探偵・日暮旅人の望む物 (メディアワークス文庫)

  • 322人登録
  • 3.42評価
    • (11)
    • (23)
    • (34)
    • (8)
    • (2)
  • 26レビュー
著者 : 山口幸三郎
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048691772

探偵・日暮旅人の望む物 (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 結局のところ、旅人の五感は戻るのか? ちゅうところが一番気になって、最終巻となるこの本をものすごい前かがみで読んだ。
    そもそも旅人はなぜこの特異な体質になったのか、ちゅう話はファーストシーズンですべてやっつけてくれているもんね。
    セカンドシーズンは、旅人が五感を取り戻せるのかどうかっちゅうところがキモやったのかな・・・。


    以下、ネタバレですけれども・・・





    最終的なオチは、旅人が自分で傷つけた眼は失明しちゃったけれど、残された眼は徐々に見えるようになりつつある・・・。

    ・・・で、いいの(笑)? わかってない


    あとがきを読んで
    「ああなるほどねえ」
    と、思ったけれども、著者がこのシリーズを通して一番言いたかったことは、「物事にはいろいろな面がある」と、いうことなのかな。

    こちら側から見れば正義でも、あちら側から見れば悪になる、と、そういうことなのかな。
    そうだとしたら、確かに主役の旅人ですら、「被害者」と「加害者」の両面を持っていたと思う。

    雪路顧問なんてなおさらよね。
    ちょっと忘れちゃったんやけど(あかんやん)、確か雪路顧問が故郷から出て一財上げるまでの話も書かれていたはず。
    あのあたりをもっと掘り下げれば、雪路顧問にだって守りたいものや譲れないものがあったわけで・・・。

    自分のために、誰かのためによかれとしたことが、違う人からみれば加害者に見える(こともある)。
    だけどそれってちょっと哀しすぎて、じゃあ何も望まず、何もしないほうがみんな幸せなのかな、と、いえば、そういうことはない。

    だったら、人は何に縛られて何にがんじがらめになって生きていくのかを考えたら、愛なのかなあって、

    ・・・そういう話!?


    イヤもう読み込み不足で申し訳ない。

    とにかく、旅人の今後が気になって前かがみで読んだわりに、そのあたりが曖昧~やったような気がする。
    (それがこの作風とも思うけど)

    ただ、ファーストシーズンでチラチラ登場した人たちがラストシーンに「これでもか!」と、登場したのは、なんだか豪華やった気がする。
    でも、長い時間をかけて読んでいるせいで、白石ですら一瞬
    誰やっけ? 
    と、なってしまったんやけど(;^ω^)

    個人的な趣味で言えば、善人もいないけれど極悪人もいないこの話は、読了後のスッキリ感がほぼなかった。
    (だから、著者もそうであれと思って書いているのだろうとは思うけれども)

    私はもっとわかりやすく、誰かにとっての悪があり、その悪を駆逐してハッピーエンドになる、ちゅう話のほうが好きなのかなあ。笑

    美月先輩も、前巻ではかなりエキセントリックな人やったのに、最終的には気の毒な人になっちゃって・・・。
    この人こそ、道を違えるはずの人ではなかったやろうに、なんで? ちゅう感じ。
    もっと早くに、自分を縛り付ける「愛」に、出会えていればよかったのに。
    そんな難しい生き方をしなくてもよさそうなもんやのに・・・。ねえ・・・。

    (と、いうてしまうとこのシリーズのすべてがそうなってしまう)

    旅人が出会った「愛」は、ユキジであり、テイちゃんであり、陽子やった。
    三人のうち二人は、旅人の五感を奪った人たちの関係者であるというのが因果な話やったけれども、すべてを殺してもきっと、旅人の元の人となりは殺せなかったんやろうね。
    だから、「愛」に、出会えたのかなあ。


    ・・・と、無理くりにでも、しんみりしたエンディングにしようとする(笑)?


    表紙も装丁も凝ってたよねー。
    なんと、ファーストシーズンとセカンドシーズンに分かれてしまったのは「売れ行きや大人の事情」があったらしく、この本は最初から売れ筋やったわけじゃなかったのか・・・。


    あと1冊手元にあります。
    どうも、時系列に関係のない番外編のようで、わりとこの巻を読んだダメージがでかかったので(笑)、ちょっと違う本を挟んでから、最後の1冊にとりかかろうかな。


    愛って、そんなに難しいものじゃないと思うんだけどな。
    好きで仕方がない気持ちは確かに切ないけれど、せつなさにこがれるのは苦しくてもある意味幸せだと思う。
    好きなものがない「空っぽ」の状態よりも、ずっとずっと幸せだと思う。

    それもひとつの「見方」の、問題でしょう・・・?


    ■■■■

    ■姦計
    かん‐けい【×奸計/×姦計】
    悪いはかりごと。悪だくみ。「―をめぐらす」「敵の―に陥る」

    (2016.05.07)

  • 表紙のイメージからはかけ離れた、凄惨で壮絶な話で、驚いた。

  • シリーズ8作目。セカンドシリーズ第4弾。
    ついに完結篇。

    さすがに飽きてきたところで完結篇。
    シリーズが進んでくると、探偵ものではなく、日暮旅人や周囲の登場人物たちの物語になってくるのは致し方ないが、探偵というタイトルとはほど遠い物語に。
    激しい展開に驚くものの、予定調和的なラスト。
    日暮旅人の五感の解決は納得。
    (図書館)

  • 2017.4.15

  • 探偵・日暮旅人#8

  • 幸せになりかけたのに、でも久しぶりのハラハラドキドキ感で読むのやめられない! ただ、犯人の動機はなんかいまひとつピンとこない。登場人物たちがそれぞれ幸せになってよかった。

  •  やっと終わったかと。旅人の特別感がだんだん鼻につく感じで、陽子の無邪気さ、灯衣の子供らしからぬ態度、等々。セカンドシーズンは引っ張りすぎでは?

  • 色々ともやもやは残りつつも、旅人の目は、あれって回復したのよね。ロマンチックな日に、よかった、よかったと思ったら、その後の短編で、????
    あれ、違うの?あれって見えてないの?
    よくわからないなぁ。
    それに、美月も中途半端すぎ。
    あれだけやっていて、「死」はイヤって何?!
    「了」前の旅人の最後のセリフが、先輩あてってのも、なんだかなぁ。
    旅人が、自分の目を刺した理由も分からない。
    それが美月を救うことになぜなるのか。
    陽子との関係が進展して、入院までしてたのに。
    それに、雪路照之と羽能が、実は悪人ではないって感じに再登場するのもどうかと思う。

    でも、増子さんの亭主関白ぶりとか、ランドセルを背負ったテイちゃんと亀吉の姿は微笑ましい。
    ユキジが大きな一歩を踏み出したのも嬉しいし。
    でも、警官になったのはびっくり。
    あ、センセイが意識を取り戻したのはいいことだけど、ご都合すぎるなぁ。

    全体にこのラストは好きになれないもので、なんだか残念。

  • シリーズが終わってしまうんですね。爽やかなだけでない表現がよかったです。爽やかなラノベで終わると心に残らなかったと思います。
    旅人が穏やかに生きていけるように、そして未来を望むように陽子先生がそばで支えていくんだろうなと思います。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    『日暮旅人』の名前で出された爆弾テロの脅迫状。ニュースでは旅人の名が流され、警察も旅人を探しはじめていた。刺された亀吉、誘拐された灯衣と陽子。ユキジの自宅に現れた思わぬ人物。旅人を取り巻く大切な人々が危機にさらされる中、旅人は入院していた病院から姿を消し、真犯人の指示通りに動き出す。もうこれ以上酷使することのできない瞳を使い、美しく残酷な犯人を止めるため―。目に見えないモノを視ることで『愛』を探し続けた探偵の物語、本編感動の完結!書き下ろし。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・探偵


    +++5+1

全26件中 1 - 10件を表示

山口幸三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵・日暮旅人の望む物 (メディアワークス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

探偵・日暮旅人の望む物 (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

探偵・日暮旅人の望む物 (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

探偵・日暮旅人の望む物 (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする