ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

  • 19610人登録
  • 3.78評価
    • (1701)
    • (3581)
    • (2660)
    • (367)
    • (47)
  • 3022レビュー
著者 : 三上延
制作 : 越島 はぐ 
  • アスキーメディアワークス (2011年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048704694

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ずいぶん以前から話題になっていたようだけれど、ようやく読了。正直なところ、マンガの原作かな?と思わせる表紙のせいだったのか、今まで手に取ることもなかった。
    なんとなく見始めたドラマの方が先行する結果となり、それが思いの外おもしろくて、図書館で借りてきたというわけ。
    私の周りの読書仲間さんは、キャストがかなり納得いかない様子で、「とにかく読んでみて!」とのことだった。

    北鎌倉で古本屋「ビブリア古書堂」を営む栞子さん。
    人見知りが激しく、人と親しくなるにはだい分時間がかかりそうだが、本のこととなると人が変わったように生き生きと語りだす。
    事件現場に駆けつける訳でなく、状況や経緯を聴くことで解決への糸口を見つけ、絡まっていた糸をほぐすように、事の次第を明らかにしていく。
    最初に事件を持ち込んだ大輔くんも栞子さんの店で働くようになり、大輔くんが仕入れた情報をもとに栞子さんが本にまつわる事件を解決する。


    おもしろかった。
    もっと早く読めばよかったなと少しばかり、損した気分。
    坂木司さんや近藤史恵さんのライトミステリーを彷彿させる。
    栞子さんの本に対する愛情が読書好きにはたまらない。
    その上、舞台は北鎌倉。
    かなり私のツボをついてきますね。


    4つの短編からなるが、2つ目の中年のホームレス・志田さんと高校生の奈緒のくだりはとてもいい。志田さんが『落穂ひろい』から引用する、

    「なにかの役に立つといふことを抜きにして僕たちがお互ひに必要とし合ふ間柄になれたなら、どんなにいいことだらう」(P154)

    は、素直になれず、とがった奈緒が本当は繊細な心を持て余し、自分でもどうふるまったらよいか分からず虚勢を張っているのを緩め、溶かしていくきっかけとなっている。
    この先もこの2人が登場してくれたら、いいな。


    また、4つ目の話の中で、栞子さんと理解しあえると感じ始めていた大輔くんがふとしたことから、信じることに疑問を感じ離れそうになるけれど、私には栞子さんが大輔くんを信じているからこそのふるまいなんじゃない?、と感じてた。
    そう、大輔くんに伝えたかったけれど、ムリなわけで・・。
    やきもきしているうちに、結局また2人はもとの状態に戻ってきていて、何やかやと心配したのに・・とまた、おせっかいな気持ちになっていました。
    あちこちに見守りたい関係があって、この先も大変気になります!

  • いやぁ〜やっぱ
    先入観で避けてたら
    ダメっスよね〜(笑)

    表紙の萌え〜なイラストに
    なんだかな〜っと思い、
    今まであえて読まなかったけど
    ホンマごめんなさいを
    言っときます(^_^;)


    文庫本にして
    本屋大賞ノミネートも伊達じゃない
    しっかりとした実力を備えた
    面白さですね♪



    いかつい体で本が好き、
    けれども幼少時に受けたトラウマから
    活字が苦手な
    五浦大輔(ごうらだいすけ)。

    艶やかな長い黒髪の美人だけども、
    内向的でアガりやすい
    ビブリア古書堂店長の
    篠川栞子(しのかわ・しおりこ)。

    たまに店番をする栞子の妹の高校生、
    篠川文香(しのかわ・あやか)。

    イカつい坊主頭で小男のホームレスで
    せどり屋の志田。

    絵に描いたような美青年で
    「男爵」と呼ばれる
    せどり屋の笠井。


    第一話では
    五浦の祖母の形見の古書
    「漱石全集・新書版」
    から見つかった
    夏目漱石のサインらしき
    書き込みの謎。

    第二話では
    小山清の「落穂拾ひ・聖アンデルセン」を盗んだ女子高生の秘密とは?

    第三話では
    ヴィノグラードフ・クジミンの
    「論理学入門」に隠された夫婦の絆。


    と連作短編の形をとりながら
    ビブリア古書堂をめぐる物語が進んでいきます。



    いやぁ〜
    それにしても上手い。

    他人と本の話がしたくても
    できない女と、
    本が読みたくても
    読めない男の
    恋の行方も絡めながら、

    日常の中に潜む
    小さな謎を紐解いていく
    ミステリー的要素と、

    嫌みにならない程度で抑えられた
    豊富な古書の知識、

    必ずその小説を読んでみたいと思わせる
    物語の構成力、


    そしてなんと言っても
    登場するキャラたちが生きていて
    漫画的な魅力に溢れているので、

    本来ならとっつきにくい
    古本というコアな世界をも
    興味深く読ませてくれる。



    それにしても
    自分と向き合う時間をくれる
    本の存在って
    不思議ですよね。


    群れから抜け出し
    孤独を楽しむには
    本を読むという行為が一番適していて、

    そんな孤独こそが
    他人を気遣う心と、
    自分の中の
    揺らがない「核」を作ってくれる。



    古書に隠された
    それぞれの物語を知ることは、
    自分にとって
    まだ見ぬ「言霊」に出会う旅です。


    この小説が教えてくれる
    未知なる「言霊」に思いを馳せながら、
    この不器用な二人の
    恋の行方がまた
    気になるところです(笑)

  • 梶山季之のアノ本を読んだ時、ブクログ仲間さん達の話題に上っていたので気にはなっていた。でもライトノベルっぽい装幀と、ちょっとブームに乗り遅れた感もあって手を出しそびれていた。
    今回のテレビドラマ化と書店の大量平積みのダメ押しに乗じて、ようやく購入。
    正直なところ少し甘く見ていた。
    三上延さん、すみません。とっても面白かったです。

    東西2軒のブックオフを直線で結んだ中間地点に我が家はある。
    自転車でぷらりと行けるその範囲内には、それとは別に古本屋が3軒ある。
    品のいい老夫婦が営む、時代小説と文芸書が中心の昔ながらの店。
    松本零士か水木しげるの漫画に出てきそうなオヤジがいる、SFやらミステリやら特撮関係の謎の本が大量にある魔窟のような店。
    新進の若い店主が開いた、外国の絵本や昔の婦人雑誌などが綺麗にレイアウトされている洒落た店。
    ジャンルは被らずうまく棲み分けはできているようだが、もしかしたら業界にも暗黙の了解とか仁義があるのかもしれない。
    三ヶ月に一度は近所の神社で蚤の市が開かれ、古書の露店も出る。
    そして毎年秋口には表通りで素人参加の古本市も催される。

    百円、二百円で掘り出し物を探し当てては部屋の隅の椅子にぽんと置いていた。それはいつしか背もたれを越え、脚の内側に置いていた本も溢れ出し、椅子を骨組みとした蟻塚のようになってしまった。部屋を掃除しても、なぜだかその蟻塚だけは崩すことができない。
    僕は読書以上に「本」そのものが好きなのかもしれない。
    北鎌倉の、栞子さんの営む『ビブリア古書堂』は本好きにとっては夢のような場所だ。そんな店があれば是非行ってみたい。

    本には人の様々な思いが詰まっている。
    しかし思いも強すぎれば狂気となる。
    そして本と人の縁はどこかで必ず巡ってくる。そんな話。

    古書の蘊蓄とそれにリンクした謎解きと人間ドラマが楽しい。
    栞子さんの「ベッド・ディテクティブ」ぶりに唸る。
    意外なところに張られた伏線と話の運び方や各短篇のラストの「引き」の演出の巧さ。小道具の使い方やミスリードも憎い。
    もっと早く読んでおけば良かった。
    さっそく2巻を買ってきてしまった。

  • 僕にとってビブリアは初めてはまった日本の小説だ。アメリカに生まれ、アメリカで育った僕はあまり小説には興味なかった。日本の補習校には通っていたし、親には日本語でしゃべったけど漫画くらいしか日本の文学に興味を持っていた。今年の夏、ニューヨークシティにある紀伊国屋で僕は「おすすめセクション」でこの本を初めて見た。英語にはこういうことわざがある。「本は表紙を見て判決を下すな。」通常、僕はこれに同意するが、今回はそのことわざを無視して、物凄く綺麗な女性が描かれている「ビブリア古書堂の事件手帖1 〜栞子さんと奇妙な客人たち〜」を買い、帰りの電車で読み始めた。ほかの人には僕が初めて補習校の教科書以外の日本語の本を読む人には見えなかっただろう。所々辞書を引く必要はあったし、三巻まで主人公の名前である「篠川」を「ふじかわ」と呼んでいたけどとにかく内容が面白くてそれ以上に読みやすかった。僕の一番好きなところは「事件手帖」って書いてあるけど殺人事件や強盗事件ではなく、普通にどこでもある日常的な事件のことだ。アメリカにはこういう本はほとんど無い。テレビでもいま流行っている本にも必ず誰かが死ぬ。本当にワンパターンだ。でもビブリアはそれと違うし、主人公達が助ける人々はその章だけじゃなく後に出てくるのもまた面白い。一巻を買った日、僕はなんで続きを買わなかったのだろうとすこし悔しがった。年に二,三回しかシティに行かない僕は生まれて初めて二日連続でシティに行って、残りの四冊も買って、すべて一週間以内に読んでしまった(もっと時間をかけて、楽しんで読んだほうが良かったかもしれない)。ビブリアシリーズは僕に日本の本に興味を持ってくれた小説だ。6巻が紀伊国屋に着くのを僕はソワソワして待っている。

  • 幼少期に祖母の本棚に近づき、打たれた経験から、本を読めなくなった大輔。ひょんなことから、黒髪ロングの眼鏡美女 栞子が店長を務めるビブリア古書堂で働くことになり…

    夏目漱石「それから」や太宰治「晩年」、小山清「落穂拾ひ」…。栞子の並外れた推理力により解明される謎の数々。

    「自信モテ生キヨ 生キトシ生クルモノ
    スベテ コレ 罪ノ子ナレバ」
    太宰のこの言葉をどう解釈するか。

    国文学専攻のくせに純文学嫌いなのだが(エリートのぼっちゃんたちが周りをさんざん振り回した挙句自殺したり、当時の作家の生き方が気に入らない)、少しは読み返そうかな。

  • 夏目漱石の「それから」に署名して、不倫相手の人妻に贈る。しかも、単行本ではなく本棚にあると不自然に見える全集の1冊を…。これって「氷の微笑」的な嫌がらせですよね。栞子さん、そこはスルーなの? あとで、どろどろとしたサスペンスにつながるはず、と期待するものの、なんかいい話で終わっている??

    まあ、そんなゆるーい、いい感じの小説。アニメのナレーション的語り口、気恥ずかしくなるようなベタな展開、気になる点は多いが、意外にも楽しめた。

    それは、作家が本当に本好きだから。ビブリオマニアの世界をマニア向けではなくやさしく表現しているのはたいしたもの。
    で、伝説の生き物である「ロングヘアの黒髪、色白、読書好きで恥ずかしがり屋、でも自分にだけは好意を寄せてくれる女性(しかも巨乳)」を妄想全開で嬉々として書いてるから、他のキャラはともかく、そこだけ活き活きしている。

    ピーター・ディッキンソン、アンナ・カヴァンとなかなか手にはいらないサンリオ文庫の本、森山大道の写真集、と栞子が読んでいる本にジェラシー。

    …と、いろいろ書いていたが、ブクログのレビューをパラパラと見ていたら、まったく小説を読んだことがなかった方が、この本をきっかけに読書の面白さを知った、とあり、素直に本を読めなくなった自分を反省する夜。

  • 予約数3桁だったけど、蔵書が多くてわりとすぐ順番が来ました。
    うんうん。
    本がテーマだったり、日常の謎だったり、人情系ミステリーだったり、
    最近よく見かけるなーって感じですが
    栞子さんのキャラがかわゆくて、古書っていうのが渋くていい。
    そして、こういう本に共通する感想として、
    ミステリーとしてはまぁまぁだけど、本にまつわるエピソードや人間ドラマが
    くすっとしたりほろりとしたりでおもしろい。

    登場人物もひとくせふたくせあるし、鎌倉の町や古書堂も独特の雰囲気があり
    個人的には、やっぱり連ドラ見なくてよかったな、と思いました。(笑)
    わたしのイメージで読めてよかったです。

  • 昔から古本屋(今のような大型店ではなく)を巡るのは好きでしたが、最近は本当に少なくなりました。
    この作品ではそんな懐かしい古本屋を思い出しましたが、店長が可愛い人で、しかも店にいないとは。
    本が読めない体質というのは、本好きにはわからないのですが、とりあえずそういうものだと思い読んでいくと、店長不在のわけもわかります。
    一つ一つそれぞれ本にまつわる事件を現場を見ずして解決していきます。賛否両論あるでしょうが、それもなかなか面白かったです。
    ドラマは…もう最初からイメージが違っていたので見ませんでしたが、内容を全部読んでもなお何故剛力かと…。

  •  鎌倉のひなびた(?)古書店・ビブリア古書堂を舞台にした、古書にまつわる短編ミステリ集。北村薫の「円紫師匠シリーズ」や米澤軽穂の「古典部シリーズ」のような、"人の死なないミステリ"で、読み口あっさりで楽しめました。

     章のタイトルが古書情報(著者名『書名』(出版社名)と文献紹介のルール通りで、大学のゼミのレジュメ制作を思い出しました(笑))で、それらの本のあらすじ・内容をうまく利用したお話に仕上がっています。少し前に田中啓文の「笑酔亭梅寿謎解噺シリーズ」を読んではいましたが、上方落語のネタを下敷きにしてトサカ頭の主人公と豪放磊落な師匠・梅寿のムチャクチャな登場人物たちのミステリだったので、受ける印象は180度違いました。(誤解の無いように申し添えておくと、どちらの作品もそれぞれ十分面白いです)

     幼い頃に祖母との間であった"ある出来事"をきっかけに、活字が読めなくなった主人公・大輔。そんな彼が、亡き祖母の蔵書を処分する際に、岩波新書版の夏目漱石全集に夏目漱石のサインがあることを発見。その真贋を確かめるためビブリア古書堂を訪れるところから話が展開しはじめます。献呈署名や古書店の値札に秘められた違和感から、祖母が残した謎に迫っていく第一話。オチが全然見えなかったので吸い込まれるように読みました。
     続く第二話は小山清『落穂拾ひ・聖アンデルセン』と知らない本。50がらみのオッサンと女子校生の間に起きたメルヘンみたいなミステリです。せどりについては何となく知っていましたが、本書に出てくるのは古式ゆかしい(?)せどり屋さんで、私がブックオフで見かけたのは、105円コーナーを流しつつ気になった本があれば片っ端からスマホでAmazonの値をチェックする、そういう人でした。かくいう私も大学時代、恩師の教科書がブックオフで投げ売られているのを見つけ、専門書を高く買ってくれる古書店に持ち込んで利ざやを稼ぎ、帰りに友人とうどん食うて帰ったことがあるので偉そうなことは言えませんが…
     ヴィグノグラードフ クジミン『論理学入門』も青木文庫も私は存じませんでした。本の内容(論理学)の使い方はちょっと物足りないかも、ですが、古書の知識も「へぇ~」でしたし、何よりええ話だったのでオールオッケーです。
     そして最後が太宰治の『晩年』。袋とじの元祖みたいな本(こう言うと稀覯本の値打ちも台無しですが…)と、大輔自身にも関わる謎、そして身に迫る危険、とスリリングな展開でした。

     あとがきに、本書のモデルになった鎌倉の古書店はなく、想像を膨らませて書いたとありました。
     そう言えば、予備校の先生が「私は鎌倉出身ですが、鎌倉が嫌いです。あんな図書館も本屋もろくに無いところ…」と授業中にボヤいていたことを覚えています。私自身は鎌倉に行ったことが無いので、先生の言う「本が無い」というレベルがどの程度のものなのかはわかりませんが、何となく「こんなところで古書店やってても、まぁお客さんは来ないだろうなぁ~」とか勝手なことを思いながら読んでいました。まぁ、今はネット販売があるから、モノさえちゃんとしたものが仕入れられるのなら、そういう立地条件もある程度は緩和される方向にあるのかもしれませんが。

     栞子さんについては、美人だしスレンダーだし巨乳だしで外見的には言うこと無しですが、実際に会うと、あの『おおきく振りかぶって』の三橋君レベルのきょどりっぷり*にイラッとくるだろうなぁ…(じゃあドラマで栞子さんを演じてるあの人が良いかと言われると、それはまた別の話…)。
     それに、ここだけの話ですが、私の周囲を思い返したとき、本の話や蘊蓄になるとスイッチが入って堰を切ったように語り出す女性って、どちらかというとビジュアル的には栞子さんの対極にいるような方しか思い浮かびません。信長・秀吉・家康が名古屋から美人を連れ出したせいで…という俗説がありますが、もしかすると源頼朝が幕府を開いたときにヲタ系美女を鎌倉にかき集めたというような事実があるのでしょうか。…今度網野善彦先生の著作を読み返してみます。

    *きょどる…挙動不審っぷりを全開にすること。具体的には目を泳がせながら故・大平正芳首相のような「あー、うー、うー」と言うとそれらしくなる。一部の若者が用いる造語と思われる。

     えらい方向に話がずれていきましたが、軽く読めて楽しめるオススメミステリです。

  •  三上延 著「ビブリア古書堂の事件手帖」を読みました。

     鎌倉でひっそりと営業している古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主、栞子は極端な人見知りだが、こと本のことになると抜群の知識を発揮し、古書にまつわる謎を次々に解き明かしていく。そんな彼女をほっとけない大輔は今日も古書堂に通うのだった。

     どうも自分は連作短編の作品に弱いようです。

     一つ一つのお話は短いのに、ある謎で一つにつながっていて、読み進めるうちに少しずつ解明していくような。

     おまけにヒロインは人見知りなのに、かなりの美人でグラマーとくれば、大輔でなくともほっとけません。

     もちろん、それだけではなく本の魅力を改めて教えられたような、だから読書はやめられないのだと強く感じました。

     古本屋というかなり地味な場所を舞台としながらも、本の魅力を伝えつつ、これだけ読ませるこの作品に出会えてほんとに幸せだと思えました。

全3022件中 1 - 10件を表示

三上延の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
米澤 穂信
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)に関連する談話室の質問

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)に関連するまとめ

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)の作品紹介

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない、若くきれいな女性だ。だが、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)の単行本

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする