神様のメモ帳〈7〉 (電撃文庫)

  • 716人登録
  • 4.10評価
    • (68)
    • (85)
    • (45)
    • (2)
    • (0)
  • 51レビュー
著者 : 杉井光
制作 : 岸田 メル 
  • アスキーメディアワークス (2011年7月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048706919

神様のメモ帳〈7〉 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • きにしたことはなかったのだけど、それぞれの過去や未来に入り込む作品だなあと。
    仲間の過去がそれぞれ噛み合っている。
    人の繋がりが歴史を作るような印象さえある。

    と、持ち上げたところで
    このシリーズは、頑なに素直になれないキャラが多い。そのパターンが繰り返されてるので、探偵のパターンも同じ。
    そのため、盛り上がりも似てる。
    そこらへんが好きなら何も問題はないが気になる人はダメそうに思う。
    難解にするための手段ではあるが、探偵ものしては弱い。これはジャンルな気もする。
    犯人を探してみたいなサスペンスというか、失われた何かを求めるという方がしっくりくる。
    探偵という仕事はまあそういうものだろうが。

    この巻の感想はあとで

  • この巻では「大佐」こと向井さんの過去が明らかになった。例によって重要なゲストキャラが死ぬものの、とても美しい終わり方。伏線の回収率と回収方法が凄まじい。ニート探偵がニートでなくなってきたのが気になる…。

  • アニメが転けたことで有名な原作。それなりに面白いと思う。

  • 少佐殿のお話。
    少佐の素性が少し分かるようなお話でした。
    彼のキャラはとても好きなので、もっと彼を中心のお話を書いていただきたいと感じました。

  • 父親探し、ホームレス狩り。
    1人抜ける少佐。

    様々は人の想いが絡み合っていて、
    よかった。
    この話、好きだな。

    芸能人とデートまでして
    鳴海はいったいどこを目指しているんだ(笑)

  • 少佐の話はおまけ

  • 少佐回。
    ついにナルミのモテっぷりはアイドルにまで。
    少佐の話とユイの話がぶった切れてた感じがしたけど、面白かった(´ ` )

  • NEET探偵たちの物語の第7弾。
    今回はアイドルからの「子供のころに別れた父を見た」という依頼から起こった怪奇事件。

    今までの中で一番好きなエピソードだったかな。
    重いエピソードながらどうもいい意味で締まらない部分があるので読んでいて楽しく、引き込まれていきました。
    最後は心もホッコリしましたし満足の回でしたね。
    時期的にもいい作品でした!

  • 向井少佐の話.
    そして鳴海くん
    そろそろ裏世界のフィクサーとして名を轟かせているんじゃないかな?
    イベントコーディネーターやってたときの絡みで
    売れに売れているアイドルからの依頼が.
    ホームレスの中に昔失踪した父親っぽい人が居たから確認してくれ.
    そんな中,改造エアガンでホームレス狩りを行う集団が.

    というわけで,アイドルをたらし込んで
    ジゴロ術も更に向上した鳴海くん.
    藤島中将マジカッケー.
    電話一本でヤクザを召喚したり
    トップアイドルをデートに誘ったり
    なんか高校でも監査委員にいつの間にか就任してたり.
    現実世界を鳴海くんが支配して
    電子の世界をアリスが支配して
    そんな感じのニート探偵事務所ですよね.

    え? 違う?
    大きくは間違ってない気がするんだぜ.

  • もはや安定の域。神メモはライトノベルなのにシリアスな、かつ現実味のある話題を扱ってくれる、貴重な存在。何巻でも続いてほしい。 …にしてもいまさらながらだが、ナルミとアリスのキャラがもう大変なことになっている。1巻を読み返すとすさまじい違和感に襲われる気がする…

全51件中 1 - 10件を表示

神様のメモ帳〈7〉 (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

神様のメモ帳〈7〉 (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神様のメモ帳〈7〉 (電撃文庫)の作品紹介

クリスマスが近づき、探偵事務所のそばにあるホームレス公園の改装工事が始まろうとしていた。そんなある日、事務所にやってきた依頼客は、なんと売り出し中のアイドル歌手。子供の頃に失踪した父親そっくりのホームレスをその公園で見かけたのだという。父親捜しの過程で浮かび上がる、エアガンで武装したホームレス狩り集団。そして、なぜか探偵団を離脱する少佐。「これは自分ひとりでかたをつける」やがて-事件が起きる。僕が探偵助手として体験した中で、最も奇怪なあの事件が…戦慄のニートティーン・ストーリー、第7弾。

神様のメモ帳〈7〉 (電撃文庫)のKindle版

ツイートする