ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話

  • 173人登録
  • 3.73評価
    • (14)
    • (25)
    • (17)
    • (7)
    • (0)
  • 24レビュー
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048691536

ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話の感想・レビュー・書評

  • 自分の時はどうだったかなと考えながら読み進めました。
    子育てってやっぱり難しいですよね。
    いい子に育てたいと誰もが思い、日々葛藤しながら自分たち親も成長していくんですよね。
    しかも、ああちゃんさんは個性の異なる3人の子育て。
    うちもそうでしたが、頑固なご主人ともぶつかり合いながらで、本当に大変だったと思います。

    でも今は幸せと言えるって事は本当に自分を信じてこれた、ああちゃんさんだから。

    子育て中の方たち(お父様も含めて)に読んで欲しいな~

  • ビリギャルがすごく良かったので、こちらも買ってみました。とてもよかった。わたしは教員で、母親ではないので、本編のほうがぐっと引き込まれましたが、この本も読んでよかったなあと思います。

    ああちゃんの子育てはすごく素敵だけれど、これだけが正解とも思わない。小さな頃から礼儀をきちんとすることで育つ良さもあるだろうし、ワクワクしないことだとしても、がんばることで成長する子もたくさんいると思います。事実、わたしは厳しく叱られて育ちましたが、そこは有難かったなあと思ってる。
    でも、自分の母親に対する気持ちを振り返ってみても、さやかちゃんがああちゃんに対して感じたのと同じように、何があっても絶対にこの人はわたしの味方であり、見捨てないなという確信は持ててたなあ。わたしがさやかちゃんほど素直でまっすぐではないので笑、派手なことはしてなくても、母親を呆れさせることをしたり、お金をかけてもらっている学校をサボったり、あったことや考えたことすべてを正直に話していなかったり、そんなのはたくさんあるけど。

    わたしも将来母親になりたいなと思ってますが、ああちゃんのような、もしくは自分の母親のような子育てを徹底することは無理だと思う。でも、ただそこにいることだけを感謝する、受け入れる、それだけはしたいなあ。
    "being"で評価する。"doing"や"having"での評価は外がしてくれる。それはそうだ!坪田先生の教えももっと知りたいなと思いました。

  • い図。目についた育児書はとりあえず目を通したくなる最近。ビリギャルのお母さんが書いた本ということで、興味本位で手に取る。

    ああちゃんさんも、育児中、育児書を読みあさったらしく、そこは共感。夫婦間のイザコザや家族親族の赤裸々な話に触れていたところはすごい勇気だなぁ。

    まえがきに、子育て中の人たちに反面教師、転ばぬ先の杖にして欲しいとあった。育児書や育児エッセイ、育児にまつわる本に多く当たっていて、良いなと思うのは、色んな親、家族、子どもがいて、それぞれに喜びや迷いがありながら試行錯誤していて、私たち家族も、自分と子供の性格や家族の様子を見つめながら、試行錯誤していけば良いんだなと思えるところ。色んな子育てや教育姿勢を垣間見て、そんな考え方や行動もあるのかと知ったり、自信をつけたり、時に不安になったり。
    とにかく参考例が多く頭に入ってくることで、自分や家族、そして周りの人に対してや、色んなことに対して寛容に、大らかになれる、余裕を持てる。(…もちろん自分の考えに固執してしまったり、余裕が無くなることも多々あるんだけれども。)
    元から割と頭が固くて頑固なところがある自分であることは自覚しているので、事前に本等で情報を得て、少しでも柔軟に考える力をつける努力が必要とも思っていて、その一環で読んでいるというところもある。
    本書も、そんな中、読んで良かった一冊となった。
    2017/8/24

    ◆引用
    筆者のお母様の口癖=「罪を憎んで人を憎まず」

    ・p46…児童心理学者 平井信義先生や、教育者の長谷川由夫先生などの、本当に子どもを幸せにできる、すばらしい育児書にも出会えたのでした。
    →全編通して、この2人の先生の考えが出てきていた。聞いたことのある名前。読んだことあるかも?一度読んでみよう。

    ・p173…坪田先生は、「"やる気スイッチ"なんて便利なものは、ないんですよ」(中略)「"やる気"になってから"できる"ようになるんじゃないんです。小さな"できる"体験を積み重ねさせることで、達成感が出てきて、だんだん好きになり、その後でやっと"やる気"になるんです。テニスでも、サッカーでも、勉強でも同じことです」

    ・p189…「自分がやってやっている」「やってやったのに」(中略)親は、いつでも子どもを信じ、子どもが自らの意思で、自分の望む幸せを見つけ、そしてそれを自分で手に入れるのを、あくまでも「手伝う」べきたと思うのです。

    ・p202…いつかみな、時期が来たらするかもしれないことを早くやってしまっただけで、"悪い子"と断じるのは、私は違うと思います。

    ・p234…正しさだけの旗を掲げて、人をなじったり、戒めるばかりで、思いやりやユーモアのないやり方が、嫌いなのです。(中略)叱ることは、誰にでもできます。 でも、思いやりを持っている人は、怒るのではなく相手にわからせようとするものだと思います。

    ・p235…孔子の柿の木の話

    ・p240…平井や先生も、成果ばかり考えて、習い事をさせることは、よほど性に合った子以外には、むしろ弊害が大きいとおっしゃっています。 子どもの豊かな感性を育むには、子ども自身が好きで通う習い事でなければいけない、ということです。 それでこそ、個性や才能が育まれていくのでしょう。

  • なかなかの苦労人だなあ。
    結局は無償の愛が大切なんやな。

  • 「子どもにいかに関わるか」をテーマにした経験談。そのポイントは「信じること」。
    納得できる記述が多かった。

  • 誰かの子育て本として読むならば。

  • 夫婦の不仲が3人の子供の子育てに大きな影響を与えるが、母親ああちゃんの子供の自主性を重んじた育児方針に切り替えることにより立派な人に育つ。何か我が家と似たところが多々あり、身につまされた。

  • 所謂子育て成功本。
    上手くいったから本になるんだよね。

  • どんな事があって子どもを信じ抜くお母さんの育児姿勢が素敵だと思った。

  • ビリギャルの本がとてもよかったのでお母さんの本も読んでみた。子供たちを信じて信じて信じぬき、叱らず育てるというのはなかなかできることじゃないと思う。たまたまうまくいっただけなんじゃないかと疑いたくもなる。だけど、親が子供を叱るとき、それは本当に子供のためなのか、実は親の体裁や都合を守るためではないのか。それはずっと自分に問い続けるようにしたい。

    最後の坪田先生のお話もよかった。最近ちょうどアドラー心理学に関連する本を読んだばかりだったのですっと心に入ってきた。坪田先生が学んでいた心理学はアドラーだったのね。

  • 素直に凄いと思った。全てのことに感謝を、と言うのは中々実践は難しい。このやり方が実践できるとは思わないけど、少しは仕事にも活かしていけたらと思った

  • ビリギャルの母親著。ビリギャル本人の回想も随所に、さらに妹さんの文まで挟まってる。ビリギャルの映画を観て手にした本だが、このお母さんの姿勢には心底感心する。躾は害悪、それよりも信頼と愛情が大事であると示している様に思う。従来の教育論は型重視で実は親や教師の為、それもつまらぬその場の体面繕いでしかなく、全然子供の為になってない事が多そうである。他、大筋アドラーやバシャールに繋がろう話でもある。凄く正しいことを言っているんじゃなかろうか、この人はと思わせる著書である。

  • 現代の、等身大の母親像を読ませていただきました。

    「ああちゃん」の子育て、全てに共感できるわけではないのですが、子どもを信頼し続ける姿勢、自分の夫婦間の失敗談を赤裸々につづる勇気...

    母親自身の育ってきた環境や背景が、影響していくことも、強く感じました。

    色々と、すごく参考になり、勇気づけられました。

    これからも人生は続きます。
    ご家族で、どうぞお幸せに...と思いました。

  • さやかの受験のストーリー有り。あーちゃんの3人への子育ての仕方、理念。引き出すことの大切さが綴られている。

  • 作者の子育て法には賛否両論あると思われる。私も全てよいとは思わない。しかし、子を思う愛情の深さ、子を信じ、子供のために生きるその姿勢を素晴らしいと思った。
    子育て法に正解などなく、子供の数だけ、親の数だけ無数にあるだろう。だれもが時には失敗し、迷い、やり直し、そんな日々を経てゆくことだろう。
    けれど、それで良いのだと、親はただ子供を信じ愛するだけ、見守り続けていくだけなのだと思った。
    時には自分の子育てと重ね合わせて読みながら、胸が熱くなったり、涙ぐんだり、いろいろ考えさせられる本だった。

  • ビリギャルと同時に購入し、続けて読みました。
    ビリギャルを多角的に見れたし、満足です。

    子供を育てる立場になったら、また改めて読みたいなと思いました。

  • 個人的には、ビリギャルの本よりも良かった。子育てについての考え方の本だけど、共感できる部分もあり、そうでない部分もありといったかんじ。

  • 子どもを正面から受け止めること、正面からぶつかることの大切さを学んだ。あれこれ考える前にまずそう心がけようと自分なりに理解した。

  • この本は、僕の友達である人(深い意味ではありません)には、本当に読んでもらいたい本です。

    僕と友達でいてくれている人というのは、僕の価値観というか考え方を理解してくれている人、と勝手に思っているとすると、この本のビリギャルのママであるビリママとされる、あぁちゃんのすごさ、は、本当に感動しました。

    すべてを受け入れる、この人ほどすごい育て方は、ない、と、本当に思いました。 自分の育った環境から、自分が試してみた経験から反省し、自分の行動を変え、子供たち三人をそれぞれ素晴らしい大人に育て上げたあぁちゃんすごすぎ。

    ビリギャル、ビリママ、本当に賛否両論あると思いますけど、特に「しつけ」議論もあると思いますが、子供たちは家の外では十分にストレスにさらされ、戦ってきている、せめて家ぐらいは、のびのびリラックスできて、守ってあげられる場所、絶対にこどもたちを守る、それが先生でなんぴとであれ戦ってくるあぁちゃん、感動です。 世間の常識に左右されず、絶対に子供の味方になる、世間の常識に判断されない、子供たちを信じ、子供たちの可能性を伸ばし、そして結果を出した。

    自分では子供に厳しく当たりすぎて反省しかりです。
    今日ちょっとアプローチをかえただけで飛躍的に子供の行動が変わって少し驚いています、って本に関係ないですが。


    ぜひ、僕の友達関係である人には読んでもらいたい。
    特にFJ関連の方々、会社関連の方々。

    心よりお勧めします。 あ、斜めにレビュー読まれた方ごめんなさい。 でも絶対お勧めですよ。

  • 読みながら、随所で泣いてしまった。
    ああちゃんが、子育てで悩む姿が、自分と重なってかな。
    悩むよね子育て。
    自分なりの答えを出して、自分自身も成長していく。
    「育児は育自」だと、思い出させてくれる本でした。

  • 「ビリギャル」母の本。
    なんかまぁ…という感じ。
    教育論を引用しているところもあるけれど、基本的にこの家だから出来たことには違いないので使えるところは使ったらいいし、共感・適用できないところは気にしなければいいということかと。
    引用の部分で「~だそうです」が続くのは読みづらいです…。

  • やっぱり信じる子育て。
    アドラーだね。

  • タイトルが全てだなー。圧巻。親としての不甲斐なさをよ読んでは痛感し、涙が止まらなかった。親としての情けなさを認めるのはなかぬか苦しいことだけど、ご主人とも向かい合える姿勢が、ご主人を変えるきっかけにもなったのだと思う。表に見えることだけじゃなく、潜んでいることを顕在化させることで真摯に解決していくには!やはり相手を信じて一緒に取り組んでいくしかないのたと思う。
    何度も言い聞かせながら、続けていくことが幸せに繋がると信じたい。
    この本をくれた友だちに深い深い感謝。

全24件中 1 - 24件を表示

ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話を本棚に登録しているひと

ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話はこんな本です

ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話のKindle版

ツイートする