輪環の魔導師〈7〉疾風の革命 (電撃文庫)

  • 173人登録
  • 3.53評価
    • (3)
    • (15)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 渡瀬草一郎
制作 : 碧 風羽 
  • アスキーメディアワークス (2010年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048684620

輪環の魔導師〈7〉疾風の革命 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 7巻
     内乱に巻き込まれるセロ達。
      そして、協会と魔人達の暗躍。

     捨てられた寺院での協会と魔人の壮絶な戦い。

     そして、絶体絶命の場面に登場!!

     ここまで、次巻に続き!!

     相変わらず、達者な展開で話はどんどん進みます。
      過去の話で設定を説明しながら、現在の話も進みます。

  • 王道ファンタジー! 複数の登場人物の思惑を絡めて壮大な展開につなげる手腕は、この作家だからできること。

  • 今回の舞台は主にサイエントロフという大国です。
    この国では現在、ルーダ族がナクバ族を迫害しており、
    そのような現政権に対して反政府組織が反乱を起こしています。
    この反政府組織に魔族が味方をし、政府側に聖協会が援助を行っているという状況の中でアルカインたちがどのように立ち回るのか?
    魔族や6賢人たちの立ち位置が複雑になっていく中で注目されるところです。

    前半の楽人シェリルの空中庭園でのほほえましい話とは一転、後半はシリアスな展開となります。
    窮地に現れた思わぬ援軍。一番盛り上がってこれからだというところでお話は次巻に続きます。
    自分はこの巻の後半部分が今までのこのシリーズの中で一番面白かったと思いました。
    次巻もこの終わり方から考えて絶対面白いと思うのでとても楽しみです。

  • 「賢人」の賢いの文字が愚かに見えてきますが、過去の英雄達の闘いの意味がわかるときにはセロのお父さんの真の目的もわかるだろうし、今後の展開が楽しみすぎる。今回はラストのアルカインの大見得の為に丸々一巻使ったのではと思わせる盛り上がり方でした。神々が『パラサイトムーン』に繋がるとすれば…、という期待も込めて楽しみは深まるばかり。

  • いかにもっぽいファンタジー世界からだんだんきな臭くなってきた!うふふふ、こうでなきゃ。世界と各人の動きもさることながら、ヒーローヒロインの謎が見えそうで見えないとこもどきわくです。

  • アルカイン・シェリル組、聖教会(ロンドロンド騎士団)、魔族と、敵味方の構成が複雑になってきた。<BR />心情的には魔族味方だよなぁ。南天将や工人も出張ってきて今後どういう展開になるのか分からんな。<BR /><BR />大罪戦争とその英雄も絡んできて物語としてもいよいよ面白くなってきた。<BR />ルチアナはなんとなくイメージついても後は謎だな。<BR />ここらへんどうとでも話が広がりそうでwktk<BR /><BR />・セロがアルカインにそのことで同情すると、逆に心配げな眼差しが返ってきた。"僕より君の方が……いや、なんでもない"<BR />・「……ルイス。勝てそう?」「無理だね、姉さん。撤退だ」

  • 割とオーソドックスな魔道具ファンタジー7冊目
    おとうちゃん北天将がやたらと強く、聖人サイドが怪しくなって、主人公を擁する黒猫チームがだいぶしんどくなっている感じ。
    そして輪環の記憶がだいぶ染み出してきて、この厳しくなった状況の対抗策があるとしたらこのあたりかと。
    魔人の行方も未だしれないし、もう少し広がる展開があるのだろうなあ、というところ。

  • 第7弾。サイエントロフの内乱に関しての序章かな。セロの魔道具が大昔の大罪戦争の英雄の夢を見させてくれるなど謎が多くまだまだこれからの巻。

  • 謎の魔道具を巡って、3勢力が相対する事に。セロと大罪戦争の英雄との関係が明らかになる。

  • 前巻でエルフール編が終了して、今回からサイエントロフ編に入りました。
    本巻ではまだまだ序章といった様相ですが、魔族対聖教会が基本構図で、どちらかと言うと聖教会側の方が悪として描かれています(魔族も決して正義ではないですが)。
    アルカイン率いる魔人の弟子たちは、今回は基本的には様子見。

    各勢力の思惑などがちらちらと見えてきましたが、まだまだこのお話は長そうです。

  • 2010/04/14:アルカインのイラストが可愛すぎます!
    ルナスティアについつい共感してしまいます(笑)
    どうやって気づかれずに寝床に引きずり込んだのかしら?
    ラストも本当に格好いいです。

  • フィノは相変わらずフィノ、でも話的にはずっと魔族のターン

  • 2010/04/10
    ⇒まんだらけ 367円

    温度差を感じる。

全13件中 1 - 13件を表示

輪環の魔導師〈7〉疾風の革命 (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

輪環の魔導師〈7〉疾風の革命 (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

輪環の魔導師〈7〉疾風の革命 (電撃文庫)の作品紹介

"聖人"クラニオンの不穏な動きにより、六賢人の関係が軋んでいく中、大国サイエントロフに内乱の兆しが訪れる。"楽人"シェリルに保護されたアルカイン達は、浮遊庭園からその調査に乗り出すが、その地には魔族の影も-そんな中、セロは自身の見る夢の内容が、大罪戦争の英雄達と深く関わるものであることに困惑を深めていく。反乱軍に協力する魔族、そして内乱への介入を決めた聖教会。様々に入り乱れる各勢力の思惑を前に、アルカイン達が選ぶ道は-!古き戦争の記憶と世界の関わりが見え始める、激動のシリーズ、第7弾。

ツイートする