ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)

  • 4608人登録
  • 3.81評価
    • (357)
    • (804)
    • (581)
    • (53)
    • (2)
  • 649レビュー
著者 : 三上延
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048691895

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • 物語の収束に向けた一巻。
    あそこもここも、みんな関係者だったという流れ。関係性を把握しきれない。
    後出しに感じる話も多くもうミステリという印象がなくなってきたし、
    正直面白くはなかった。

  • ミステリーとラノベの程よいミックス。

  • 今回は太宰治の稀覯本を巡って書かれた長編。第6編。過去にさかのぼってロマネスクの会とはなにか、田中 嘉雄との関係はなにか、栞子の祖父である篠川 聖司や、以前彼が働いていた古書店の久我山家の人々、さらには五浦の祖母とまで話がつながる。研ぎ澄まされた自尊心の持ち主だった太宰は、生活能力のない自分、言い訳のできない失敗を繰り返す自分への絶望をかかえていた。「自身モテ生きヨ 生キトシ生クルモノ スベテ コレ 罪ノ子ナレバ」また太宰を読みたくなってきた。

  • 太宰治の「晩年」を巡っての話。犯罪を犯してでも稀覯本を手に入れようとする執念にぞわぞわした。推測も含めて登場人物同士の繋がりがいろいろあってこんがらがってきた。。後半になって田中敏雄が物わかりのいい人のように急に変わったのが腑に落ちない。

  • 古書への執着が凄く、理解が追いつかなかったけど話は面白かった。太宰治が読みたくなります。

  • 7巻を読み始めた時に話の内容に違和感を感じ、
    6巻を読んでいない事に気付きました。
    でも、6巻み初めてもしばらくは?で、
    前の内容思い出すのに時間かかった(^_^;)

    太宰治の「晩年」を巡る話。
    古書を愛しすぎている人間の
    執着心とか手段を選ばない姿が
    恐ろしいと感じた一冊だった。
    こう言うのって、物語の中だからなのか
    実際の古書業界も黒い感情が渦巻いてるのか…
    本好きな人に悪い人はいないと思ってたけど、
    いや、今でもそう思ってるけど。。。

  • この巻は長編といってもいいのでは

    様々な人がつながっていくのには、ちょっと作りすぎの感はあるけれど、よく練られているお話
    思わずページをめくり直すこと数回

    相関関係を確認するために、最終巻を読む前に読み直すといいです

  • 人間関係が複雑に入り乱れてきたので、相関図が欲しいよ(笑)大輔と栞子さんは順調に愛を育んでて微笑ましい。智恵子さんはまだまだ謎が多そう。大輔の推論が正しいのか、、、明かされるのが楽しみ。

  • 太宰治の『晩年』を巡る話。
    マニアって気が違ってるな(褒めてない)
    そしてリア充爆発しろ!

  • 栞子の祖父聖司が「人と古書の繋がりを守る」というように、古書をめぐって様々な人が複雑に絡んでいて、面白かった。

  • 2月下旬に最新刊が刊行されるということで積読状態の6巻のページを開きました。


    2冊の太宰治の稀覯本「駆け込み訴え」(月曜荘版、限定版)と「晩年」(砂子屋書房版、自家用)を巡る物語は主人公2人の親族関係を含めて展開と謎を解いていく過程の描写には、読後に今まで変わらないこの物語の世界観に浸っていたいという幸福感が残りました。

    読み続けてなお鉄板の安心感を得ることが出来るシリーズというのも貴重だと思います。次巻が最終巻ということで積読なしで読みたいと思います。

  • 面白かったです。今までで一番ぐっと引き込まれたかも。いろんな人の思惑が繋がり絡まり、クラマックスに向けて期待が高まります。シリーズが重なるにつれ、時には古書を巡って人間の嫌な面、目を逸らしたい本質がまざまざと浮き彫りにされていきますよね。古書には意志はないはずなのに人を善にも悪にも変えることのできる妖しい魅力を放っているようです。そしてそれに取り憑かれ抗えないことを幸せだと思う人もいるのでしょうね。

  • 途中から嫌な予感はしていたものの、これほどまでに後味の悪い物語になるとは思っていなかった。
    複雑に入り組んだ人間関係が、この先の栞子と五浦にとって辛いことにならないようにと祈りたくなる。
    稀覯本が盗まれたトリックはあるアイテムが登場した瞬間にわかってしまったけれど、それでもまったく物語の面白さは変わらない。
    このシリーズを読むと、何故か登場した小説を読みたくなる。
    太宰治を読んだのはどれくらい前だろう。
    いわゆる名作と呼ばれるような物語を読まなくなってからどれくらい経つだろう。
    昔読んだ物語を思い出させてくれるシリーズでもある。

  • 5巻に引き続き積読から読み込みました。太宰治の古書を巡って、先代、先先代の古書堂店主や、家族が絡まった謎を少しずつ解いていくお話。
    作家さんの、古書好きも凄く伝わってくる素敵な一冊。

  • 前作を読んだのは2年半前…正直、ほとんど覚えていなかった。いや、積んでいた自分が悪い。一応読む前にさくっと復習したんだけど、やっぱり細かいところまでは把握しきれず。ん?となるたびに過去のシリーズを振り返って…とやっていたから十分に楽しめなかったかな、という後悔はある。
    古書を巡るいろんなものが繋がっていくのは良いんだけど、登場人物達があまりにも繋がりすぎでは?とも思った。ドラマとしては面白いけど、ここまでくるとちょっと怖い。それに頭の中がこんがらがってくる。繋がりがこの作品の魅力なのも分かるから、少し複雑な気持ち。
    もうすぐ最終巻が出るとのことで、この繋がりまくった人達がどのように収まるのか、今度は早く読みたいと思います。。

  • 今までの6冊の中で一番面白かった♡

  • 「走れメロス」「駆込み訴へ」「晩年」。すべて太宰治関連のようです。今回は長編かなあと思いました。『晩年』は再びですね。

    「走れメロス」は檀一雄さんの『小説 太宰治』の話でもあるかもしれませんね。六興出版社かどこかの版で昔読みました。面白かったです。

    「駆込み訴へ」はトリックは即座にわかるでしょうからそしたら自動的に犯人と動機もわかるでしょう。

    この巻を通じた犯人は消去法で見当はつきますがちょっと単純な性格すぎかも・・・と思って、もしかしてあの人?と思ったらあの人でした。

    個人的な話ですが大学に入るとき卒論は太宰治にしようと考えてました。その後興味が他に移ったので結局は他の作家にしましたけど入学時点で400字詰めに70枚ほどはすでに書いていたので探したら今でも家のどこかにあるかも。

    卒論にしようと思ったのは世に出回っている多くの太宰治論、勿論すべて読んだわけではないですが有名な奥野健男さんのも含めどれもピンと来ず自分がピンと来るのを書いてみようと思ったからでした。

    まず太宰治のことを誰もが「ダザイ」という呼び方をするあたりにかなり抵抗感があったのでなぜ抵抗感を覚えるのかそのへんを導入にしました。そして太宰治って皆が言うよりももっと食えない一筋縄じゃいかない作家じゃなかろうかという感じに持っていきました。大人になったら全集持ってるのが恥ずかしくなるハシカのようなものではなくもっとちゃんと凄い作家じゃなかろうかと。
    いくつかの作品について書き始めるあたりで中断しています。概算で最低でも500枚にはなりそうでしたが卒論にはかなり削除しないといけないなあ、導入部だけを水増しして提出するかとか考えてました。

    そんな頃に今回出てきた檀一雄さんの『小説 太宰治』という本を手に入れとても面白かったので逆に事実かどうかは疑わしいとは思いつつもそれまで読んだ関連本の中ではいちばんしっくりきたのでした。内容はすでにほとんど記憶の彼方ですが今回のビブリアにもある「走れメロス」にまつわるエピソードだけはいまだ覚えてます。それだけ印象的だったのでしょう。この小話は卒論に入れようと思いました。ホントかウソかは別にいかにも(ボクがイメージするところの)太宰治らしい。なぜ「らしい」と思うのかを記すために。
    また根拠なしの直感だけで書こうと思ってた部分は檀一雄さんをヒントに小説形式にしてもいいかもとも思いました。
    (2017年01月15日読了)

  • 五浦くんと栞子さんの初々しい男女交際が、古書を巡るドロドロした思惑の中で一点清々しい。

    太宰ね〜。。これ読んでもやっぱりはた迷惑なぼっちゃまとしか感じられないのだが。

    たしかに好きな人は熱愛しているよね、太宰。
    人の物を奪ってまで…と思うが執着心の恐ろしさよ。

  • 登場人物の関係性が複雑…
    とうとう関係図を手書きした 笑
    巻頭に載せてくれればいいのに、と思ったよ

  • 本筋の巻だったので、面白く読んだ。
    みんな繋がっている、気味の悪さというか、よく言えば凝ったプロットというかを楽しみつつ。

  • 第1話の伏線(五浦)がここで回収されるとは。
    この間の巻の中にも、ほほえましいシーン過ぎて見逃していた伏線(手紙でのやり取り)もある。いろいろと、やられた感のある1冊だった。

  • 登場人物の関係がやや複雑に思えた。
    晴れて恋人となった大輔と栞子さんが、ちょっとしたことで赤面したり、栞子さんの方からキスをしたり、甘酸っぱかった。
    様々な事情を持つ人々と古本との関わりが良かった。
    結局は、栞子を嫌う久我山真里と寛子(栞子の親戚)がしたことで、人の気持ちや思いのすれ違いが見えた。
    大輔から全てを聞いた栞子の母親・知恵子がやはり不気味だ…。
    ビブリアシリーズもそろそろ終わるらしいけど、スッキリと終わって欲しい。

  • あっという間に6巻。
    次、もしくは次の次でおしまいらしいですが、何の題材で来るのかしら?
    今回は太宰治をベースに物語が進んでいくわけですが、古書の世界は知れば知るほど楽しいのだろうなぁと思うわけです。
    そして、作者の意図なのだと思っているのが、小さい伏線が非常にわかりやすい(ほめ言葉)、見逃してしまいそうな感じに見せかけ、なぜだか「あ、たぶん、ここは後の謎解きに必要」と思わせる文脈? 行間?
    今回もサクサクっと楽しく読めました。

  • 久々のビブリア。何に驚いたってこれが最終巻じゃなかったこと。私はなんで最後だと思って読んでたんだ?あとがきによるとあと1~2巻で終わりだそうだ。しかしみんな近しい関係で古書を盗んだり奪ったりして恐ろしい世界だ。真理おばあさまが栞子を嫌いなのは夫の愛人の血筋だからか。むしろ母の智恵子が愛人本人なんじゃないかとちょっと思う。

全649件中 1 - 25件を表示

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)に関連する談話室の質問

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)に関連するまとめ

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)の作品紹介

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていた。過去を再現するかのような奇妙な巡り合わせ。深い謎の先に待つのは偶然か必然か?

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする