できるのか、作中ではどこまで(他にだれかには?)適用されていたのか、などといろいろと考えたくなる作品です。

  • 天才少女を巡る人々の青春小説かと思っていたら、ミステリーだった。いや、例によってジャンル分けにたいした意味は無いが、この、読んでいる作品が変質していく感覚は、もしや著者の十八番なのだろうか。いや、本作はデビュー作だが。恐るべき能力。大学生の自主制作映画というモチーフも、個人的には思い入れがあり面白みを増した。映画の「意味」と「価値」を突き詰めていくような流れが、娯楽とは、と熟考させる。とにかくテンポ良く読みやすく軽妙で軽快、なのに心に引っ掛かる文章。ただ面白く読んでも良いし、考えさせられもする秀作。

  • あなたはミステリを愛していますか?
     映画制作に参加することになった芸大の主人公。監督を務めるのは・・・天才少女 - 最原最早。
     まず難点を挙げると、天才の表現の仕方。恐ろしいものだということは伝わりますが、具体的に何が凄いのかよく分かりません。作品の評価を二分するところだと思います。逆に特筆すべきはエンドロールで、種明かしには目眩がしました。悪魔的な展開、大胆な伏線、短い話のなかで、ミステリの美味しい部分をぎゅっと詰め込んでいます。
     青春小説であり、ホラーでもあり、SFとも言える作品。読み手によってまた違った印象を受けそうです。

  •  天才監督と称される女性に主役として指名された大学生が、学友らと映画を制作することとなった。だがその作品には深い意味が込められていて――。

     最初はラノベチックな冗談めかした会話となごやかな雰囲気の場面が続くが、徐々に制作している映画の裏に潜む意味を解き明かそうとする、ミステリー的な要素が増え始める。そして最後、予想を裏切られる結末。おもしろかった。個人的には二見と最原のボケツッコミが漫才っぽくてお気に入り。

  • ≪この小説はきっと,野崎さんという天才の隙間から染み出した仄かな明かりでしかない≫




    あ,感想ですか?
    読めばわかります.
    読まずにわかるように説明しましょうか?
    では,本書をご用意ください.
    私が隣で読み聞かせてあげます.
    ただ読んだだけの私には,なかなか説明しづらいものでしたから.
    漂うように読んだだけでしたから.
    あなたの感想を,私は聞きたいな.
    明日の昼ご飯の参考くらいにはしますから.

  • 一気に読んだ。

    作品の善し悪しではなく好みになるけれど、私の好みではあまりなかった。ストーリーが、というよりも文章が。誰にも感情移入はできなかったからか、結末もそうなのかーと流してしまうというか。

    文字なり映像で人の脳を支配する、というホラーでもある設定が元々あんまり好きじゃないというのもあるのかもしれないなあ…。
    面白くなかったわけでは決してなくて私の好みではなかっただけなので、別の作品を読んでみたいと思う。

  • 読もう読もうで3年経ってやっと読みました。
    久しぶりのコメディ小説。楽しかったです。

    野崎まどの他の作品は読んでいたので、ああ、お前ってこういう奴だったな。って展開で終わりました。

    主人公、最初から殺される。
    映画の部活。
    映画監督の最早の彼氏が事故死。
    彼氏がシナリオを書いていたから、映画をとりたいと、彼氏に似ていた俺に話が来る。
    映画のコンテをみると何十時間と世界に引き込まれる。
    最早の作る映画は、人格をも変えてしまう。
    映画が完成した途端、最早は失踪。
    俺は最早がなぜ失踪したのか突き止める。

    最早の映画は人格をも変えてしまう。
    最早は俺を死んでしまった彼氏に変えようとした。
    そして、一緒に撮影している間に気持ちが変わり、俺の代わりを探しに失踪。
    俺は人格を変えられてもいいと覚悟で人格が変わってしまう、最早が作りたかった映画を作った。

    結局、その映画は最早によってみることを止められ、2人は付き合うことに。
    翌日、映画のデートに行って最早から告げられる。
    君は死んでいる。私が殺した。
    風邪で寝込んだ時、ワザと君が見るように、みんなで作った月の海の本当の映画、アムリタのコンテを置いた。
    もう一つ、最早が高校で作った映画を、医院生と名乗る女に見せられた。
    これで最早のシナリオ通り、俺がアムリタを作った。
    そうして、今から最早が作った映画で、俺は生き返る。

  • 評価:☆5

    自主制作映画に参加することになった芸大生の二見遭一。その映画は天才と噂されるつかみどころのない性格の女性、最原最早の監督作品だった。

    変わった彼女と主人公とのどこかずれた軽妙なやり取りを中心とした笑いのセンスは野崎まど劇場にも通ずるものがあって笑えたww

    だが本作の見所はそこではなく(そこも魅力だが)、天才、最早の常軌を逸した天才ぶりにある。
    それは感動や称賛を超えて畏怖を感じさせ、狂気とも言える真相にぐいぐい引き込まれた。

    最後の最後まで予想出来ない展開に進んでいくので読んでるときの緊張感が半端じゃなかった。
    後味的にはもっとスッキリする作品の方が個人的に好みではあるんだけど、それ以上に惹きつける魅力があった。


    「映画を見て、人生を過ごしたのと同じだけの感動を与えられればいいんです」
    "その仕事、その振る舞い、その思考。彼女なら僕らが想像もつかないようなことをするかもしれない。できるかもしれない。それだけが僕らを不安にさせた。"

  • 大学の映画学科に在籍する二見遭一(ふたみ・あいいち)は、画素(かくす)はこび、3年生の兼森(かねもり)さん、そして1年生で「天才」の呼び声の高い最原最早(さいはら・もはや)とともに、『月の海』という自主製作映画を撮ることになります。

    この作品は、最早の元彼で、交通事故で亡くなってしまった定本由来(さだもと・ゆき)の遺作を、最早が絵コンテに仕上げたものだとのこと。初めて最早の絵コンテを見た遭一は、丸2日以上、その作品に魅せられてしまうことになります。

    撮影は順調に進み、その一方で遭一は、類まれなツッコミスキルを活かして最早との交流を深めていきます。ところが、撮影の途中で、最早が風を引いてしまいます。画素さんとともに最早の見舞いに訪れた遭一は、彼女の部屋で『アムリタ』という、『月の海』とほとんど同じ内容の絵コンテを目にします。

    その後、撮影・編集は無事に終わり、『月の海』が完成しますが、その後最早は失踪してしまいます。そんな中、西医科大学の院生をしているという篠目ねむという女性が、遭一たちのサークルを訪れます。彼女は、最早の作った作品には特殊なサブリミナル効果があることを発見したと遭一に告げます。このことがきっかけで、遭一は最早の本当の狙いに気づきます。じつは彼女がほんとうに作りたかったのは、『アムリタ』であり、『月の海』の撮影はその口実にすぎなかったのではないか。そして『アムリタ』は、見る者の人格を定本由来に変えてしまう効果があったのではないか。しかし彼女は、『アムリタ』を人に見せることをためらい、失踪したのではないか。遭一は最早の部屋に残された絵コンテを使って、『アムリタ』を完成させます。

    そして彼は、最早に『アムリタ』の完成を報せるメールを送ります。彼の報せを受けてやってきた最早に、遭一は自分が『アムリタ』を見て、彼女の愛を受け入れる決意をしたことを告げます。そんな遭一の決意を知り、最早は『アムリタ』の上映を中止させ、2人は結ばれます。

    こうしてめでたしめでたし、と思いきや、最後にとんでもないどんでん返しが仕掛けられています。ただ、それが作品全体にとってどのくらいプラスになっているのか正直なところよく分かりません。その直前で締めくくりになっていても、本作の評価は依然高いものになっていたはずだという気もします。

全167件中 1 - 25件を表示

[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)に関連するまとめ

[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)を本棚に「積読」で登録しているひと

[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)の作品紹介

自主制作映画に参加することになった芸大生の二見遭一。その映画は天才と噂されるつかみどころのない性格の女性、最原最早の監督作品だった。最初はその天才という呼び名に半信半疑だったものの、二見は彼女のコンテを読み始めた直後にその魅力にとりつかれ、なんと二日以上もの間読み続けてしまう。彼女が撮る映画、そして彼女自身への興味が二見を撮影へのめりこませていく。そしてついに映画は完成するのだが-。第16回電撃小説大賞"メディアワークス文庫賞"受賞作。

[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)のKindle版

ツイートする