魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)

  • 1240人登録
  • 3.79評価
    • (84)
    • (147)
    • (128)
    • (14)
    • (2)
  • 73レビュー
著者 : 佐島勤
制作 : 石田 可奈 
  • アスキー・メディアワークス (2011年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048705981

魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ついに主人公の能力が明かされることに。高度な演算能力が必要だからほかの魔力が使えない、というのはなんだかエムゼロを思い出します。脅威は取り去ったが、これからはまたべウの脅威が立ちはだかりそう。

  • 一巻である入学編の下巻。しかし説明の濃密さは依然変わらず濃厚である。最初から細かく設定されたキャラや世界観のおかげでブレなく話は進むし、ブランシュとか言う組織の登場から達也のフィールドは一気に世界規模へと広がったわけで、これからの展開がどう動いていくのかとても気になるような感じでした。伏線回収はあんまりされなかったって言うのもあるが。
    あとこの爽快感が素晴らしい。主人公は当たり前だが、達也周りの二科生も二科生の域を超えた強さなので更に爽快感が増しています。世界評価基準で力の全てを計れないのを理解させられた。

  • 第2巻を読破。

    デビュー文庫が上下巻とかすごいなww とか思うけれど、これは仕方ないな……とも。

    情報量がハンパないです。

    あと主人公に対して薄い膜みたいなのを隔てているような、そんな印象を受けました。

    うーん……フツーっぽい人を「演じている」ような、そんな――悪くいえばうそっぽい感じ。

    これは全体的な伏線となっているのかな?

    まだまだ明らかにされてない設定もいろいろあるようですし。

    そして作者さんのあとがきである疑問が解けました。

    劣等生であるのに、かなり強い主人公とか、同級生とか、同級生とか、同級生とかいたから、ね。

    んー……これって劣等生か?

    と思っていたのです。

    でもあとがき読んですっきり(*゚∀゚)

    なるほどね!

    書籍化になるほどの作品だなあ、と。

    そしてぐいぐい引き込まれていって、最後には「よし、九校戦編も買うか」と思っていました。

    ああ、それにしてもらぶらぶな兄妹が(*´Д`)ハアハア

    しかも口絵のとこの、ネクタイをぐいっとゆるめている兄貴のイラストにたいへん萌えました。

    (*´Д`)ハアハア

    おいしゅうございました。

  • おいおい。分解って。。。なんでもありだな。そりゃ恐怖するでしょ。実の兄に。というか作者絶対物理専攻だって。1巻の「振動数」と2巻の深雪の魔法のニブルヘイムの「振動減速」系広域魔法に最後の達也の分解の魔法。全部なんか物理っぽい。でも、だからこそ、この世界観は好き。

  • 分解魔法はここですでに使われていたのか。なるほど、なるほど。

  • 劣等感は盾なのです。「どうせ」は自分の本当の触られたくない部分を覆い隠す盾になります。
    とても都合の良い盾。だけど、まっすぐぶつかってくる相手には、その盾は何の効果も発揮しません。もともと歪んだ意識の生み出したものですから。

  • 才能は平等に与えられているものと考える人。
    自分の努力が他人の努力に劣っているわけがないと考える人。
    これらは見方が違う。遺伝子によって、才能は個々人で異なっている。そして同じだけ努力するといっても才能によってその結果は異なってくるし、相手がどれだけ努力しているかというのはわからない。(勉強時間というより、集中している程度、そして集中力が続く時間)

    他の人と同じ才能がないというだけで、劣等というラベルを張られる人。
    多様性のある人を教育しようにも、それを測る物差しが同じなら、均一的になる。
    優劣なんて物差しが何かってことに依存するんだよな。

    エリカのいう、入門して半年は技を教えてないというのは正しい。自分の体が技を覚えられるようになっていないにもかかわらず、人は安直に技を覚えたがる傾向にあると思う。
    そして、最初から教えてもらおうという考え方、教えられるのを待っている姿勢は論外で、師範代も現役の修行者だから師範代にも自身の修行があるというのも正しい。
    どうも昔の自分は学校の部活だからと言って履き違えていたなあと反省。

  • テレビではよくわからなかった(というか深く考えてなかった)けど、達也が銃を分解する魔法は達也の独自魔法らしい。
    達也は独自魔法を二つ使えて、その一つが分解するやつ。
    で、その独自魔法を使ってるせいで他の魔法が使えなくなった(今使ってるのは魔法モドキらしい)。

    まーよく考えたら無条件で分解するってあり得ないぐらいチートだよね。
    機械系の武器は全部無効化できるってことだし。
    もう一つの独自魔法はたぶん魔法式を見ただけで理解・分析できることかなーと予想。

  • アニメ以上に魔法について細かく書かれ、妹さんの黒々しい思いがわかるーそんな原作。
    魔法のムズかしいところはナナメ読みになってしまいましたが、アニメの補てんとして読むには丁度いい。多分原作からだと無理だった。

    2014/10/13

  • 151128*読了

全73件中 1 - 10件を表示

佐島勤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)に関連するまとめ

魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)の作品紹介

どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを抱える優等生の妹。一組の血の繋がった兄妹が、魔法科高校へ入学した。成績優秀、才色兼備な妹・深雪が、主席入学生の慣例として魔法科高校の生徒会にスカウトされた。そして兄・達也も、とあるトラブルを払いのけた事件をきっかけに、違反行為を取り締まる風紀委員にスカウトされる。劣等生(ウィード)にもかかわらず、風紀委員メンバーとなった達也。その活動中に、この学校を人知れず侵食する、謎の組織の存在を感じ取る。

魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)のKindle版

ツイートする