ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)

  • 3292人登録
  • 3.63評価
    • (220)
    • (466)
    • (428)
    • (90)
    • (20)
  • 524レビュー
著者 : 北川恵海
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048692717

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • ブラック企業の話だが、非常にリアルであった。

  • まずは裏表紙のあらすじを読んではいけないところからつっこみます。話の半分近くをここでネタバレしてるようなもので。タイトルだけでも十分興味をそそられると思うので、あそこまでのあらすじはいらないと思います。
    ブラック企業に悩む青年の話ですが、きっと共感できる人が多いと思います。でもラストの主人公のキレ方は別人かと思いました。いきなりサバサバした性格になってしまって。それだけキレたかったんだろうけど今までの穏やかな感じからすると少々違和感。
    ヤマモトが双子と言う点は、途中で「おまえ、双子の兄弟がいるの?」と聞いてしまうとそこで話が終わってしまうから主人公に言わせなかったんだろうなと思うけど、自分だったら普通に聞いていた気がします。それでは感動の物語が成立しませんが。母親との電話は心に沁みました。
    最後の締め方はちょっと安易かなと思って自分はあんまりピンとこなかったけど、きっと元気をもらえる本なのだと思います。特に若者は。

  • 2時間ぐらいで、一気に読めた。

    内容が重いかと思ったけど、主人公が出会ったある人の言葉や行動のお陰で、元気づけられることも。

    主人公が最後のシーンで放つ言葉は、今の社会のブラックな部分に突き刺さるセリフだと思った。

    ちょっとミステリーな部分も含んで、読み進めていくうちに謎が解けるのも読んでて面白かった。

  • 会社に入りたての新人社員。仕事がしんどい…死にたい…でも仕事を辞める勇気もない…そんなときに現れた同級生❓。友達となり、ささいな話や相談をしていくうちに、だんだん選択肢が、広がるとともに、彼って一体…❓となる。自殺した双子の片割れだった。めのまえにいる自殺しそうな人だけでも救いたい、そんな彼の気持ちがあった。それで、助かって、良かった!

  •  失ったむなしさ見たいな…この作品もワタシが好きなタイプだと思っていたところに、裏表紙のあらすじがきを読んでしまいました。ちょっとこのあらすじがきひどくないですか?ネタばれ満載で興醒めです。
     登場する2人の再開は、なんだか嬉しい反面、作品としてはもう一つです。会わないままの美しく尾をひく終わり方なかったでしょうか。

  • 非常に読みやすかった、主人公(隆)が追い込まれていくのもリアリティがあった。しかし、特にどんでん返しがあるわけでもなくあっさりと再出発を決めてしまう「それでいいのか?」と思う一方で将来を悲観的にとらえてしまう若者のハードルを下げてくれたと思う。

  • 今までの常識をくつがえす感動の本でした。
    人それぞれの生き方を学ぶことができ、読み終えた時の爽快感と感動が渦巻き一度は読んでみてほしい本です。

  • 本当にやりたい仕事につける人はどれくらいいるのだろう。

    隆が会社を辞めるときに言ったセリフ。

    「やりたいことを見つける。
    ステータスなんてなくたっていい」

    隆にも優にも、そして未来に続く子供達も
    この言葉を忘れないで欲しい。
    昔、この言葉を私にくれた人は今も輝いている。

  • 「ちょっと今から仕事やめてくる」

    2017年5月27日公開
    キャスト:福士蒼汰、工藤阿須加、黒木華
    監督:成島出
    http://www.choi-yame.jp/

  • 読みやすくてサクッと読み終えました!
    働く人に役立つことも共感できることも、忘れちゃいけないこともギュッと詰まってる。
    色んな意味でやっぱり心の余裕は大事だな、と。
    もっともっと働くみんなが、生きるみんなが少しでも笑顔でいれるように。人生の楽しさを見つけれたらいいなって思える作品

  • 会社がつらく自殺を考える主人公に手をさしのべる同級生。
    ただその同級生も闇を抱えていて。。。

    主人公が会社から受ける仕打ちはひどいもんだが、
    タイトルから結論が分かっているので、
    それもまぁ最後のカタルシスを味わうために読んでいるようなもの。

    それにしても、主人公の会社は、
    上司から先輩までクソ人間しかいない酷い会社だな。

    おっさんならともかく、
    若いんならそんな会社はとっとと辞めるべし。

    最後の主人公のこの言葉がとてもよい。

    「俺の人生は 、お前のためにあるんでも 、この会社のためにあるんでもねえ 。俺の人生はなあ 、俺と 、俺の周りの大切な人のためにあるんだよ ! 」

  • フルタイムの仕事との相性の悪さに悶々としている今読んだら、泣けた。自分の人生は、自分と、半分は自分のこと大切に想ってくれる人のもの。ささる。泣ける。逃げ出すこと、逃げ方を私も大切にしたいし、自分の大切な人に逃げてもいいよって、自分を大切にって教えたい。

  • すべての働く人たちに

  • 一気読みでした。読みやすかったです。
    社会に出て働くという事は、時に自分を殺し、生き難いもので、誰もが細いロープの上を歩いている様なものかもしれません。

    ヤマモトの言うことが、自分にもすぅ〜っと染み込んでくる感じがしました。
    (ああ、自分も行き詰まっているのかなぁ)

    一冊読み終わった時には、自分もカウンセリングを受けて、スッキリした様な気持ちになりました。

  • 気軽に読めました。今、過労とかパワハラとかが問題になっている。ぜひ社会人に成り立ての人や、これから就活をする学生さんに読んで欲しい。社会に出て生きていくことは大変だけど、人生はそんなに悪いものではないよ!

  • 今の世の中は息苦しく、何をしたら良いのかも分からない。そして周りを見渡せば自分よりも輝ているように見えてしまう。自分の方が上だ、と思っていたはずなのに。誰もがやりたいことが出来る世の中では無いし、それを職に繋げるのは、もっと難しい。妥協したら、妥協した先でも更に妥協と折り合いの日々になる。それが当たり前で、日常なんだと思う。それに忙殺されて死にたくはないけど、それでも心が磨り減るのは良くあること。
    青山はその日常の中で、極々僅かな奇跡でヤマモトと知り合い、極々僅かな奇跡で救われた男。そして、彼に救われたことで自分のすべきこと、出来ることを見付けられた幸運な男だと思う。普通なら、飛び込んで終わりだったはず。あぁやって救われることは無いだろうし、仮令救われたとしても、あそこまで親身になってくれる他人は居ない。極々僅かな奇跡と幸運で上手く往った人間なんだなぁとしみじみ思う。だからこそ、現実味の無い話だなぁと思ってしまった。リアリティを出しながらもリアリティの無い話だった。
    ただ、書き方は読み易くて丁寧だった。メディワークス文庫は余白が少ないので読み辛いが、改行や文字数も多くはないので余計にページが進んだのは良かった。

  • 読みやすかった。
    この小説に出てくる部長程ひどい人間に巡り合ったことがないから、共感できるところばかりではなかったが、仕事に見切りをつけることの大切さはこの本から十分に学べると思います。

  • タイトルは気になっていたが今まで読む機会がなかった。

    ブラック企業やパワハラ、そういう言葉は使われていなかったとしても、昔からこれに近い事はあったと思う。ここまでひどくはないにしても。

    自分より成績が良くないと思っていた仲間が、大手と呼ばれる企業に就職し、それを面白くないと思いながら入社した会社。そこでうまく行かない仕事と上司からのパワハラ、先輩の裏切りなどを受ける。自分は社会人になどなってはいけなかったんだと思い詰め自殺まで考えるように。
    そんな青山隆を救ってくれたのが同級生のヤマモトだと名乗る男だった。ヤマモトはいつも明るく隆の心の支えになってくれ、隆にとっての幸せや大切なものに気付かせてくれた。でもそのヤマモトにも実は…。

    隆は自分の本当にやりたい事、やりがいのある仕事を見つけ明るく前に進んでいる描写で終わっている。両親に対する気持ちの持ち方も変わり、感謝が出来るように大人になった今なら、純粋に人の気持ちに寄り添える仕事が出来るのではないかと思う。

  • 仕事がつらくて辞めたいけど辞められない、辞めるという選択さえ思いつかない、明日仕事に行かなければならないなら死んだほうがまし、と思っているサラリーマンに読んでもらいたい小説。「パワハラ」や「長時間労働」「ブラック企業」など今ホットなトピックにマッチする内容で、近々、映画が公開されるらしい。
    自殺するくらいだったら、仕事なんて辞めればいいのだけれど、「辞めたら次がない、一生、正社員になれない」と思うと辞められない。あるいは、辞めるという選択があることに思い至らないほど追い詰められているのだ。そういうサラリーマンはたくさんいると思う。主人公の「ヤマモト」のような存在がいなかったとしても、こんな方法があるよ、と、誰かが手を差し伸べてくれればいい。転職エージェントでも臨床心理士でも、もっと気楽に相談できる存在がだれでも手の届くところにアクセス可能であればいいのに、と思う。

  • ブラック企業になんとなく就職してしまった新入社員の話。人生つらいこと、仕事も多いけれど、本当に大切なことに気づくきっかけをあたえてくれる作品。読みやすくて、オチもちゃんとしているけれど、サラッと読めてしまう印象。

  • 宮崎行きの飛行機で読むために、タイトルに惹かれて購入。
    軽くよめて面白かった。
    意外な結末。

  • 楽しくサクッと読めました。
    そう簡単にはいかないけど、人生そんなに悪いものでもないか、と思える瞬間があれば人間何とかなるもんかもね。
    青臭いセリフは多いけど、それもまた爽やかでよし。

全524件中 1 - 25件を表示

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)に関連する談話室の質問

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする