実録・日米金融交渉 (アスキー新書)

  • 10人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 松島令
  • アスキー・メディアワークス (2010年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048683548

実録・日米金融交渉 (アスキー新書)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    プラザ合意からすべては始まった!元大蔵官僚の作家が見た日米金融攻防戦の内幕。
    1985年9月22日。
    ニューヨーク、プラザホテルで行われたG5において、ドル高修正のための為替相場への協調介入が合意された。
    それは、アメリカが日本を狙い撃ちにした、史上最大の理不尽な国家投機戦の始まりだった―。
    四半世紀にわたる日米間の金融経済における熾烈な鎬の削り合いを確かめながら、「アメリカ合衆国日本自治州」の実態を検証する。

    [ 目次 ]
    第1章 プラザ合意の屈辱(プラザ合意;金融自由化~金融ビッグバン ほか)
    第2章 アジア連鎖金融事変(証券金融不祥事件 1997年~1998年;アジア通貨危機 1997年~2000年 ほか)
    第3章 アメリカ合衆国の沈降(本邦メガバンクの誕生 1999年~2006年;サブプライムローン問題―失墜劇の予兆 2007年7月~現在 ほか)
    第4章 世界大恐慌(米国からの『海外資本逃避』(信用失墜) 2007年7月~現在 米国式国際金融システムの崩壊 1940年~現在 ほか)
    第5章 拡大再生産の終焉(拡大再生産の終焉;財政金融政策の欺瞞 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ま、面白い。公務員が大きな仕事を誇っている感じ。見方を変えれば単なる勘違い野郎ですが(爆)。為替の一面は勉強になりました。

全2件中 1 - 2件を表示

実録・日米金融交渉 (アスキー新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

実録・日米金融交渉 (アスキー新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

実録・日米金融交渉 (アスキー新書)はこんな本です

ツイートする