明日の日本をつくる復興提言10 (アスキー新書)

  • 23人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (0)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : アスキー書籍編集部 
  • アスキー・メディアワークス (2011年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048706964

明日の日本をつくる復興提言10 (アスキー新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 復興に何が大事かは書かれていても、何をすべきか、そして筆者は何をしたのかがほとんどなく、絵空事しか伝わらないのが残念。
    その点、Googleの当日からの動きは見事なのが目立ちます。

  • 夏野さん、池田さん、野口さんの話は読む価値あり。
    グーグルの話はマジで感動。
    よくわかんない人もいる。

  • 10人の異なる立場の方々が、それぞれの視点で震災からの復興について述べている。それらが特にリンクするわけでもなく、オムニバスという形式だ。

    それゆえ、真っ向からそのベクトルが対立している意見もあり、個々の意見に過剰に入り込まずに、俯瞰して眺めると、おぼろげながら全体像が掴めるような気もする。

    しかし、それは思想の話であって、具体的行動に移す段階では、やはり俯瞰していては動けないという感触もある。

    そういう意味では、最後のGoogle社が、今回の震災でどのように動いたか、また内部ではどのような状況であったか、というのは、ひとつのヒントになるかもしれないと思えた。

    「思想は鳥の目で、行動は虫の目で」
    という感じかな。

  • 震災から復興へ。各界の論客の緊急提言。異色の取合せが目を引く。
    こうした本は、今のように日々情勢が変わっていく場合、内容が現実から離れてしまうリスクがあるが、そこを敢て本にまとめた事に意義があるのかもしれない。
    せっかくの提言、皆様言っただけではなくて、動いていただきたいと思う。

    提言とは別に、巻末に収録された、Googleのパーソンファインダーなどの取り組みの経緯の紹介も興味深く読んだ。実は参加しようと思いつつ、動けなかった。あの日が蘇ってしまったから。半月くらいはダメ状態だったと思う。
    それでもやっぱり、自分にできる事はあるはずだ。寄付の他にも何か。
    これから先は、ひとりひとりが自分で考えて、動いて行けばいいのだと思う。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする