平安鬼姫草子―神ながら神さびせすと (電撃文庫 く 7-1)

  • 83人登録
  • 2.97評価
    • (1)
    • (3)
    • (20)
    • (6)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 黒狐尾花
制作 : さらち よみ 
  • アスキー・メディアワークス (2010年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048689687

平安鬼姫草子―神ながら神さびせすと (電撃文庫 く 7-1)の感想・レビュー・書評

  • 都で起こっている事件に、とある理由で首を突っ込もうとする従兄弟。
    その理由を知らされずに1人蚊帳の外に置かされた主人公。
    そうして付いて行けば、出会ったのは蜘蛛の異形。

    あの陰陽師が女性…なのはまだいいのですが、その辺りの説明はなし。
    主人公の親の説明もさらっと終了で、そういえば…と
    言われて思い出す程度。
    という状態よりも何よりも、問題は『姫』のあり方、ですか?
    この時代、普通誘われたからと言って
    ひょっこり男性の家に尋ねたりはしないかと。
    逆はあり、ですが。
    しかも顔を見せてますし…その家の品位を問われるので
    それはしてはいけない事かと。

    妹の心情は分かりましたが、そんな事をこの時代の夫に要求するのは
    己よりかなり低い身分を選ばないと無理だと。
    それでも、かなり無茶だと思いますし。
    いくらファンタジーという設定にしても
    突っ込みどころがありすぎです。

    とはいえ、話自体は分かりやすくて面白かったです

  • 晴明が女性で母と呼ばれる作品ははじめて。
    登場人物が多い。
    続けば各キャラクタについて深く掘り下げるだろうが未だ続刊なし。

  • 続刊が出ないとそれまで。。。続刊の出る事を祈ります。

  •  陰陽師とかあやかし絡みの平安ファンタジー。すっごいファンタジー。
     元が卒論ということで、下敷きにしている平安時代の基礎知識については丁寧に描写されている印象です。
     ただ、「下敷きとして利用した範囲では」ということで、時代考証や文化的なことに突っ込みを入れ始めればキリがなさそうです。歴史に疎いわたしでも「それはない」な箇所がいくつかありました。まあ、それ故にファンタジー。

     時代背景とか現実的に不可能なんじゃないかとか、そういった問題をすべてすっ飛ばせば、設定は好きだし、面白い話だと思いました。
     ただ、話の筋が結構シンプルなわりに登場人物が多く、結果として話をややこしくしてしまってるような気がします。当時の人の名前は慣れてないとややこしくて混乱しますし、それならいっそ人物を削って、一人ひとりにもうちょっと光を当ててあげる方が話の中でも輝くんじゃないでしょうか。
     なにより、主人公がそんな人物氾濫の被害に遭って空気が薄くなっている気があるのが惜しい、勿体ない。

     あと、蜘蛛なのに挿絵が蝶なのはどういうことですか……?

  • 晴明が実は○○だったり、主人公が○の血を引いていたりと、『平安風ファンタジー』として読む分には面白いです。
    ただ、登場人物の関係を把握するのがちょっと大変でした。

    それにしても、これを卒論で書くとは……。
    すごいなぁ。

  • キーワードは兄と妹。
    形は違っても、兄と妹。

    キャラクターの特徴と、それぞれのお名前が…。
    一回読んだだけではなかなか把握できないのは歳なのか。

    カラーページの晴明さんの名前がないのはミスですよね…?

  •  何故こうなった、清明…!(マジで第一声)
     ちょっとばかし、平安のおいしいとこ取りしすぎじゃない?って感じがしないでもないです。…いやしかし何故こうなったんだろう、清明のキャラ…。

  • かなり斬新な平安時代や清明の設定。面白いからいいけど。

  • 陰陽師を期待して買ったけど、人間関係とかストーリーが面白かったので、なおよし。

    予想外の事実も知らされた。

  • 久々に電撃文庫っぽくない感じ、どっちかって言うと女性向けっぽい?
    周りの人達が主人公(女)の事好きすぎて、そういう部分をニヤニヤしながら読みました。
    陰陽師ネタが好きなので読んでみたけど、そんなに陰陽師色は強くないと思う。
    鬼や天狗の血が混じっている異形の子孫というキャラが多いのでかなりファンタジー。
    天狗の人の羽で飛んでるとことか絵で見たかったなぁ。

  • 主人公兄妹よりはその周辺の方が印象に残った。異能の主である主要人物がさらっと書かれているので、読み飛ばしては「ええっ?」と思うこと多し。そして晴明、どうしてこうなった

  • 2/3くらいに圧縮できると丁度いいお話になりそうな。どうしても陰陽の京と比較されてしまうだろうなぁ。

全14件中 1 - 14件を表示

平安鬼姫草子―神ながら神さびせすと (電撃文庫 く 7-1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

平安鬼姫草子―神ながら神さびせすと (電撃文庫 く 7-1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

平安鬼姫草子―神ながら神さびせすと (電撃文庫 く 7-1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

平安鬼姫草子―神ながら神さびせすと (電撃文庫 く 7-1)のKindle版

ツイートする