ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)

  • 4745人登録
  • 3.82評価
    • (369)
    • (826)
    • (589)
    • (54)
    • (2)
  • 672レビュー
著者 : 三上延
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048691895

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 太宰づくしのシリーズ第6巻。
    本のつないだ奇妙な縁が栞子さんと大輔くんを取り巻いているようです。
    今回も息つく暇も惜しいくらい、夢中になって一気読みでした。

    かつて栞子さんを石段から突き落とした男が、再びビブリア古書堂の2人の前に現れます。
    …ただし、今度は依頼人として。
    その依頼は過去の出来事へと2人を導いていきました…

    ついに恋人同士の間柄になった栞子さんと大輔くん。
    今回の事件はいつも以上に危険な気配が漂っていますが、いつしか2人のあいだに強い信頼関係が結ばれていたことに気付かされる場面が多くてきゅんとしました。

    そろそろシリーズクライマックスとのこと。
    早く読みたいような、名残惜しいような…。

  • やはり、『晩年』が関わってくるのね〜。
    大輔の祖母、栞子さんの祖父といろいろな人が繋がっていく。
    縁のある人とは、そうなるようになっているのか。
    だから、「栞子さんと巡るさだめ」なのか。
    本のためにそこまで必死になれるってある意味凄いな。

  • 栞子さんが足を怪我することになった太宰の「晩年」を巡る事件が再び戻ってきます。
    あの時焼き払ったことになっている栞子の「晩年」は、突き落とした犯人の田中の捜していたものではなく別の「晩年」があるという。
    一冊まるまる太宰治の今作は、古書への執拗なまでの想いというか執着が空恐ろしいお話です。
    栞子と大輔の祖父母の代まで遡って、物語が解き明かされていきます。
    もはや血のつながりも本の所有もややこしくなってきて混乱するけど、栞子と大輔の絆は深まったということで。
    そして、やっぱラスボスは智恵子なんですかね。

  • 面白かった。
    太宰治の「晩年」が絡めていった人の人生。

    ミステリーとしても興味深い展開だった。

    人と人が絡んでいた。絡まっていた。
    物語だからこその人間模様のはずなのだが、とても人間臭い。

    栞子さんの大輔さんに対する気持ちもまっすぐで微笑ましい。

    あとがきに、次か、その次の巻でビブリアが終わりとある。
    終わり方に幸あれを願う。

  • 7巻を読み始めた時に話の内容に違和感を感じ、
    6巻を読んでいない事に気付きました。
    でも、6巻み初めてもしばらくは?で、
    前の内容思い出すのに時間かかった(^_^;)

    太宰治の「晩年」を巡る話。
    古書を愛しすぎている人間の
    執着心とか手段を選ばない姿が
    恐ろしいと感じた一冊だった。
    こう言うのって、物語の中だからなのか
    実際の古書業界も黒い感情が渦巻いてるのか…
    本好きな人に悪い人はいないと思ってたけど、
    いや、今でもそう思ってるけど。。。

  • 最初から不穏な感じで始まってどうしてこうなった! と続きが気になる構成。
    一巻から続いた流れに決着がついて、でもそこからさらに何かあるぞ、というところで話が終わっているので読み終わっても続きが気になる気になる。

    古書にとりつかれた人間の狂気、なんだけど、それだけではない普遍的な人間の性が容赦なく描かれている感じがしました。

  • 栞子と大輔を取り巻く人間関係がどんどん複雑に。
    欲しい本のためなら、人を傷つけることも厭わない人達。栞子もそういう人たちの血をしっかり受け継いでる。今後どういうふうに物語を終わらせるのか、続きがとても楽しみ。

  • NO.6は、太宰治特集。
    栞子、大輔、その他各登場人物が、祖父母の時代から繋がりがあるとは!
    前世の因縁か、何やらおどろおどろしたものになってきた感じ。
    ともかく、このシリーズも、次回あるいは次々回で終了とのこと。最後まで楽しませてもらおう。

  • サイン会で三上さんのサインもらえたし話せたしブクログの特設ページで質問にも答えてもらえてもう本当に幸せ・・・あとは鎌倉に行くだけ

  • 久しぶりに本を読みたい!と思わせてくれたビブリアに、今回は怖さを感じたのだった。


    相変わらず二人はラブラブでいい。とてもいい。
    ただ、今回はそれどころではなかった。

    ビブリアを2、3巻読んだ頃、登場人物はそこまで多くないと感じていた。
    しかし、本作を読みんでみて、その頃すでに底知れない人物関係のパズルに引き込まれていたことがわかったのだった。
    栞子さんの母・智恵子が登場したあたりから、巻を重ねるごとにこのパズルが手に負えないことがわかり、そして今では、怖いとさえ感じている。

    ああ、早く続きを読みたい!

    でも次巻で終わり!
    この物語にカタルシスはあるのか!
    信じて疑わなかった栞子さんの潔白さまで裏切られるのではないか!
    いや、むしろ裏切ってほしい!どうした自分!?


    関係ないけれど、ガンダムユニコーンと同じ7巻完結となった。
    適度な長さでまとめるということは大事なことだと、改めて思った。

全672件中 1 - 10件を表示

三上延の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)に関連する談話室の質問

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)に関連するまとめ

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)の作品紹介

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていた。過去を再現するかのような奇妙な巡り合わせ。深い謎の先に待つのは偶然か必然か?

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする