ブクログ大賞

新ソーシャルメディア完全読本 フェイスブック、グルーポン・・・これからの向きあい方 (アスキー新書)

  • 534人登録
  • 3.30評価
    • (11)
    • (63)
    • (81)
    • (17)
    • (7)
  • 73レビュー
著者 : 斉藤徹
  • アスキー・メディアワークス (2011年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048701600

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ウォルター・アイ...
クリス・アンダー...
デール カーネギ...
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印

新ソーシャルメディア完全読本 フェイスブック、グルーポン・・・これからの向きあい方 (アスキー新書)の感想・レビュー・書評

  • 人を介した信頼できる情報でなくては。無機質に向かうのではなく、どこまでもウォームアップな世界を維持してこそ未来の発展がある。

  • たった一年半前に発刊されたものが既に古い内容となってしまうこの世界の変化の激しさを感じてしまう.

  • ソーシャルメディアについて造詣が深い著者が、主に企業側からの視点でこれからのソーシャルメディアの効果的な使い方を指南した一冊。

    著者は前向きな未来を志向してるということがよくわかるし、そういう未来がくれば望ましいことは言うまでもないが、負の側面についてもう少し描いても良かったのでは?

  • ソーシャルメディアとの付き合い方は?

    →ソーシャルメディアを取り入れる上でモニタリング、ミングル交流、メジャー測定を実行する
    生活者に共感さるるためには、
    1.自社の価値を見直す
    2.顧客に対する貢献姿勢を明確にする
    3.社会に対する貢献姿勢を明確にする
    4.信頼される企業になる
    5.生活者と対話、交流する
    消費価値とは基本価値、機能価値情緒価値からなる

  • 2011年年頭に出版された本で、今後のSNS(特に FB)やtwitter、そこからくるビジネスなどのマーケッティング情報の活用などの可能性についてまとめている。

    読んだのは出版後すぐだったが、2013年に改めて読むと、ソーシャルグラフ(2章)、ソーシャル・コマース(6章)、顧客サポート(7章)、グルーポンなどのフラッシュマーケティング(9章)、位置情報サービス(10章)などが現実に当たり前になりつつある。

    スマホやタブレットなどが増えたこともあるが、世界は変化していることをある意味感じさせられた本だった。

  • 2011年の著書。同著者の2012年の2冊を先に読んでいたので、重複感はあるが、位置情報系のカテゴライズ、参加者を動員する方法のカテゴライズなど、整理の枠として頭に入れておきたい所。

  • 今話題のSNSを取り上げている本。色々な事例から、今後の人々のソーシャルメディアを通しての生活がどのように変化していくかが書かれていると思う。趣味に読むにはよい本。

  • Facebookに代表されるソーシャルメディアがマーケティングに与える影響を多くの事例とともにまとめた本。
    フラッシュマーケティングや位置情報利用など一通り詰まっている。

    詰め込みすぎな印象もあるが、これくらいのことは知識としても共有できていないといかんな。

  • 2005年時点で人がこなせる情報量は全体のわずか4%程度。今求められるのは情報の量ではなく質。これまで情報の質を支えていたのは専門家だったが今後は同好と信頼の関係性、つまりソーシャルネットワーク。

  • ソーシャルメディア、SNSについて、知見を深めようと思い、読んでみました。■ソーシャルコマースマーケティング3.0すなわち、「消費者と生産者がコレボレートする」というビジネスが、これからどんどん興隆していくとのこと。消費者と生産者の間の情報格差はなくなり、「口コミ効果」さらにいえば「ソーシャルコマース」が人々の購買の動力源になるとのことです。また、胡散臭い商売はより早く淘汰されるようになる、というよい効果があると説いています。#個人的感想:「みんなの意見は大体正しい」と本当にいえるのか、「集団ヒステリー」的な状態になることは考えられないのか?■ソーシャルメディアはリアルな人間関係を復活させるこれはすこし目新しい論点のように感じました。しかし、P2Pビジネスが盛んになる、ということは、やはりリアルな「人間対人間」という関係の強化につながるのは、確かにそうかもと思えるところです。#個人的感想:むしろ、これまでよりも、人と人が出会う可能性が格段に増えるため、もっと人間関係を構築する動力源になるような気がします。

  • ひょんなことで、「ソーシャル」というものを勉強する必要性に迫られ購入した本。ソーシャルに関する全体(IT・マーケティング・広告等)が網羅されており、入門書としては申し分ない本。

    業界に精通しているネット業界の人が読むと物足りないだろうが、その他多くの人が、勉強するには良書だと思う。

    ただ、いかんせん業界の移り変りが早いため、本書はフロー情報を吸収する雑誌感覚で購入した。

  • 入谷プラスカフェ

  • おはずかしながらソーシャルメディアについて抵抗があって、今まで不勉強だったけど、荒れることに対しての怖さみたいなところが払拭されてよかった!ソーシャルメディアのイメージが良くなった。

  • 読みました。企業が消費者、お客様と向き合うときにソーシャルメディアをどう活用するか。大きな視点、分析→具体的事例の形式で12個のテーマで書かれてる。

  • 【感じたこと、思ったことのメモ】

    Twitter,Facebookを使って、どう賛同者を増やすか。
    Twitter,Facebookはそういうムーブメントを起こしやすいツールではあるんだけど、それをどう活用するかがポイント。

    基本、Twitter、Facebookの中の人や中の企業の担当者(人)の考え方が大切。
    海外の事例を用いてその辺りのことを書いてくれている。

    リアルタイムで、常に友人と繋がってる感じが今のネットには大切。
    近所の繋がりが薄れてきた現代、近所という定義ではない別の定義でコミュニティは生まれてきている。

    物溢れ、情報の溢れ。
    似た価格、似た機能のものがたくさんあって、どれがいいのか悪いのかが分からない状態。

    そこで判断材料になるのは、知ってる人、信頼出来る人の意見。
    自分が閲覧したHPに知ってる人のFacebookアイコンが出ていると安心してみれる。

    大昔は家電製品買う場合、近所の電気屋のおっちゃんが勧めるものを買っていた、少し前は量販店の知らないバイトの兄ちゃんに相談して買っていた、今はその家電を実際に使ってる人や、信頼・信用のある人と相談して買うようになった。(気軽に相談できるようになった、相談出来る人数が増えた)
    量販店の兄ちゃんが持っている情報より、SNSで繋がることより得れる情報の方がはるかに信用があり、的確なものが手に入る。

    バナー広告は今や街中の電信柱に貼ってある看板と変わらないくらい怪しいものへと変わりつつある。

    これから作るWEBサービスは、このWEBサービスは安心安全・信頼できるものですよ!という為にもTwitter,Facebookの連動を取り入れる必要が出てくると思う。

    NPO法人は、事業内容が複雑、近くにあるけど実際に何をしてるかわからない、怪しいというという声をたまに聞く。
    事業主の思いは熱いのだけど、それを外部にうまく伝達できないでいる。
    じゃぁ、うまく表現できる人に手伝って貰えばいいんじゃないかな?
    それがTwitterだったりFBのいいねの活用に繋がる。

  • 今年の始めに出た本だから、少々データや事例が古い感は否めないがそれでも改めて学ぶことも少なくなかった。

    事例は多く (基本的にアメリカのもの)、ソーシャルメディアの基礎知識は再確認できる。

    若干、Facebookに関することが多い気もしますがw

  • 『これからの時代は「信頼できる人」による推薦や評判が、購入の意志決定を左右する。』この文章をはじめて読んだときは正直なんのこっちゃ戸思いましたが、今世界的にそういう傾向になっているようですね。

    先日これを読んでいました。最近、これは本当に実感として感じることなんですけれど、インターネットにおけるソーシャルメディアの影響力が無視できないものになりつつあることを改めて思いましたね。僕もツイッターやフェイスブック、そしてグーグルプラスなどを始めていて、それなりの恩恵を受けつつあります。個人でさえこれなのだから、いわんや企業をやなんですよね。

    でも、長万部のゆるキャラのまんべくんのように対応を一歩誤ればたちまちイメージを失墜させるリスクも孕んでいるわけですが…。でも、そういったものも含めて、企業がこういったソーシャルメディアを使っていく傾向はますます多くなるでしょうね。

    僕がいちばん驚いたのは、大手飲料メーカーのペプシコがバスケットボールのナショナルリーグのCMを取りやめてその分のお金をフェイスブックで行うPRのほうに振り分けたのだというくだりを読んだときはなるほどなと思いました。これからのソーシャルメディアの動向を探るには、読んでいて損はないと思っています。

  • それぞれの戦略へのアプローチ視点がなかなかおましろい。ソーシャルネットワークは今後も増大する中でどう差別化していくのか、気になる。

  • ソーシャルメディアに関する本。

    新書で読みやすく、ソーシャルメディアの全体像を何となくつかむには良いかと。

    1月発行から既に半年経ってしまっているので、

    やや情報の鮮度にかける部分も。

  • ソーシャルメディアとの向き合い方を成功例、失敗例を引用しながら紹介している本。ただ、発売されて半年経っているため、世の中の情勢が変わっている面も多々あり。昨年末あたりからソーシャルメディアからの風がスピードを増しているということか。

  • まあ、普通。

  • ソーシャルメディアの現状、将来、活用事例等をわかりやすく説明されている。ただ、第9章にのっていたグルーポンの顧客支援の姿勢については書いてある事と違うんじゃないのと思う人が結構いるのではないか。

  • これからのソーシャルメディアとの向き合い方を整理するために、読むにはよいのではないかと思う。

全73件中 1 - 25件を表示

斉藤徹の作品一覧

斉藤徹の作品ランキング・新刊情報

新ソーシャルメディア完全読本 フェイスブック、グルーポン・・・これからの向きあい方 (アスキー新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新ソーシャルメディア完全読本 フェイスブック、グルーポン・・・これからの向きあい方 (アスキー新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新ソーシャルメディア完全読本 フェイスブック、グルーポン・・・これからの向きあい方 (アスキー新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新ソーシャルメディア完全読本 フェイスブック、グルーポン・・・これからの向きあい方 (アスキー新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

新ソーシャルメディア完全読本 フェイスブック、グルーポン・・・これからの向きあい方 (アスキー新書)の作品紹介

これからの時代は「信頼できる人」による推薦や評判が、購入の意志決定を左右する。そのために消費者とどうつながっていくか?広く浸透したツイッター、ブレイク寸前のフェイスブック、日本でも続々とサービスが展開され始めたフラッシュマーケティング…。国内外の成功事例を分析しながら、ツイッター以降の新しいソーシャルメディア活用のカギを紐解いていく。

新ソーシャルメディア完全読本 フェイスブック、グルーポン・・・これからの向きあい方 (アスキー新書)はこんな本です

ツイートする