マリシャスクレーム―MALICIOUS CLAIM (メディアワークス文庫)

  • 140人登録
  • 3.26評価
    • (6)
    • (15)
    • (28)
    • (6)
    • (3)
  • 21レビュー
著者 : 範乃秋晴
  • アスキーメディアワークス (2010年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048686617

マリシャスクレーム―MALICIOUS CLAIM (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • 自分もクレーム対応の
    仕事をしていたので。

    こんな風に
    自分の言いたい事を
    言えるのならいいんですが...

    まあ面白かったです

  • 悪質クレーマー対サポートセンターの攻防を軸に描かれた作品。
    小説はいえ、クレーマーの言葉を読むのは不愉快なんじゃないかなと思って、一度は買うのをやめたけど結局買ってみた本です。結果としては、実録風ではなく、ちゃんと小説になっているので、普通に読めました。
    構成的にはややもったいないかなと感じました。主人公と父親の確執とか、主人公の部下たちと周りの人たち、魅力的な設定はいっぱいあるのに、どれももう一つ生かされてなかった感じがします。
    次回作があったら、もう少しそれぞれの要素を掘り下げて欲しいです。

  • プロット、設定は凄い面白い!現実的にいっぱいこの
    社会にあるであろう「クレーム」。それも常軌を逸した
    ハードなクレームが人や企業を追い込んでいく...ってのは
    かなりリアルで怖い。自分も以前小売店での接客勤務だった
    時もなかなかのクレーマーがいた事を思い出しました。
    今作に登場するようなアッチ系の人も少なからずいましたしw。

    と、非常に面白く、いい設定なのですが、いかんせん
    ストーリー展開と人物描写が...甘すぎます。主人公の
    榊原の心情やその周囲の人間がほとんど見えてこない。
    前半にいいキャラもいたのに、殆ど出番ナシ。
    もう少しシンプルな設定にして、悪質クレーマーとの
    言葉と心理駆け引きを主とした頭脳戦をメインにしたり、
    このカスタマーセンター全員が絡むような、明確な
    対決の構図にした方が...好みでした...残念。

    面白いのに、凄く惜しいっ。

  • 夫はセールス電話に冷たい対応をとるタイプで
    相手から恨みを買ったら嫌だなと、
    密かに心配したりしてましたが、
    この話を読んで少々気持ちが変わりました。

    もしも、相手が悪意ある人間だったら、
    どんな対応も完璧ではありえない。
    よって、冷たかろうが、温情たっぷりだろうが、
    自分自身の立ち位置をしっかりした上で
    対応していくしかなさそうですね。

    プロローグは緊張感を持って読ませて頂きましたが、
    第1章以降の語調が10代向けの読み物のようで
    なじみにくかったです。

    ライトノベル、携帯小説の類を読んだことありませんが、
    似通ったのりなのでしょうか?
    小文字表記が多くて、罵声部分を読むのに疲れました。

  • 2010年07月01日 読了。

    悪質クレーマーvs「お客様サービスセンター」精鋭部隊の戦いを描いた珍しい作品。

    どうやらこれが処女作のようで、発展途上なのかな。あまり文章が読みやすくない印象。発想はおもしろいだけに、そこのギャップが残念。

  • 面白かったのだけど、クレーム読みながら気分悪くなっちゃって・・・・。こんな思い毎日してたら持たないわ私。窓口でもこーゆー訳わかんない人いたなあと思い出しながら、理不尽だったよなあと。頭下がります。そして今後の参考にもさせていただきたいです。できることなら使わずに過ごしたいですが。
    そして続きが気になるのでした。

  • クレーマー対応小説
    記憶力が全て

  • オペレーター個人を徹底的に攻撃する、「非人間的異常性悪質クレーマー(IPBC)」と、これに対抗する少数精鋭のコールセンターとの戦いを描いた新感覚サスペンス。電話を通した駆け引きだけでこれだけ緊張感があるのは、クレームに負けて回復不能なまでにダメージを負ったオペレーターたちの生々しい姿が書かれているからだと思います。ストーリー展開は、最後の最後までもつれる意外な展開で、正直やられました。自分にはこの仕事は無理だなあと、あらためて感じました。

  • 2013/02/26
    移動中

  • いろんな苦情に対する撃退方法を書いたものかと思ったが、そうではなかったのでちよっと残念。

  • 壊れたものを直す仕事をしていると、この世の中に壊れていないものなんてないんじゃないかと疑いたくなってくる。

    どんでん返しはさほどの衝撃ではなく、ラスボスも今だ影しか見せず、明らかに続編を意識した作りになっている、物語がすべて閉じたときにこの作品の真の評価が与えられるのだろう

  • 人間の心理が書かれているようで、超人的。大人の恋愛のようで、何となく幼稚。「クレーム処理」と見て小難しいようで、「お客様」とオペレーターの会話の続きが気になって一冊すぐに読み終わってしまう。

     登場人物や登場する会社・企業、出来事などを書きとめながら読むと、理解が深まって更に楽しいと思う。現実的だが、あとがきにもあるように、元々は異世界ファンタジー。ある意味、まだ社会を知らない、大学生だからこそ、楽しめたのかもしれない。

    エピローグには大いにニヤニヤさせてもらった。

  • 唐突ですが、物語の舞台となっている場所でその本を読む・・・というのがいつかやってみたい贅沢です。歴史ものとか。私的にこれを「現場読み」と名付けていますが、うっかりこれが初めての現場読みの本となりました。
    舞台はビルのオフィス。無機質な空間に間仕切りと電話がずらりと並ぶコールセンター。
    現場読みだからよけいに増す臨場感。そして現場読みだからこそ「これはないでしょう」と思わせる安心感。でも結局無機質に鳴り響く入電音にびくっとしてしまう。電話で人は殺せるだろう。

  • 設定が凝っていてとても興味深いのに、終わり方がいまいち咀嚼しきれなかった。しかし、読んでいて疲れるのでもう一度読み直す気にはなれない。続きが知りたいという気持ちだけで最後まで読み切った。

  • 接客業――つまりサービスに携わる人間にとって、常に問題となるのはクレーマーの存在です。クレームの発生原因は自分たちにあるかも知れない、顧客である相手にあるかも知れない。でもどういった問題でも話が拗れてしまうと業務に関わる負担も大きくなり、一朝一夕で解決出来る問題ではなくなってしまう。そういうことがある。時には、一企業ではどうすることも出来ず、裁判沙汰となるケースもあるかも知れない。
    そうしたクレーム問題と真っ向勝負した作品が本作『マリシャスクレーム』だ。えげつない程に心の歪曲したクレーマーを相手に、クレーム対応の専門会社<エマージェンシーカスタマーセンター>の面々が活躍する物語。
    今までの小説にはなかったような、それこそメディアワークス文庫の方針でもある、「いままでにはなかったエンタテインメント」を提供している。
    この小説は、接客をやっている人間ややっていた人間、皆に読んで欲しい。辛辣なクレーマーの態度や口調は、読みながら「ああ、こういうのいるいる!」と共感出来ること受け合い。接客をしたことがない人にとっては「まさか、荒唐無稽だ」と感じるかも知れないが、いるんですよ。こういう顧客は。【312P】

  • 「面白くなかったら代金返却します。」のTSUTAYAのキャッチコピーで購入。普通でした。

  • 普通のホラーのイメージとは違うのですが、仕事のお話系というよりは、ホラー・・。

    今お仕事の1割位がお問い合わせ受けて答える、というもの。しつこくすれば要求がとおると思っている人や、わからずや、沽券のためだけに食い下がる人・・本当に嫌。人間の醜い心理のデパートだなぁと思います。

    その究極に怖いモノが書かれていて、その心理が書かれているのはすごいなぁと思うけど、二回読むことは・・ないな。なんとも読後感にぐったりくる話でした。

    #bookoff

  • 10.11.12読了。
    着眼点が面白いと思って買いました。
    内容的には、もっと掘り下げる事ができたんじゃないかな、と。第8フロアのメンツが紹介されるくらいまでが一番面白かった気がする。せっかく設定が独創的なので、後半の平坦すぎる展開はもったいなかったなぁ。

  • お客様相談室が舞台のお話。
    もともとこういう設定は好きだし、個性豊かなスペシャリストの集まる特別課というのも好き。
    ただ、専門用語とか理屈が難しくて、1回じゃ理解できなかった。
    改めて、もう一度読みたいと思います。

  • コールセンターVSクレーマーという観点は面白かったです。
    ただ非常に読みづらいのが残念。
    クレーマーのセリフがボイスチェンジャーで変えていることを
    あらわすためにカタカナを多用していたり、
    理屈っぽいのは題材的に仕方がないところはあるのかもしれませんが、
    最後の展開は正直、なぜそうなったか読み直しても分かりませんでした。
    デビュー作ということもあるのだとは思いますが、
    次巻があるのであればもう少し分かりやすくしていただけたらと思いました。

全21件中 1 - 21件を表示

範乃秋晴の作品一覧

範乃秋晴の作品ランキング・新刊情報

マリシャスクレーム―MALICIOUS CLAIM (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

マリシャスクレーム―MALICIOUS CLAIM (メディアワークス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マリシャスクレーム―MALICIOUS CLAIM (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マリシャスクレーム―MALICIOUS CLAIM (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マリシャスクレーム―MALICIOUS CLAIM (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

マリシャスクレーム―MALICIOUS CLAIM (メディアワークス文庫)はこんな本です

マリシャスクレーム―MALICIOUS CLAIM (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする