ストライク・ザ・ブラッド (1) 聖者の右腕 (電撃文庫)

  • 548人登録
  • 3.67評価
    • (30)
    • (62)
    • (66)
    • (10)
    • (0)
  • 41レビュー
著者 : 三雲岳斗
制作 : マニャ子 
  • アスキー・メディアワークス (2011年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048702676

ストライク・ザ・ブラッド (1) 聖者の右腕 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • ※6巻まで
    ド厨二なワーズが飛び交うコッテコテの作品。

    ともすればよく有る要素の寄せ集めになりそうなものですが
    三雲さんは、これまでの作品ではベタな話でも「ありがち」にならず「王道」に仕上げ、ラブもコメも程よく織り込んでバランスよくまとめられる作家さんなので、安定したクオリティを保ってくれると期待。

    今作では今のところテンプレかなーってところ


    けども毎度終盤の展開に難がある気がするので、その辺は不安

  • #novel
    最強の吸血鬼、第四真祖に変身した主人公。舞台は太平洋上に作られたメガフロートの学究都市。そこは魔族特区でもあって、人と魔が融合している。
    世界は既存の吸血鬼3大勢力によって統治されていて、新たに生まれた第四真祖をめぐり、ラブ有りバトル有り学園コメディ有り… って書いてるだけでこっぱずかしい、ザ・ラノベという設定。
    色々どこかで見たような…つうか作者もその辺はあとがきでネタにしています。

    が、不思議と地に足ついてる感が。主人公がわりと諦観的で行動も冷静、洞察力もあり。ヒロインもしかり。その辺がミソか。最近出てきた、あえて設定を逆どった、カウンター・ラノベ的作品と言えるかも。


    ・三雲岳斗「ストライク・ザ・ブラッド」1〜2巻読了。

  • どっかで見たことあるような厨二設定バリバリでも、ベテランが書くと面白くなっちゃうんだなぁというのを実感してしまう1冊。

  • 出来としては悪くないんだけど展開に不自然さがあるように思えて気になる。

  • 細切れの文体、話の展開がご都合主義的なところを感じる等自分の好みではないが、ネタをいい感じに仕込まれているので、それをどう回収するか続きが知りたいようにも感じる。
    細切れ文章の割に読みづらく感じなかったのが意外。

  • なんかね、ヒトの中にすげえもの飼っている系が好きみたい。烈火の炎とかカンピオーネとか。

    平凡な高校生が、何かのきっかけで、吸血鬼となり、12体の眷獣を血に宿す。その眷獣を使って、数々おこる問題を解決していくって話。

    吸血鬼は3人。
    忘却の戦王の血族の吸血鬼はD種。
    旧き世代と若い世代があって、旧い世代のほうが魔力が強い。
    吸血行為には魔力の補充という目的もある。
    吸血鬼の化身はコウモリだから、コウモリとも呼んでいる。

  • アニメが面白いので読み始め。
    アニメがきれいにできているんだなぁと思います。

  • いやー読み応えありますね。
    濃密な情報量にクラクラです(笑)

  • 3巻ぐらいまでは楽しく読めましたが、その辺でもう飽きてしまいました(^^;

  •  第四真祖と呼ばれる世界最強の吸血鬼になった高校生と、その監視役として某組織から派遣された槍使いの少女が、洋上の人工島で様々な陰謀に巻き込まれる話。

     ふだんはとりえのない男子高校生が、少女の血を吸うことで本来の力を発揮するあたり、吸血鬼ものの王道を行くような話。だが、登場人物どうしのやりとりや感情の揺れ動き、ストーリー展開は、これまでいくつものタイトルを手がけてきた作家の作品だけあって安心して楽しむことができた。
     吸血行動は体のいい性行為だとつねづね思っていたが、この作品では、主人公の吸血衝動を堂々と「性欲」と書いてしまっているところが潔くて好き。あとは、登場人物の多くに裏があって、今後、主人公は周りの人を信頼するのが大変になるだろうなあと思った。

  • アニメを見て購入

    普通の高校生だった暁古城が世界最強の吸血鬼を受け継いでしまう。
    そこに姫柊雪菜という中学生が監視役としてやってくる。
    バトル学園ファンタジーかな。

    古城はまだ力を完全に使えこなせないみたいだし、
    これからどう強くなっていくのかって言ったところだな。

    ただ戦うだけでなくて、日常部分も所々描かれていたのはよかったと思う。
    2話までアニメのが先だったから補完になった。

    読み終わって続きが気になるって思った。

  • アニメ化記念で購入。『少女ノイズ』以来の三雲作品。中二病系アクションといった感じ。とにかく動く動く。
    頭の中でいろいろアニメになって動いていたので、アニメが楽しみだ!

  • 思っていたよりワクワク感がなくてちょっと残念。でも世界観は好みだから、今後に期待。

  • 吸血鬼が出てきて、美少女がたくさん出てきて、みんなが主人公に好意を抱いていて、ちょっと破廉恥で、みなさん楽しい学園生活を送っているリア充ばかりっていう、理想のラノベ(笑) イラストもいいですね。 セーラー服に重厚な武器ってアンバランスが。

    内容的には、1冊目にしては敵さんが強敵すぎな気もする。

    アニメ化進行中とのことで楽しみではあるけど、始まる前に原作をある程度読んでおく予定。

  • 雰囲気や名前とかはカッコ良くて好きなんだけど、キャラの行動がテンプレ的でいまいち感情移入できないというか、作者にやらされている感が強かった。

  • 清楚な雪菜が吸血されるシーンがエロくて良い。言葉で抗議しつつ拒めない場面も○。
    彼女が名目上は監視役、その実主人公の愛人候補として送り込まれたというのも矛盾を解消する設定として活きている。
    バトルとか他の部分は今のところ別にw。イラストはイマイチ。

  • 物語の構成は高評価。

  •  最強の吸血鬼の能力を受け継いだけれど、制御が全くできていない主人公が 能力の神獣みたいな奴の好みの血を与えることで どんどん能力の制限を解除していって強くなるお話でだいたい当てはまるかな。
     これも、どんどんヒロイン集めてハーレム化していくんでしょうねー

  • 吸血鬼ものを探していて行き当たりました。
    正直あんまりはまらなさそうだなーと思いつつも買ったので仕方なしに読み進めたって感じでした。でもなんか設定とかが好みなのでこの先の展開に期待しています。
    まぁ・・・なんかハーレム系っぽいのがちょっとやなんですが、続きも読みます。

  • うん。おもしろかった。

  • 三雲岳斗さんといえばダンタリアンだったけど、これもなかなか面白かった。やっぱこういう学園系っていいな。個人的に吸血鬼物も結構好きだし。

  • 吸血鬼の話ですね.
    えー,世界最強の吸血鬼,第四真祖である暁古城くんの元に
    監視者として姫柊雪菜が送り込まれてきた.
    しかし監視初日に尾行がバレて….
    さて,この世界最強の吸血鬼たる暁古城くんですが
    吸血鬼になったのはつい最近で,それまでは人間として普通に暮らしてたとか.
    なんていうか,普通の高校生を自称する少年が
    瀕死の吸血鬼を助けた後に吸血鬼の従者として吸血鬼ハンターと戦ったり
    蟹,蝸牛,申,蛇,蜂,猫,虎,不死鳥,悪魔なんかと
    出逢ったりする話がありましたがそういうのとはどうやら違うようで….
    先代の第四真祖にその力を押し付けられたとかなんとか.

    うん,面白かったよ.

    監視する者と監視される者が仲良く買い物したり勉強したりと
    なんだかなぁでほのぼのしつつも異能バトルを繰り広げたりなんだり.
    吸血童貞()の古城は無事に童貞卒業出来るのだろうか.

  • 厨二設定&チート主人公。
    手堅くまとまっている感じ。
    2巻は読んでみたい、もう出てるし。
    アスラクラインみたいにグダグダにならないといーけど。
    眷獣がまだ11も残っているんすねw、ながーく続きそーな予感。
    どっちかってゆーと浅葱萌え?

  • いいヘタレだww
    こういうヘタレが本気になった時が結構好きだったりするので、導入部としてはかなり好み。ヒロインも、これはこれで好き。基本的にはツンデレが好みなんだけど、こういうのも好き。
    シリーズものの第一作ということで、最初から続きを想定しているために謎だらけだけど、続きが素直に楽しみかな。
    ダンタリアンで正直がっかりしたので、これは……と思っているのだが。

    と言うか、ラストの親友にびびったー。

全41件中 1 - 25件を表示

ストライク・ザ・ブラッド (1) 聖者の右腕 (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ストライク・ザ・ブラッド (1) 聖者の右腕 (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ストライク・ザ・ブラッド (1) 聖者の右腕 (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ストライク・ザ・ブラッド (1) 聖者の右腕 (電撃文庫)の作品紹介

"第四真祖"-それは伝説の中にしか存在しないはずの世界最強の吸血鬼。十二体もの眷獣を従え、災厄を撒き散らすといわれる幻の吸血鬼が、日本に出現したという。その"第四真祖"監視と抹殺のため、政府・獅子王機関は"剣巫"と呼ばれる攻魔師の派遣を決定。しかしなぜか監視役として選ばれたのは、見習い"剣巫"少女、姫柊雪菜だった。対真祖用の最強の霊槍を携え、魔族特区"絃神市"を訪れる雪菜。そこで彼女が遭遇した"第四真祖"暁古城の正体とは-!洋上に浮かぶ常夏の人工島で繰り広げられる、学園アクションファンタジー。

ストライク・ザ・ブラッド (1) 聖者の右腕 (電撃文庫)のKindle版

ツイートする