GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン ガールズトーク 狼と魂 (電撃文庫)

  • 131人登録
  • 3.88評価
    • (6)
    • (12)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 川上稔
制作 : さとやす 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048690393

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン ガールズトーク 狼と魂 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 番外編ということで薄い!←ここ重要。
    ガールズトークと銘打ってはいるものの、普通に男連中(特にトーリ)も絡む過去の回想話。
    今より少し幼い(三年前ぐらい)&未熟な武蔵勢がなんとも新鮮(外道度は変わらないがw)。

    過去話なので現代からツッコミが巻き起こるカオスな空間(いつも通りとも言う)。

    一冊の内に出てきた謎が解消されるので、そういう意味では読みやすいかも←薄いからな!
    この薄さに物足りなくなれば、あなたはもう手遅れ。

  • 点蔵のイケメンがアデーレによって証言されてめでたい

  • 外伝。
    手にした人のおそらく全員が「薄い」と感じたであろう。充分ボリュームあるけどね。

    あまり深く意味もなくがやがやとくっちゃべる話。タイトル通りというべきか。ガールズ、ばかりではないけど。

    まあ、息抜きに。

  • 番外編ということで購入。
    わちゃわちゃした感じが好きなので、まさに希望通りでした。
    本編もそのうち追いつきたい、、、

  • ホライゾンなのに500ページ無いなんて信じられないよ…。ガールズトークと言いつつ梅組男衆(主にトーリ)も絡む過去の回想話。過去の話なのに現在から頻繁にツッコミ(幻聴)の入るカオスな空間ですが、いつもの梅組ですね、はい。バトル要素もあるけど基本的にはメインのミトツダイラがヒャッハーしてる感じ。久々に鹿角さんの挿絵が見られて満足で御座る。

全5件中 1 - 5件を表示

川上稔の作品一覧

川上稔の作品ランキング・新刊情報

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン ガールズトーク 狼と魂 (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン ガールズトーク 狼と魂 (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン ガールズトーク 狼と魂 (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン ガールズトーク 狼と魂 (電撃文庫)はこんな本です

ツイートする