桃の侍、金剛のパトリオット (メディアワークス文庫)

  • 71人登録
  • 3.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (8)
    • (3)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 浅生楽
  • アスキーメディアワークス (2011年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (369ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048704939

桃の侍、金剛のパトリオット (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • メイン2人のやり取りとかすごくかわいくてすきなのですが話の本題に色々な事情が絡んでくるのがどうも飲み込めなくてあたふた。頭が弱い私には少し難しかったです。ストーリーがどうなったかはわかりましたが細かいところまで把握できずいまいち世界に入り込めませんでした

  • 史実や実在した人物が登場するファンタジー。目あたらしさはないけどストーリーや世界観はよく出来てると思う。

  • これは相当面白い。おすすめ。明治を舞台にした武侠小説風伝奇風の何か。裏の主人公は山県有朋。

  • 強気でツンツンな少女と、気だるく志も低い青年と、二人を見守り援護する歴史的人物という人物設定がなかなか面白い伝奇物。
    一本調子な流れでもなく、色々と動くのでわくわくする感じ。
    続編がでるなら読んでみたい。

  • 強気でツンツンな少女と、気だるく志も低い青年と、二人を見守り援護する歴史的人物という人物設定がなかなか面白い伝奇物。
    一本調子な流れでもなく、色々と動くのでわくわくする感じ。
    続編がでるなら読んでみたい。

全5件中 1 - 5件を表示

桃の侍、金剛のパトリオット (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

桃の侍、金剛のパトリオット (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

桃の侍、金剛のパトリオット (メディアワークス文庫)の作品紹介

1900年、清朝末期の中国で、魔神の「金剛力」を秘めた子を産む運命を背負う「桃源公主」が産声をあげた。「香桃」と名付けられた彼女を求め、清の将軍袁世凱の軍が村を襲撃する。だが香桃は村に潜んでいた旧長岡藩士鬼頭周蔵の機転で日本に亡命した。時は流れ1914年。浅草の占い小屋に身をおく書生宇佐美俊介のもとに、侍装束に身を包んだ香桃が現れて-。日本近代、辛亥革命、そして世界大戦。激動の極東を舞台に繰り広げられる歴史伝奇浪漫。

桃の侍、金剛のパトリオット (メディアワークス文庫)はこんな本です

桃の侍、金剛のパトリオット (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする