空の彼方 (メディアワークス文庫)

  • 628人登録
  • 3.75評価
    • (53)
    • (93)
    • (78)
    • (11)
    • (4)
  • 70レビュー
著者 : 菱田愛日
  • アスキーメディアワークス (2010年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048682893

空の彼方 (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  •  防具屋シャイニーテラスの女主人、ソラとシャイニーテラスに訪れる兵士たちの姿を描くファンタジー。

     世界観はRPGゲームに近いものの、基本的にソラとそのお客たちの会話が中心となるのでファンタジー色はそこまで濃くないです。

     とある理由により店の外に出ることのできないソラ。そのため彼女は防具を売った客にある約束を交わし、そして「いってらっしゃい」と声をかけます。

     この「いってらっしゃい」という言葉と防具が結び付くのがこの本です。「いってらっしゃい」はそれ単体だと宙ぶらりんの言葉だと作中であります。「いってらっしゃい」があり「おかえりなさい」という言葉があってこそ、この言葉は成立するのです。

     そしてもちろん、おかえりなさいためには帰ってくる必要があります。無事に帰ってきてほしいからこそ、ソラはそれぞれにあった命を守る防具を売るのです。

     世界観に文章、そして登場人物たちの思いの優しさが温かい小説でした。

    第16回電撃小説大賞選考委員奨励賞

  • ファンタジーなんだけど、戦う方じゃなくて、待つ方の視点。他の物語じゃ一瞬の描写かもしれない、書かれないかもしれないけど、だからこそ、本物のファンタジーなんだなぁ、って思います。
     防具屋の主ソラの視点と、そのお店で人々が思い出しながら語る冒険は、瞬間のスリルこそ少ないけど、より考えや気持ちがこもってて読み応えがあります。

  • 「いってらっしゃい」
    「いってきます」
    「ただいま」
    「おかえり」
    ただそれだけを言うために。
    ただそれだけを聞くために。

    待つことしかできないけど、待つことならできる。
    帰るべき場所を、守り続ける。

    と、なんだかただただ待ってるだけのようなことを書きましたけど、それだけじゃないですよね。
    彼女はただ待つだけじゃない、言うなれば「能動的に待つ」のです。
    防具を作り、手渡し、それにより一緒に戦う。
    防具を作ることで、一緒に旅をし、彼らの身を守り、そして彼女が待つ、その場所へ帰ることを手助けする。
    受動的になりがちな、待つことを能動的にする。
    積極的に待つ。

    同じ防具を使う仲間によるネットワーク作りも、能動的待ちのひとつの策。
    同じ防具を使う仲間同士が助け合えば、それぞれが生き残り、帰ることができる可能性が飛躍的にアップすることは確実。

    すべては待つために。
    帰りを待つために。



    最初、なんだか硬い文体だなと思っていたのですが、なんだか途中からこなれてきたのか、それも気にならなくなりました。

    剣と魔法の世界を舞台とするファンタジーなのだけど、戦闘シーンと呼べる戦闘シーンはほぼ出てこない。
    それもやはり、この作品のテーマを表してるのかなと思ったりします。
    すべては帰るために。

  • あたたかい気持ちで読める。
    戦闘シーンが直接出てこないので静かで安心できるファンタジー。

  • 日光に弱く外に出ることのできない防具屋の女主人と、旅の話をするお客たちの話。
    元貴族の用兵、弟が処刑されたハンター、女騎士の話を進めながら、それぞれの行動がひとつの事件に絡み合う。行方不明の幼馴染の死が明かされ、防具のみが帰還する話。
    やさしい雰囲気に乗れて、よい。

  • 綾崎隼さんの吐息雪色の中で読まれている、と綾崎さんが話されていたのが気になり購入。
    (綾崎さんもオススメされてました)

    RPGで遊んだ経験があるせいもあり、
    なんだか読みやすく、
    戦闘シーン等もなく、ただただ待つことしかできない視点は面白かったと思います!

  • 私としては、これ、すごい王道なファンタジーに感じました!
    なんか、ファンタジーといったらコレ!みたいな小説です!RPGっぽいです!!

    どこかブレイブストーリーを彷彿とさせます!!

  • 小さな路地にある、誰かに紹介でもされない限り分からない防具屋。
    そこの客となるには、主人との約束を了承せねばならない、という決まり。

    プロローグは、過去と、初めてのお客さんと店主と
    店のルールについて。
    そこからは連続短編集のように、3人の人物が
    店にやってきて話していく。

    少年と軍人の繋がりはうっすらと分かったのですが
    冤罪で捕まっていた彼については、どう繋がるのか。
    首を傾げていたら、きれいに繋がりました。
    だからなのか、と。
    ヒントはあったのに、まったく気が付かないのは
    どうなのでしょう?w

    当人にとっては緊迫感のある状態が続いた事でしょう。
    しかし体験した本人の口から語られているので
    確実に帰宅できた、という終点のおかげで
    ゆっくりと聴く事ができました。
    物語なのですが…なんだかこう、童話に近いものを読んだような?

    鳥かごにいる少女。
    ドアから外に出るか、中のままでいるか。
    選ぶのも自由、というのに頷けます。

  • イメージでいうと、闘神都市IIIだったのだけど、戦争時代のお話でした。

  • ネタはすごくいい。雰囲気も好き。
    ただちょっと、作者の癖なのか、それとも単に未熟なのか文章が下手というか何と言うか…今見たら二巻以降もあるようなので、縁があれば読みたいとは思う。

  • 【再読】

    続きを読むために再読。

    雰囲気がふんわりしていて好き。
    「待っている」ソラに話す
    という形だから
    戦いなどがあっても
    どこか落ち着いている感じがした。

  • いい意味で文章は難しくない。章が変わると視点が変わるのも愉快な混乱をもたらしてくれる。
    全3巻あるようだけれど、続きを読むか難しいところ。

  • 全体を通して透明感があり、好きな雰囲気でした。でもソラの容貌の表現が毎回あって少ししつこかったかも。
    想像通りのラストでしたがまとまりはきれいでした。上手くまとまりすぎて続編はいらないんじゃないかな。

  • とても心があたたまる作品。愛に溢れている

  • 心洗われるファンタジー。こんなにも温かくて優しくて美しいお話。
    「いってらっしゃい」は、「おかえりなさい」で完結する。
    帰る場所があるということ、待っていてくれる人がいるということ。
    それはとても幸せなこと。
    待つ人は、帰って来てくれる人がいることがとても幸せ。
    「おかえりなさい」と言えることが幸せ。例え、本人に直接でなくとも……。

  • 待つことしかできない防具屋に焦点を当てたラノベ.とある理由により地下に引きこもりの美少女防具屋と,意外にガッツのある元貴族の組み合わせで,かなりゆるふわな内容だった.軍人とか傭兵とかが前面に出ているので剣や打撃の世界観と思いきや,魔法の込められた道具が出てきたり妖魔が出てきたり,果てはトラップのある遺跡が出てきたりと,世界観は若干イメージしづらい.けど,とにかく内容がハートフルなので,気にしなければ問題無いと思う.

  • 小さな路地裏に隠れるようにある防具屋「シャイニーテラス」。
    その防具屋の主人ソラとお客さんとある約束をかわす。
    生きて帰り、旅の出来事を語ってもらうこと。

    読んでいて心がほっこりします。
    だけど、メディアワークス文庫の弱点というかなんというか挿絵が一枚もないのでちょっと情景が思い浮かんでこない。
    特に世界観は日本でないし、現代でもないので挿絵をはさめば店の情景や登場人物へ深く入り込めるような感じがした。

  • 2009年2月とうじの日記転載

    今月17冊目、「空の彼方」読了です。

    なんか順番おかしいですが、プシュケの後に読みましたw
    評判に違わぬ良作でしたねえ…

    全然関係ない話ですが、エヴァのTV版最終回の「不自由をやろう」ってのを思い出しましたwあのシンジくんが白紙に描かれて、線とか色々足されていく奴です。

    囲われた世界から見る外の世界の自由はあこがれの対象ですが、結局は別の不自由が待ち受けていてもっと大変だったりします。
    つーか大概予想以上に大変ですよね。

    自由に憧れるのは10代の特権だと思ってるのですがちゃんと先の苦労も把握したうえで自由を唱えている子たちはどれくらいいるのでしょう。
    まあ、本当に心からその「自由」を求めている人ならば、そんな苦労も些細なことなのでしょうが。

    僕はたいして考えもせず自由を求めていたタイプです。
    いや、考えてはいましたね。ただ、見通しが甘いというか思慮が足りないというか…ww

    皆さんはどーだったんでしょうか?



    ………つーか小説の内容に触れてねえ!w

  • 一人の防具屋の女主人と、貴族という身分を捨てた青年の物語。
    とても後味が良く、何度も読みたくなる一作。

    誤字が多いのが、少し残念かも。。

  • 優しいお話。

    傭兵とか防具とか出てくるけど、血生臭い生々しい感じは一切なし。


    疲れたときに、読みやすく、優しい気持ちになれる☆

  • いってらっしゃいとおかえりは大事だね

    Playing きみの知らない世界

  • あとがきがわりと面白かったです。私は本編だけじゃなくって、あとがきまで楽しめると得した気分になります。

  • なかなかに面白かった。
    シャイニーテラスというお店を中心にそこに出入りする人たちの連作短編集、といったところでしょうか。
    短編小説って人物設定というか、性格設定が読み切れないときが多いけど(つまり登場人物が魅力的でない)、この小説はそんなこともなく面白かった。
    アルフォンスとソラの心地よい距離感が好き。

  • 今まで読んだことのないパターンでよかった
    続きがあるみたいだからまた読んでみようと思う

  • 何だか心の温まるお話でした。お店のルールが素敵です。まったく関係のない人たちがソラの店の客というだけでソラの願いの為に動く姿はよかった。やや文章は荒削りな気もするけれどぐっとくる台詞もたくさん。衝動買いでしたが後悔はしてません。

全70件中 1 - 25件を表示

空の彼方 (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空の彼方 (メディアワークス文庫)の作品紹介

小さな路地に隠れるようにある防具屋「シャイニーテラス」。店の女主人ソラは、訪れる客と必ずある約束をかわす。それは、生きて帰り、旅の出来事を彼女に語るというもの。ソラは旅人たちの帰りを待つことで世界を旅し、戻らぬ幼なじみを捜していた。ある日、自由を求め貴族の身分を捨てた青年アルが店を訪れる。この出会いがソラの時間を動かすことになり-。不思議な防具屋を舞台にした、心洗われるファンタジー。第16回電撃小説大賞"選考委員奨励賞"受賞作。

空の彼方 (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする