魔界探偵冥王星O―ペインのP (メディアワークス文庫)

  • 137人登録
  • 3.09評価
    • (3)
    • (8)
    • (14)
    • (7)
    • (2)
  • 21レビュー
著者 : 越前魔太郎
制作 : KeG 
  • アスキーメディアワークス (2010年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048686594

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
舞城 王太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

魔界探偵冥王星O―ペインのP (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 発売日に買ったのを今更読みました。
    冥王星0シリーズなんですねー全く知りませんでした。
    他のも読んでみたいです。

    どことなくホリック(CLAMP)風味のお話。
    寓話を元に構築されたお話がミステリアスで素敵!!

    何より姉妹が可愛い!!!主人公も良い感じにラノベ主人公!!

    最後の展開は思わず叫びました。
    最初がエピローグだったので返ってくるのか、もしくはループか……
    と思って読んでいたのですがそうくるか、と。

    これから幸せ?に過ごす3人が想像できるラストで大満足です。

  • メモ:折口良乃

  • ちょっとなんていうか、読んでいて違和感が拭えなかった。著者のデビュー作かと思ったけど違うみたい。
    こういう狙いすぎなのは好きじゃないのかも。

  • 『冥王星O』シリーズ第4作目(『フィータスのF』を除く)。

    ラノベラノベしていて辛い。でもラノベだからしょうがない。

    「バカで無能なくせにたまに『こいつを守るのは自分だ!』とか騎士道精神に目覚めてみたりするものの基本ヘタレ(なのになぜか周囲の美少女からは恋心を寄せられる)の中高生男子」の一人称パートにイライラ。
    「うん、……」と「……なのだけれど。」の繰り返しが鼻について鼻について。

    【彼ら】によって感覚を奪われる、とか、余剰な感覚を押し付けられる、とか、これまでの冥王星Oが持ち得なかった異能で戦うという設定は大好き。

    シリーズ関係なく楽しめます、という声がある一方で、だからこそシリーズじゃなければ読みませんでした、と意地悪く言ってみる。

  • かなりラノベという感じで読みやすかった。ラブコメ風味。

  • あれ、冥王星Oだよね?てぐらい今までの3作とは違った話。
    そもそも視点が冥王星Oではなく普通(?)の男子・日野遼一で「痛み」を武器に【彼ら】戦う姉妹を中心に話が進んでいく。
    てか前もよく考えたら最初は冥王星Oじゃんかったんだからこれ言うのはネタバレじゃないのか・・・?
    まぁ、とにかく冥王星Oはあまり出てこないのは確か。

    講談社サイドのハードボイルドな感じと比べると今回は完全なラノベ風。でも私は嫌いじゃない。
    てか【彼ら】と戦う美少女姉妹がいるというだけでシリーズ読む気力になる。ずっと硬派なのも疲れるしね。

    まとめると「冥王星Oの世界観でめいいっぱいラノベラノベしてみました。」って事で。

  • XXXHOLiCみたい。

  • 姉妹かわいいです。しあわせになっていただきたいものです。
    冥王星Oがいかにもな悪人になっていてちょっと可笑しかったです。

  • 冥王星Oは殆ど出てきません。
    なので サイドストーリーというか、スピンオフ作品という立ち位置で。

    綺麗なおねーさんと可愛い妹がいる『金星堂』という場所。
    おねーさんは攻撃、妹は守備。
    攻撃は 赤い爪にての『結果的』破壊行動。
    守備は ぬいぐるみへの封印。
    ぬいぐるみは テディベア、ロバ、猿、蛙。
     ぬいぐるみには封印出来なかった『白雪姫』と『マペット&パペット』。
    プロローグがlastで、エピローグが最初になってます。

    語り部であり、本作品の主人公を務めるのは『日野遼一』。
    最初は偽者、最後に本物登場。

  • えー、本人生きてんの?なんかずるい。

全21件中 1 - 10件を表示

魔界探偵冥王星O―ペインのP (メディアワークス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

魔界探偵冥王星O―ペインのP (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

魔界探偵冥王星O―ペインのP (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする