ブクログ大賞

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

  • 19433人登録
  • 3.78評価
    • (1684)
    • (3558)
    • (2642)
    • (366)
    • (47)
  • 2988レビュー
著者 : 三上延
制作 : 越島 はぐ 
  • アスキーメディアワークス (2011年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048704694

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有川 浩
有川 浩
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「主人公の祖母の遺品から夏目漱石のサイン入りの本が見つかり、真偽を確かめに古書店に持ち込む。1冊の本から全てを見抜く知識と能力で、店主は誰も知らなかった秘密に気づく。スカウトされ、主人公はその店で働き始める。2人のもとには次第に【古書にまつわるちょっと変わった依頼】が舞い込むようになり、、、?」

    才気と狂気って紙一重なんだなー。と思った本。「たかが◯◯」の為にどこまでできるのか?

    「何よりも」「どんな事をしてでも」と思うもの(こと)があって、成し遂げるだけの人並み以上の能力やアイデアがあって、では、それを人の道に外れる方法を使ってでも完遂するのか否か。

    積み上がった本で築かれた塀の中、本の事だけを考えて生きていた店主が主人公やまわりの人達の事を考えるようになり、時に悩む。彼女にとって足枷になるのかと思っていたので結末には驚いた。

    私は好きな終わり方だけれど、こうなって欲しいと思いながらもちょっぴり、あちらを選ぶんじゃないかな?とも思ってた(笑)

    店主の妹さんがまだ高校生なのに完璧超人で、そこは戸惑ったけれど2人とバランスを取るにはこれくらいのキャラクターの方が良かったのかなぁ?私なら1日にこれだけの事はこなせないな(笑)

    中には嫌いなキャラクターや許せないキャラクターも居たけれど、主人公と店主の人柄のお陰でひたすら温かくて優しい気持ちになれた本でした。

  • 超ベストセラーらしいけど、若者向けだろうと勝手に決めつけて敬遠してテレビドラマも観てなかった。
    図書館の文庫本棚でたまたま見つけて、いったいどこがそんなに話題になるのか?気になって借りてみた。
    さまざまな古書を巡る人間模様と謎解き。
    読みやすく書かれているし、小難しそうな古書にも親しみが沸き、なんだか身近なものに感じさせてくれる。
    古書店を舞台にした作品といえば、小路幸也氏の「東京バンドワゴン」も思い出す。温かい人間味に触れてみたいならバンドワゴン。古書の独特の匂いを感じたいならビブリア古書堂。と自分で勝手にそうイメージしている(笑)

  • 旧世代なのでアニメイラストの挿絵は苦手なのだけど、話は面白く、すぐ読めた。
    古書の蘊蓄も知ることが出来る。
    続巻も読んでみようかな。

  • 古書に纏わる日常の謎を解いてゆくライト・ミステリー。メディアワークス文庫から出ているので読みやすいです。

    栞子さんは清楚な美貌の眼鏡女子、ただし重度のコミュ障で、普段は客とろくに会話もできないくせに本のこととなるとマシンガントークを繰り出してしまうため普通の人には引かれてしまうという、ちょっぴり残念な美女です。一方、大輔くんは気は優しくて力持ちな好青年で、本が好きなのに読めないという特異体質の持ち主。そんな彼らの不器用な恋愛も小説の軸になっています。越島はぐさんの可憐なイラストも人気の一助となっているでしょう。

    ただ、これら若年層にアピールする要素は、逆に硬派な読書家に遠ざけられる原因になっているかもしれません。特に第1巻は「つかみ」として読者を獲得しなければならないためか、必要以上に娯楽要素が強調されている気がします(栞子さんの巨乳とか)。

    でも一見ライトに見えても、読み進めていくと実は骨太な考証に支えられたミステリーだということがわかります。出てくる古書はほとんどが実在のものです。究極の稀覯本――太宰治『晩年』の自筆入りアンカットや、江戸川乱歩『押絵と旅する男』の初稿、シェイクスピアの未発見のファースト・フォリオなど――は、流石に創作だろうと思いますが、読書好きな人なら思わず引き込まれる素材やエピソードが、巻が進むにつれ続々登場してきます。

    『ビブリア』は私にとって、日常に追われて忘れがちだった読書熱を呼び覚ましてくれる物語でした。これほどの書物愛に支えられた物語ならもっと読み続けていたい。ドラマ化もいいけれど、小説そのものをきちんとした紙の書籍で読みたい。そんな風に思わせてくれる作品です。

  • シリーズ7巻まで出てるというので面白いのかな〜?と思って読んでみた。

    結果、まぁまぁ面白いかな。
    面白さとしては私の中では掟上今日子のような感じ。とてつもなく面白い!という訳ではないけど、何となく次の巻も読んでしまう感じ。

    一章毎に「本を読めない主人公青年」と「本の虫の古書店主女性」が一緒に謎を解いていく。一章完結の話かと思いきや全て繋がっていたり。
    2巻以降どういう展開になっていくのか‥気になるという事は、やっぱり面白いのかな?

  • 本好きには、堪らない本です。

  • ビブリア古書堂の女店長、篠川栞子と、
    その店員五浦大輔の話。
    鎌倉を舞台に、ビブリア古書堂に舞い込む実在の古書から始まる様々な謎を解いていく。

    基本的に内向的で、他人との会話がままならない栞子さんが、五浦さんから聞いた話で謎を解決する、安楽椅子探偵ものが多い。
    直接関与することもあるけれど。

    ※安楽椅子探偵とは、探偵役が事件現場におらず、その事件を見ていないにもかかわらず他人から聞いた要点のみで解決するもの

    面白い。
    面白いというか、読みやすい。
    読みやすいから面白い。
    米澤穂信のシリーズのようなジュブナイル感のあるミステリで、謎の部分に小難しい何かがあるわけでもなく、
    思い浮かべにくい表現もない。
    ストレスなく読み終えて、読了後ほっこりするような本に出会えるというのは素敵な事なのだというのを実感させてくれる一冊。

    おススメは、
    ヴィノグラードフ・クジミン『論理学入門』

  • 古書、というあまり馴染みのない世界(古本とは違うんだよね)を舞台にした、ちょっとミステリー風味の話が、とても新鮮だった。
    栞子、大輔、文香のキャラも面白いくてするする読めるし、いろんな本の新しい側面や、まったく未知の本との出会いがあって楽しい。

  • これまで表紙絵とタイトルから何となく避けていた部分がありましたが、ふと読んでみようかなと思い購入しました。結果的には買ってよかったと思っています。とにかく栞子さんがかわいらしくて魅力的です。人見知りで不器用な面がありながらも本のことになると人が変わったように話し出す彼女。謎にぶつかったときの鋭い観察眼はちょっと鋭すぎる感はありますが、主人公との初々しいやり取りや距離が近づいていく様子にわくわくしながらもほっこりする場面もあり、謎解きと同じくらい楽しめます。

    本に関わる謎については自分があまり登場する本を読まないこともあり、本をテーマにこういった物語を作れることに感心しながらとても新鮮に面白く読むことができました。これからの栞子さんと主人公の関係性が気になるので続きも読んでみようと思います。

  • 最期まで、どきどきする物語。

  • ドラマにもなってシリーズ化もしているので、あまり期待しないで読み始めましたが、なかなか良かったです。謎を解くところもですが、そもそも栞子さんのことでわからないことが多いので、謎解きと並行して栞子さんのことがわかってくるゆっくしした感じが良いです。

  • 本の奥深さと面白さを再確認させてくれる。

  • 友人からお借りして読了。
    個人的には面白かった。
    実際に現存する本を題材にその本と登場人物との話が書かれていて、登場した本も読んだことのない本ばかりだったので、読んでみたくなった。

  • 初めて手に取ったのは「本屋大賞」のノミネートが話題になったころだと思う。
    ライトノベルはちょっと・・・と思っていたが、大好きな鎌倉が舞台で、古書を絡めた謎解きものということで読んでみた。
    まだ2巻が出たくらいだったので、こんなに続くとは思っていなかったが、結局全部読んでしまっている。

    就職浪人中の大輔が、古書店の女主人の栞子に惹かれてアルバイトをはじめ、そこからコンビで様々な謎を解いていくというストーリー。

    最初の作品は夏目漱石の「それから」。
    ここから栞子は大輔の祖母の秘密を解いてしまう。
    この秘密はこの巻の最終話、太宰治の「晩年」の話に微妙につながるのだが、さらに後々、栞子の祖父や母にも関係してくるのがすごい。

    一冊の本から謎を解く。
    ちょっと無理な感じもするが、その過程でそれぞれの作品や作家の背景が楽しめる。
    そしてまた、もっと本を読みたいな~と思ってしまう。

  • 本が好きだけど読めない五浦さんは、祖母の残した古書『漱石全集』をビブリア古書堂に持ち込んだ。ただの買取査定のはずが、祖母の思わぬ過去を知る事になる。
    本が関わると、とんでもない知識と洞察力を見せる栞子さんの日々。

    さくっと読めます。持ち込まれる謎は小さなものですが、栞子さんが伝聞だけで解決してしまうのには驚かされます。言葉に含まれる機微や意図を見逃さず新たな事実を見出すところは、推理できそうで出来ず楽しめました。
    登場する本を毎回読みたくなりますね。

  • 今までは生物の変人を読んできたが、この本では古書の変人、栞子が出てくる。 主人公は就活できずにいるガタイの良い男性である。 この凸凹コンビによって、古書に関わる事件が解決されていく一冊。 やたらと頭のキレる栞子に違和感を覚えてしまうので、私は△の評価。 しかし、第三話 ヴィノグラードフ・クジミン『論理学入門』の話は好きである。誰も傷つけることなく、円満に終わったのは「頭の良い」しのぶさんのお陰であろう。しのぶさん最高!

  • 2017/01/29

    メディアワークス文庫は初読了かもしれない。
    栞子さんがあまり好きじゃないので二冊目はない。
    思い返せばこの本から〇〇堂、〇〇店、〇〇屋のような書名が増えた気がする。

  • 名探偵コナンを思い出した。
    毎回起こる事件?謎を解いて大きな謎に迫っていくみたいな?この主人公の説明がくどくて好きになれない。一巻読んで満足かな。

  • 軽く読めるミステリー。古本屋が舞台のバンドワゴンシリーズが好きなので読んでみた。メインではないが、実際の本が紹介されているので、そちらもちょっと読んでみようかなという気になる。自分ももう少し本を味わいながら読めるようになりたいと思った。

  • 事件手帖ってほどの事件じゃないな。表紙に惹かれてずっと読みたいと思ってたけど、中身はうーん普通。

  • ラノベらしく非常にスラスラ読めた。古書を巡ってのミステリー小説。いつも読んでる小説に比べると物足りない感じもある。挿絵は綺麗。

  • 今更ながら積読本の本書読了。短編集かと思っていたら、一冊でひとつの小説だった。前評判から、勝手に章のタイトルになっている本とその章の内容がリンクすると思い込んでいたからか、少し肩透かし。タイトルにしている本のチョイスは著者の好きな本だそうだが、一貫性がなく興味を惹かれない。古書の知識があればまた違った感想になるだろうか。

  • ドラマ化されたラノベのヒット作ということで、手を出してみる。まともにラノベを読むのは初めて。
    ラノベだけあって描写や思索に凝るというよりは、ストーリー重視だった。荒削りで短文中心の文体には最初こそ違和感があったが、慣れればそこまで気にならなかった。

    本に関するうんちくが色々と得られたのは良かった。作品の中で登場した作品も読んでみようと思った。

全2988件中 1 - 25件を表示

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)に関連する談話室の質問

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)に関連するまとめ

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)の作品紹介

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない、若くきれいな女性だ。だが、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする