ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)

  • 3180人登録
  • 3.63評価
    • (215)
    • (443)
    • (418)
    • (87)
    • (20)
  • 508レビュー
著者 : 北川恵海
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048692717

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • 読みやすかった。
    この小説に出てくる部長程ひどい人間に巡り合ったことがないから、共感できるところばかりではなかったが、仕事に見切りをつけることの大切さはこの本から十分に学べると思います。

  • タイトルは気になっていたが今まで読む機会がなかった。

    ブラック企業やパワハラ、そういう言葉は使われていなかったとしても、昔からこれに近い事はあったと思う。ここまでひどくはないにしても。

    自分より成績が良くないと思っていた仲間が、大手と呼ばれる企業に就職し、それを面白くないと思いながら入社した会社。そこでうまく行かない仕事と上司からのパワハラ、先輩の裏切りなどを受ける。自分は社会人になどなってはいけなかったんだと思い詰め自殺まで考えるように。
    そんな青山隆を救ってくれたのが同級生のヤマモトだと名乗る男だった。ヤマモトはいつも明るく隆の心の支えになってくれ、隆にとっての幸せや大切なものに気付かせてくれた。でもそのヤマモトにも実は…。

    隆は自分の本当にやりたい事、やりがいのある仕事を見つけ明るく前に進んでいる描写で終わっている。両親に対する気持ちの持ち方も変わり、感謝が出来るように大人になった今なら、純粋に人の気持ちに寄り添える仕事が出来るのではないかと思う。

  • 仕事がつらくて辞めたいけど辞められない、辞めるという選択さえ思いつかない、明日仕事に行かなければならないなら死んだほうがまし、と思っているサラリーマンに読んでもらいたい小説。「パワハラ」や「長時間労働」「ブラック企業」など今ホットなトピックにマッチする内容で、近々、映画が公開されるらしい。
    自殺するくらいだったら、仕事なんて辞めればいいのだけれど、「辞めたら次がない、一生、正社員になれない」と思うと辞められない。あるいは、辞めるという選択があることに思い至らないほど追い詰められているのだ。そういうサラリーマンはたくさんいると思う。主人公の「ヤマモト」のような存在がいなかったとしても、こんな方法があるよ、と、誰かが手を差し伸べてくれればいい。転職エージェントでも臨床心理士でも、もっと気楽に相談できる存在がだれでも手の届くところにアクセス可能であればいいのに、と思う。

  • ブラック企業になんとなく就職してしまった新入社員の話。人生つらいこと、仕事も多いけれど、本当に大切なことに気づくきっかけをあたえてくれる作品。読みやすくて、オチもちゃんとしているけれど、サラッと読めてしまう印象。

  • 宮崎行きの飛行機で読むために、タイトルに惹かれて購入。
    軽くよめて面白かった。
    意外な結末。

  • 物語としては、少しもの足りないボリュームなのですが、
    この本を手に取る、普段の仕事で疲弊した普段読書をあまりできない方には丁度良いと思います。

  • 楽しくサクッと読めました。
    そう簡単にはいかないけど、人生そんなに悪いものでもないか、と思える瞬間があれば人間何とかなるもんかもね。
    青臭いセリフは多いけど、それもまた爽やかでよし。

  • 2017.03.10-13
    なんか途中で先が読めてきた。会社の中の人を信用できないのは、辛いなー。でも、やる気があって、いいなと思った。
    ただ、どんな仕事も自分自身なんだなと。

  • その名の通り、
    主人公が仕事を辞めるまでの本。

    ヤマモトが良いキャラしてた。
    映画も面白そうで楽しみ。

    スラスラ読めて、メッセージも分かりやすい。
    追い詰められている人皆んなに読んでほしい。

    そういう人を惹きつけるタイトルにしてるのが、センスあるなーと思った。

  • おもしろい。話自体はそれほど入り組んでいるわけではないのだけれど、起承転結のそれぞれの部分で読者をひきつける謎めいた部分を小出しにしてくるから、ちょっと先が気になってぐいぐい読める。読みやすい筆致で読後感も爽やか。ブラック企業によって追い詰められていく若い人の真理が丁寧に描かれていながら、ヤマモトとの掛け合いによってどんよりとした雰囲気にはなりすぎず、バランスも取れている。ただ、カバンの中身の件とか、ヤマモトの本業のこととか、もう少し丁寧に描かれていればよかったかな。

  • 一気に読めて面白かった。

    みんな色々な壁にぶち当たって、
    色々な事に悩んでる。耐えてる。
    自分を上手く誤魔化しながら、保ちながら。

    仕事は色々なものを与えてくれる。
    喜びも悲しみも、成長も疲れも。
    給料や人間関係も。

    仕事のいいところ、悪いところのバランスが大きく崩れた時、人は壊れ始めるのかもしれない。そんな時、ヤマモトのような人が現れたら…
    仕事に疲れ果てた大人達みんなにヤマモトが現れますように!

  • タイトルだけで、勝手なイメージもったらあかんな~。
    っていうのが、一番の感想。

    タイトルでインパクト出して、売上アップ目的の軽い本かと思い、気になりつつも、そのうち。。。と思って読まず嫌いをしていたけど、いい感じで期待を裏切られた。

    後輩にたまたま借りて読んだら、なかなか面白かった。
    よくありそうな内容だけど、テンポよくさくさく楽しく読めた(1時間程で完読)。
    ともすれば、暗く重くなるようなテーマだけに、ここまで軽快なのはある意味良かった気がする。ちょっと疲れたり、悩んでる人が読むにはちょうどよいかもしれない。

  • 軽く読むのには最適。そして思いつめちゃってる人にも最適。
    小説?って感じはしなかったかな

  • 面白かった!一気読み。母からの言葉に感動したし、上司へ言った言葉は爽快だった。仕事辞める勇気ないけど、こういう心持ちでいたらラクなのかな。「ちょっと今から仕事やめてくる」って私も言ってみたい笑

  • とても温かくて色んな人に読んでほしい本だと思いました。時には逃げることも大切だと思いました。

  • 「ちょっと今から仕事やめてくる」って、私も言ってみたい(笑)
    作中にもあるけど、たった一人でも愚痴を受けとめてくれる友人がいれば、乗り越えられることって多いのかも。
    以前はブラックな業界に、今はワープアな仕事をしている自分はもちろんですが、「仕事」を「学校」に置き換えれば、生徒たちでも十分共感できると思った。
    是非手にとって欲しいなぁ。

  • 初めて読む作家さんです。
    以前、書店で売れ筋の本として並んでいた記憶があって
    電子版でスマホに入れてました。

    タイトル通り、一人の青年が会社を辞める
    結末がわかっているので、最初から苦し気な展開だったけれども安心して読んでしまいました。

    ブラック企業に勤め、心身共に衰弱した青山隆
    線路に飛び込もうしたところ、同級生ヤマモトと名乗る人に助けられて
    交流を深め、自分を取り戻していき…
    タイトル通り、明るい感じで仕事をやめる。

    実際、辞めると言ってその日に辞められるものなのか疑問だけれども

    終盤、ヤマモトの素性についてはちょっと驚きました。
    ミステリー要素。

    スマホで読んだので、実際の分量がよくわからないけれど
    短い話?
    結構あっという間にあっさりと読み終えてしまいました。

  • タイトルを見てとても気になっていた作品。

    展開は途中から予想できており、驚きは少なかったです。ただ主人公になぜそこまで親身になるのかが分からず、先輩の行動も疑問な点があり、最後に口調が変わるのも違和感があり、それなりに楽しめましたが最後まで物語に入り込むことはできなかったです。

    ブラック企業に勤めている中で出口がなく希望が見えない描写はリアルな感じがして、自分だったらどうするだろうか、同じような感情になるのではないかと今の仕事に絡めて色々と考えさせられることがあったのはよかった点かなと思います。

  • 大切な人の存在、それを忘れてはいけないと思わされる良い話。
    人が苦しい時、寄り添える人間でありたい。
    私を救ってくれた人たちにもう一度感謝を伝えたい。

  • スゴイデスネ(棒)
    このしょうせつは、いったいだれにむけてかいたのだろう。
    ぶんしょうとものがたりのてんかいはしょうがくせいかちゅうがくせいむけだけど、とりあげてるテーマはおとなむけっぽいですよね。
    とちゅう、「ちゃのみちゃわん」というあまりいっぱんてきでないことばにキレそうになりました。ずつうがいたいくらいのいわかんでした。
    あ、ネットじょうで、わだいになってたぼうおおてこうこくだいりてんしゃいんのついったーのつぶやきをおもいだしました。
    「せけんにはおそるべきりょうのおそるべきバカがいて、CMはそのだいたすうのバカにあわせてつくるべき」だとかなんとかいうやつ。
    なるほど、わたしたちどくしゃのちてきレベルにあわせてかいてくださったのですねぇ。さすがです。

  • ハードな仕事が多い世の中、真面目な人はつい自分を追い詰めてしまいがちだが、そんな人の心の息抜き、逃げ道にお勧めしたい作品です。
    物語としても面白かった。

  • 会社へ行く途中、
    「事故にでもあって、会社に行けなくなれば、楽になれるのになぁ…」
    と思ったことは、数え切れないくらいある。
    きっと、これからもあると思う。

    通勤途中、
    「車に轢かれたら、この苦しみから開放される…。」
    なんて思ったことが、何回あったのか…。

    でも、こんなにも弱っちい私の周りには、幸いにも優しく・心温かい人がたくさんいる。
    だから、今日も会社へ行ける。

    この本の主人公のような、辛く逃げ場のない状況に置かれたら、どうなっていたのだろう…。
    考えるだけで、恐ろしい。

  • 1日で読めるライトノベル。
    でも中身はヘビーノベル。

全508件中 1 - 25件を表示

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)に関連する談話室の質問

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする