ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)

  • 4012人登録
  • 3.65評価
    • (281)
    • (562)
    • (517)
    • (111)
    • (24)
  • 631レビュー
著者 : 北川恵海
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048692717

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • この優しい物語をすべての働く人たちに
    ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうとしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。なぜ赤の他人をここまで?気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で自殺した男のニュースだった…。スカッとできて最後は泣ける、第21回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉受賞作。

  • タイトルは気になっていたが今まで読む機会がなかった。

    ブラック企業やパワハラ、そういう言葉は使われていなかったとしても、昔からこれに近い事はあったと思う。ここまでひどくはないにしても。

    自分より成績が良くないと思っていた仲間が、大手と呼ばれる企業に就職し、それを面白くないと思いながら入社した会社。そこでうまく行かない仕事と上司からのパワハラ、先輩の裏切りなどを受ける。自分は社会人になどなってはいけなかったんだと思い詰め自殺まで考えるように。
    そんな青山隆を救ってくれたのが同級生のヤマモトだと名乗る男だった。ヤマモトはいつも明るく隆の心の支えになってくれ、隆にとっての幸せや大切なものに気付かせてくれた。でもそのヤマモトにも実は…。

    隆は自分の本当にやりたい事、やりがいのある仕事を見つけ明るく前に進んでいる描写で終わっている。両親に対する気持ちの持ち方も変わり、感謝が出来るように大人になった今なら、純粋に人の気持ちに寄り添える仕事が出来るのではないかと思う。

  • 確かにスカッとするお話だった。
    社員になって働きだしたら、嫌な事があっても簡単には辞められない。特に男性は。
    この本の会社は、腹立つ奴ばかり。確かに病んでしまう。
    真面目な人は自分が悪いって思う傾向あり。
    自分1人だけで生きているわけじゃない。
    読みやすくて、いいお話でした。

  • タイトルが気になっていたが、たまたま立ち読みしたらテンポがよくて一気読み。めちゃくちゃ感情移入した。それだけ今の自分に重なる部分が大きかった。
    アマゾンのメディアワークスカテゴリで一位になってました。それだけ今の日本で共感する人が多いということかな。それはそれで「日本大丈夫か?!」「いや大丈夫じゃないな。」みんなストレスたまってるなと心配になるくらい、今の社畜のみなさんのリアルが描かれていたような気がします。

  • 終盤、泣けた。タイトルで思わず手に取ってしまったけど、あまりにも隆の気持ちが分かってしまって辛くて。新入社員という境遇も同じで、なんで自分はこんなに出来ないんだ、って空回りばっかりで…。こんなことも頑張れないなんて、これから生きていけないんじゃないかって思ったりする。でも、そんな自分を励まして応援してくれる家族や、別の分野で同じように頑張ってる友人がいて、それでもその人たちに甘えてしまっている自分が情けなくて。色んな感情が湧いてきた。辞める勇気を隆は得たけど、私は続ける勇気がまだまだ必要だなとか。とりあえず、さくっと読めて働くということを考えさせられました。

  • サザエさんシンドロームにかかっっている人にお薦めの作品です。
    ブラック企業で働く男を、同級生が救う話なのですが、「ランチのアッコちゃん」が働く女性を応援する小説だとしたら、この作品は「働き、そして自分一人で悩む男性への助けになる小説」なのではないでしょうか。

    第21回電撃小説大賞のメディアワークス文庫賞受賞作品です。コンパクトにまとまって、文体も読みやすく、次の作品も楽しみの方です。

  • あっという間に読めちゃう(笑)
    読むスピードの遅い私でさえもサクサクっと読み終えてしまった。
    読後感はなんともスッキリで優しい気持ちになれる。
    軽く読める一作だが、考えさせられることはいろいろ。
    電車の飛び込み自殺って、よし!今から飛び込んでやる!みたいな気合いを入れて事を起こすのではなく、
    主人公の様に、気が付けば駅ホームの端っこに立っていてフラッとして、気が付けば線路に落ちて。。。みたいなのが多いんだろうか。
    でもとにかくそうなる前に、辛い事悩み事など誰かに話してスッキリさせるってのが大事なんだと思う。
    誰かに話すことでトラブルの解決法が見つかることもあれば、何の解決法も見つからないこともあるだろうけど、心の内を吐き出してしまうだけでどれだけ気持ちが楽になって、次へのエネルギーが蓄えられることか。
    悩める人々誰にも、ヤマモトに代わる友人や話し相手が身近にいることを切に願う。

  • 旅のお供に買った文庫本。
    イッキに読み終え、映画も観賞。

    タイトルは一見軽く簡単に
    会社を辞める感じだけど、
    そうではなくて。
    ヤマモトに私も救われる気持ちなる。

  • 今の世の中は息苦しく、何をしたら良いのかも分からない。そして周りを見渡せば自分よりも輝ているように見えてしまう。自分の方が上だ、と思っていたはずなのに。誰もがやりたいことが出来る世の中では無いし、それを職に繋げるのは、もっと難しい。妥協したら、妥協した先でも更に妥協と折り合いの日々になる。それが当たり前で、日常なんだと思う。それに忙殺されて死にたくはないけど、それでも心が磨り減るのは良くあること。
    青山はその日常の中で、極々僅かな奇跡でヤマモトと知り合い、極々僅かな奇跡で救われた男。そして、彼に救われたことで自分のすべきこと、出来ることを見付けられた幸運な男だと思う。普通なら、飛び込んで終わりだったはず。あぁやって救われることは無いだろうし、仮令救われたとしても、あそこまで親身になってくれる他人は居ない。極々僅かな奇跡と幸運で上手く往った人間なんだなぁとしみじみ思う。だからこそ、現実味の無い話だなぁと思ってしまった。リアリティを出しながらもリアリティの無い話だった。
    ただ、書き方は読み易くて丁寧だった。メディワークス文庫は余白が少ないので読み辛いが、改行や文字数も多くはないので余計にページが進んだのは良かった。

  • 会社の都合で40歳を過ぎて初めての営業職になって、潰れかけた自分と重なった。
    死のうとまでは考えなかったが、自分は仕事が出来ないダメな人間だと心底考えるようになった。
    そして、布団に入ると時計の秒針の音が耳障りになり、時計を変えた。
    夏フェスライブ行ったと時は自分は楽しむ権利の無いダメ人なのに、こんな幸せな時間を過ごしてても良いのかと考えて涙が流れた。
    そんな時に、早々部署替えを画策してくれた人がいて半年で部署が変わった。仕事が出来ないレッテルを半年で貼られての移動に20年間の経験の自身を失った。今の仕事が楽しいわけでは無いが以前従事していた仕事に近いため、仕事は普通に進められる。
    ただ、上司が何の責任も持たず、全て丸投げで、指示しないにも関わらず作り終えた資料に難癖を付けてくる。そうすると資料は作り直し。なぜ最初に的確な指示を出さずに、後出しジャンケンの様に難癖を付けてくるか不思議で、納得出来ない。

    それでも仕事はしなくちゃ生きていけない。
    自分を大切に思ってくれる人のため、そして、守りたい人のため、自分のために上手く折り合いを付けて、自分のとらえ方を変えて、上手く付き合っていかなければならないと思った。

    大事な締めくくりを忘れてた。
    正直この本の主人公の苦しむ様は、俺にとって衝撃的だった。でも、この本に出会えて良かった!

    追記:
    だからと言って『ちょっと今から仕事やめてくる』とは言えないけど、仕事辞めるのと、命を絶つのと、どっちが簡単で、人を巻き込まずに済むのかは、考える必要もないことが今更ながら明確となった。

  • 大苦戦する就活でどうにか中小企業に内定。しかし、あまりのブラックな労働環境に耐えきれなくなった主人公は無意識に、線路に身を投げようとしていた。そんな主人公を救ったのが幼なじみのヤマモト。馴れ馴れしく大阪弁で話しかけるヤマモトのペースに乗せられ、友人となり、彼のアドバイスで自信を取り戻した主人公。しかし、ヤマモトは本当に幼なじみなのか?

    最近のニュースでホットな話題がブラック企業問題。かつてのワタミ、すき家を経て、今では電通が代表企業だ。しかし、この問題が明らかになるときは、被害者が亡くなったとき。死者が出る前に解決できないのだろうか。自死する前に仕事をやめるという選択はできなかったのだろうか。

    だからこそ、だれもが気軽に「ちょっと今から仕事やめてくる」と言える社会が実現すべきで、そんな社会がブラック企業を淘汰できる。このライトな小説を通して、そんな著者の考えが広がってほしい。命をかける仕事なんて、この世にはない。

  • ここに書かれている辞めたくなる程の仕事の厳しさって実はそんなでもなくて、
    怒鳴り狂う上司とか怪しい先輩とか
    主人公が辞めたくなるべく周辺がデフォルメされているから
    そちらへ誘導されてるんだなあと思うわけで。
    登場人物が少ないから感情移入し易い面もありますし。
    これをもって話題のブラック企業なんか辞めちまえとするには弱いかなあと。
    やりたいことを見つけると無職になって、
    物語上は見つかったからいいんでしょうが、
    現実で見つかる人ってそんなにいるだろうかとも。
    夢も希望もないですが。
    死ぬくらいならリセットしましょうとか、頑張らなくてもいいんだよなど、
    現代的なメッセージと受け止めればいいのかもしれませんが、
    いまひとつリアリティーが不足している感じがして、
    ある意味ファンタジーなような印象でした。
    素直に読めませんでした。。。悲しいけど。
    しっかりした構成のもと、次回作に期待。

  • 映画の告知を見て興味を持ち、思い切って購入。普段、メディア化で話題になった書籍は避けてしまいがちなので、冒険でした。
    「ブラック企業」「自殺」というキーワードから、読む前は重苦しさ、陰鬱さみたいなものを感じていたのですが、ライトで読みやすい文体で、読後感は爽やかな気持ちになり、ちょっと意外でした。
    もちろん、語り口はサラッとしていても、その内容は決して明るいものではありません。主人公が精神的に追い詰められて行く描写は、読んでいるこちらの心にも重石がのせられていくようで、しんどかったです。
    「今ここで死ねば、明日会社へ行かなくていい」と、自殺が唯一の救いのように思えてしまう主人公が数年前の自分と重なって、どうか生きてと祈るような気持ちでページをめくっていました。「生きてさえいればなんとかなる」というのは、綺麗事に聞こえることもあるけれど、本当にそうだなあと思います。元気じゃなくてもいいや、疲れたらちょっと休憩して、やりたいなと思うことをして、自分なりに、これからも生きていきたいなあと改めて思いました。また、そう思えるようになるまで腕を掴んでいてくれた人たちに、主人公のように、気持ちをきちんと返したいです。

  • とっても良かった。
    悩み苦しんでいる若い人に読んでもらいたい。
    そう
    そこでの苦しみは、そこだけのこと
    別の場所に行けばいい。
    逃げるが勝ちって事もある
    自殺は残された人に傷を与える。。。
    ヤマモトと青山にエール
    ガンバレ

  • ここまで酷くはないが、社会に働く者の1人として共感できた。
    自分の場合、休みは不定期やから“サザエさんシンドローム”ってワケじゃないけど、、、とある夕方はどーしても気分落ちるよね。
    だから一度、このタイトル通りになったワケだが。

  • 映画で話題だったので是非読みたいと思った。仕事ってすぐ辞めると根性ないように思われるのではないか?再就職がないのではないか?とかいろいろ思われがちだが、眠れない、鬱になりそうなほどまで我慢する必要ない。泣けるし、心あたたまる作品だった。

  • 読みやすくて一気読み。泣けた。
    働いたことある人は、きっと多かれ少なかれ経験してるかもしれない。
    あの苦しい時期を通り過ぎた(乗り越えたとは言えない)今が、本当に幸せだ。
    主婦生活、最高!
    働いてくれてる旦那、ありがとう!
    って心から叫びたくなる、働けない大人の一人です。
    自分が楽しく幸せに生きていける方法が、必ずある。
    隆くんママの「人生なんてね、生きてさえいれば、案外なんとでもなるもんよ」の言葉に大きな拍手を!

  • テンポが良くややこしくもなく読み易かったです。最初は何処でも現れるヤマモトに何か恐れるような怖さを感じました。本当の親友になれそうですね。ハッピーエンドなのが丸。気になってた文庫本読了です。

  • そういう気持ちわかるなー
    というタイトルとともに内容もある意味マッチしてるのですが,それを見る周りとして何ができるのか?
    どういう関わりや行動がいいのか?
    もし,自分がそうなってしまった場合どう言った方に関わってほしいのか?
    色々学べて暖かくなる作品ですね。

  • このタイトルに惹かれて購入。
    青山が精神的に追い詰められ、オフィスの屋上で南京錠を叩き壊す際の気持ちがすごく良く解って泣きそうになった。あ〜、やっと楽になれる…そんな思いを抱いた瞬間、何も怖く無くなる。そんな事を、自分も経験したなぁと。
    私が思い止まれたのは、やっぱり両親の顔が思い浮かんだから。仕事は辞めても生きていてくれさえしたらそれでいい、そう言われてワンワン泣いた日を思い出した。
    仕事も対人関係も上手くいかない今だからこそ、読むべき本だったんだ。

  • 映画の予告を観て、ドキリとしたので、本屋で見つけて、即、購入。
    ブラック過ぎる会社で働く主人公が、顔も覚えていないヤマモトと名乗る小学校の同級生(を名乗る男)に救われる話でした。
    前半、ああ、そうだよなぁ、くるしいよなぁ、と共感し、
    後半、両親と電話をしているところで、自分が苦しいときに、両親のことなんて忘れて仕事仕事仕事ととにかく顔面から突っ込んでいたことに気付きました。人生の半分は自分のため、残り半分は自分を大切に思ってくれる人のためにある。良い言葉ですね。自然と涙が出てきました。
    最後は痛快ですし、さらりと読める小説でした。

    ちなみに、この本、職場で今読んでいるんです・・・って、そんな話を夜、残業している人にしてみたら、みんな読んでいました。恐ろしい・・・。

  • 会社に入ってしばらくは俺もこんな感じだったな〜と昔を思い出させてくれる本。そんな状況の中、ヤマモトみたいな心を気遣ってくれる人は社会にとって大事だと思う。

    パワハラ上司や先輩の裏切りといったある意味どこの会社でも大なり小なりある事実。でも、現実的にそれを回避するすべはあまりない。

    タイトルにあるように本当にやばいと思ったら、辞めれば良い。見方や考え方を変えれば道は見えてくる。
    とにかく社会や世間体に固執して自分を無くさないように気をつけて。老若男女問わず。

  • 良かった!!!めっちゃ泣いた!笑

    幽霊~のくだりで現実味ない話なんかなあって思ったけどそうでもないし、いやいやめっちゃ良い話やん!みたいなw
    こんな感じになったことあるわ・・・って既視感ありまくり。辞めてどうしよう、あんだけ落ちまくってやっと内定取れたとこやからここ辞めたらもうどこも働かれへんのちゃう、もうあんな就活したくない、とかめっちゃ思うよね。それで堂々巡り。結局は辞めずに働き続ける。
    これが日本の現状なんかな~

  • 命より大切なものはないのに、仕事から抜けられない人間らしさが描かれていた。理解できるところばかりで、つらくなった。ラストも好き。

  • とっても軽い。
    その軽さが、この重い内容を語るのにきっと必要。

    ぶちまけられる相手がいるって大事。
    話を聞くって大事。

全631件中 1 - 25件を表示

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)に関連する談話室の質問

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする