ストライク・ザ・ブラッド (1) 聖者の右腕 (電撃文庫)

  • 553人登録
  • 3.66評価
    • (30)
    • (63)
    • (67)
    • (10)
    • (0)
  • 41レビュー
著者 : 三雲岳斗
制作 : マニャ子 
  • アスキー・メディアワークス (2011年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048702676

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ストライク・ザ・ブラッド (1) 聖者の右腕 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ※6巻まで
    ド厨二なワーズが飛び交うコッテコテの作品。

    ともすればよく有る要素の寄せ集めになりそうなものですが
    三雲さんは、これまでの作品ではベタな話でも「ありがち」にならず「王道」に仕上げ、ラブもコメも程よく織り込んでバランスよくまとめられる作家さんなので、安定したクオリティを保ってくれると期待。

    今作では今のところテンプレかなーってところ


    けども毎度終盤の展開に難がある気がするので、その辺は不安

  • #novel
    最強の吸血鬼、第四真祖に変身した主人公。舞台は太平洋上に作られたメガフロートの学究都市。そこは魔族特区でもあって、人と魔が融合している。
    世界は既存の吸血鬼3大勢力によって統治されていて、新たに生まれた第四真祖をめぐり、ラブ有りバトル有り学園コメディ有り… って書いてるだけでこっぱずかしい、ザ・ラノベという設定。
    色々どこかで見たような…つうか作者もその辺はあとがきでネタにしています。

    が、不思議と地に足ついてる感が。主人公がわりと諦観的で行動も冷静、洞察力もあり。ヒロインもしかり。その辺がミソか。最近出てきた、あえて設定を逆どった、カウンター・ラノベ的作品と言えるかも。


    ・三雲岳斗「ストライク・ザ・ブラッド」1〜2巻読了。

  • どっかで見たことあるような厨二設定バリバリでも、ベテランが書くと面白くなっちゃうんだなぁというのを実感してしまう1冊。

  • 出来としては悪くないんだけど展開に不自然さがあるように思えて気になる。

  • 細切れの文体、話の展開がご都合主義的なところを感じる等自分の好みではないが、ネタをいい感じに仕込まれているので、それをどう回収するか続きが知りたいようにも感じる。
    細切れ文章の割に読みづらく感じなかったのが意外。

  • なんかね、ヒトの中にすげえもの飼っている系が好きみたい。烈火の炎とかカンピオーネとか。

    平凡な高校生が、何かのきっかけで、吸血鬼となり、12体の眷獣を血に宿す。その眷獣を使って、数々おこる問題を解決していくって話。

    吸血鬼は3人。
    忘却の戦王の血族の吸血鬼はD種。
    旧き世代と若い世代があって、旧い世代のほうが魔力が強い。
    吸血行為には魔力の補充という目的もある。
    吸血鬼の化身はコウモリだから、コウモリとも呼んでいる。

  • アニメが面白いので読み始め。
    アニメがきれいにできているんだなぁと思います。

  • いやー読み応えありますね。
    濃密な情報量にクラクラです(笑)

  • 3巻ぐらいまでは楽しく読めましたが、その辺でもう飽きてしまいました(^^;

  •  第四真祖と呼ばれる世界最強の吸血鬼になった高校生と、その監視役として某組織から派遣された槍使いの少女が、洋上の人工島で様々な陰謀に巻き込まれる話。

     ふだんはとりえのない男子高校生が、少女の血を吸うことで本来の力を発揮するあたり、吸血鬼ものの王道を行くような話。だが、登場人物どうしのやりとりや感情の揺れ動き、ストーリー展開は、これまでいくつものタイトルを手がけてきた作家の作品だけあって安心して楽しむことができた。
     吸血行動は体のいい性行為だとつねづね思っていたが、この作品では、主人公の吸血衝動を堂々と「性欲」と書いてしまっているところが潔くて好き。あとは、登場人物の多くに裏があって、今後、主人公は周りの人を信頼するのが大変になるだろうなあと思った。

全41件中 1 - 10件を表示

ストライク・ザ・ブラッド (1) 聖者の右腕 (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ストライク・ザ・ブラッド (1) 聖者の右腕 (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ストライク・ザ・ブラッド (1) 聖者の右腕 (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ストライク・ザ・ブラッド (1) 聖者の右腕 (電撃文庫)の作品紹介

"第四真祖"-それは伝説の中にしか存在しないはずの世界最強の吸血鬼。十二体もの眷獣を従え、災厄を撒き散らすといわれる幻の吸血鬼が、日本に出現したという。その"第四真祖"監視と抹殺のため、政府・獅子王機関は"剣巫"と呼ばれる攻魔師の派遣を決定。しかしなぜか監視役として選ばれたのは、見習い"剣巫"少女、姫柊雪菜だった。対真祖用の最強の霊槍を携え、魔族特区"絃神市"を訪れる雪菜。そこで彼女が遭遇した"第四真祖"暁古城の正体とは-!洋上に浮かぶ常夏の人工島で繰り広げられる、学園アクションファンタジー。

ストライク・ザ・ブラッド (1) 聖者の右腕 (電撃文庫)のKindle版

ツイートする