ソードアート・オンライン〈8〉アーリー・アンド・レイト (電撃文庫)

  • 1816人登録
  • 4.02評価
    • (150)
    • (201)
    • (128)
    • (5)
    • (1)
  • 101レビュー
著者 : 川原礫
制作 : abec 
  • アスキーメディアワークス (2011年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048707336

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ソードアート・オンライン〈8〉アーリー・アンド・レイト (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • SAOはもちろんALOも相当深く広く作られたMMO、それを何年もプレイしているんだから、語られる物語も相当だろう。そのうちのいくつかだけでもとりあげてくれるのは、ファンとしてありがたい。いろんな人がいるだろうしね、その分楽しいし面白いことも多いだろうし。
    圏内事件はまだ作者のHPにのってるから、何処が変わったのか見比べるのも面白いかもw
    キャリバーはシノン目立ち過ぎじゃね?と思ったけどシノン好きだからまぁいいかw(ぇ)

    キャリバーの失敗後のその後も気になるなーと思ったり…(書かれる機会はないだろうけど、IFだしあれ)。

  • まるでリプレイを読んでるかのようなMMO描写と"お話"感のバランスは流石です。この作品を読むとMMOやりたくなっちゃいますよね、5年単位で時間を持っていかれるのでもう手を出す事はないと誓ってますけども…

  • 中編二本と短編
    それぞれ特徴ある話だが、仮想世界の話なのだが、現実的で生々しい

  • 短編3本。

     著者自身、いろいろ試しているようだが、残念ながら、ミステリーはまだまだの感。
     叙述から見える伏線張り(或いは、その逆のミスリード)があからさま、目立ちすぎで、不自然に感じる。

  • バラエティに富んだ短編集。

    アニメでは理解が追い付かずに爆笑しながら観ていた『圏内事件』ですが、原作では推理に必要な情報は事前に公開されていることがよくわかり、意外とフェアなミステリだったのだなと。ここらへんはまぁ表現方法の差なので難しい所ではありますね。

    『キャリバー』は、珍しく生き死にのかからないフツーのパーティの様子が見れるライトな読み口。それでもまぁ死に落ちを避けるための危機設定はあったりする。

    『はじまりの日』はまぁ、SAOのサツバツっぷりを改めて思い知らされる一編。

  • 短編集でここまで多彩な舞台や人、時間、雰囲気で物語を描けるのはこのシリーズならではだと思う。
    ALOが舞台だとシリアスなシーンでもどことなく楽しんでいる空気が感じられるし、逆にSAOだとギャグっぽいシーンでも緊張感が漂う。
    そこがすごく面白かった。

    個人的には『キャリバー』が好き。
    シノンさんマジかっけー!!

  • ヒースクリフとランチしてたとは…笑

  • この巻までは面白いと思う。それ以降はまとめて読んだ方がいい。

  • 短編集。

    ・圏内事件
    SAOをクリアする前、アインクラッドで起こったプレイヤー殺害事件をキリトとアスナが調査するお話。
    叙述トリックを仕込んだミステリ仕立ての探偵もの。
    シリーズとしては異色なエピソードなんだろうけれど、ファンタジーもののサブエピソードで探偵調査ねたが使われるのは、実はそれほど珍しくもない。
    途中飽きて読むのを中断しちゃったんで印象が薄い。

    ・キャリバー
    GGOエピソードの直後、ALO世界でレア装備のエクスキャリバーを入手するためにがんばるお話。
    過去のヒロインがそろい踏みだけど、やっぱり超モブキャラ扱いがひどい。
    過去のエピソードではそれぞれがメインヒロインを務めたってのに、ホントただ参加してるだけで扱いが軽いよなぁ。
    まだクラインの方が目立ってるぞ。
    最後の最後でシノンが少しだけ存在感を主張してるけど、あれくらいの主張を他のサブヒロイン達、リーファやシリカ、リズベットあたりにもやってもらいたいもんだ。
    作者は過去ヒロインへの愛着ってないのかねぇ。

    ・はじまりの日
    SAOが始まった直後のエピソード。
    この手の、主人公が異世界に放り込まれるタイプの物語って導入部が一番楽しめる。
    ということで、8巻ではこの短い書き下ろしエピソードが一番楽しめたかもしれない。

    このSAOシリーズ、時系列がやたらと前後する。
    物語がつぎはぎだらけなんで、あちこちに矛盾が生じるし正直読んでいても面倒くさい。
    作者があとがきで述べている通り、物語を一から時系列どおりに並べなおして不足部分を補完する形で世に送り出して欲しかったな。
    めんどくさいからやらなかったとか言ってるけど。

  • ラーメンもどきのくだりで、ヒースクリフが「なぜこんなものがあるのか」と嘆いていたシーンが何故か一番印象的です。創造主の想定すらも超える、未知の味だったんでしょうけど、本当にどんな味なのだろうか。

  • SAOシリーズの8巻。
    今回は短篇集となっています。

    ・圏内事件
    アニメで放映されたエピソード(細かい点は色々と違っていますが)。
    安全圏である筈の街の中で殺人事件が発生し、アスナとキリトは事件の謎を追うために行動を共にするというストーリー。
    久しぶりにSAO時代のストーリーとなっています。

    ・キャリバー
    ALOで伝説の聖剣とされる《エクスキャリバー》の獲得クエストに臨む一行。
    この話ではファントム・バレット編のヒロインであるシノンがALOのプレイヤーとして参加しています。
    本編が基本的にキリト+ヒロインの活躍で描かれている一方で、こちらはパーティプレイになっているのが新鮮。

    ・はじまりの日
    SAOの中に閉じ込められてしまった直後、βテストでの経験を元にキリトが取った行動とその結果。
    自分がヴァーチャル・ゲームの中に閉じ込められたことを否応なく突きつけられてしまうのはどんな気持ちなのだろうと考えさせられる話でした。

    ライトノベル的に読みやすく、楽しいのは「キャリバー」でした。これぞ王道。

  • 短編集。SAO好きなら楽しく読める。

  • キリトとアスナが協力する「圏内事件」はアニメで内容を知っていたけど、「キャリバー」「はじまりの日」は未知。「圏内」は事件よりキリトとアスナのやり取りがメインかな。「キャリバー」はクラインとシノンが面白く、北欧神話が絡んで好きな作品。それにしても、キリトを巡る修羅場は起きないなぁ(笑)「はじまりの日」は挿話的だが、雰囲気がいい。期待を裏切らない短編集。

  • 圏内事件。ヒースクリフ団長のラーメン感想が愉快(笑)

    それにしても世界を一つ創り上げるって大変だろうけれども面白そうだなあ。そこには一つの法則があり、目的と動機も付随している。確かにそうなるとそこに住む住民が欲しくなるのかもしれない。中々危険な欲望だなあ、実際。

    ALOはなんだか昔取りつかれたように神話とか伝承とか読んだよなあみたいな記憶が蘇りました。最終的にカーディナルとも対戦するのかな?なんだか後衛にまわった明日菜ちゃんよりも閃光様の突入の方が個人的には好きだな。うん。というよりもSAO一巻あってのシリーズなんだなあとなんとなく痛感しました。面白かったです。

  • 『圏内事件』アニメでやってたけどあんまりちゃんと観てなかったので結構おもしろかった。 ヒースクリフちらっとでてくるし。

    『キャリバー』フェアリーダンス編で登場はしたけどクエストしなかった最強剣「エクスキャリバー」のクエスト。 GGOで登場したシノンも活躍。

    『はじまりの日』書き下ろしだそうで、SAOのデスゲームっぷりに対するキリトの感受、思考などが。

  • アインクラッド、アルヴヘイムの番外編の短編集。

    ゲーム内の死が現実の死と直結するデスゲース
    ソードアートオンライン。
    その中で決してHPがへるはずのない“安全圏”である街中で
    プレイヤーが殺害される。
    プレイヤーキルだと仮定しても手段がわからない。
    調査に乗り出すキリトとアスナだったが…(圏内事件)

    ALOで伝説の剣“エクスキャリバー”発見の報に
    一度獲得を諦めたキリトは再度挑戦するが
    それには壮大な裏イベントが待ち構えていた…
    (キャリバー)

    SAOがデスゲームであるとわかり
    プレイヤー達が絶望する中、キリトは真っ先に
    街を飛び出していた。SAO最初の一日のキリトを描く。
    (はじまりの日)

    圏内事件はヒースクリフとこんな風に話したり
    ラーメン(的なもの)を食べたりしてたんだなぁと
    思うとなんだか可笑しい。
    確かにゲームとはいえそこにいるのは人なので
    レアドロップなどで憎しみ合いや殺し合いも
    起きるのかもしれない…命がかかっているなら尚更。
    ミステリファンはなんだよ!と怒るかもと
    あとがきにありましたがMMO内のミステリとしては
    面白いトリックだなぁと思った。

    キャリバーは緊迫感はないけれど
    今まで話をすすめるために
    多少削られていたMMOらしいMMOの
    ゲームの面白さや魅力が見れて面白かった。
    スナイパーでありアーチャーであるシノンが
    本当に格好良すぎる…!

    はじまりの日はβプレイヤー同士だからこそ
    わかる思い、憎しみ。
    NPCの少女に涙をこぼすキリトが悲しい。

  • アインクラッド、アルヴヘイム短編集。
    圏内事件のほうはアニメとほぼ同じで、さすがに長かったなー
    エクスキャリバーはまあ、シノンが妖精として出てくるって感じ。
    実は3章目はまだ読んでない。のに9巻読み終えてしまった(´ ` )

  • SAO/ALOサブエピソード。圏内事件、エクスキャリバー、書き下ろし。偽ラーメンエピソードとシノンさん、マジかっけぇーのところが好き。

  • 続々読了中。
    作者も言うように、ものすごいボリュームになるだろうけど、SAO編・ALO編をもっともっと掘り下げて書いてほしい。
    エクスキャリバー編があついな!

  • 7巻が飛んでいますが、短編集だと言うことで、先に読むことになりました。

  • 8月19日読了。図書館。

  • 時系列がばらばらな短編集。
    アニメを先に見たので、園内事件がここで出てくるのかと思いながら読んでいたら、アニメではなかったヒースクリフとラーメン?を食べるシーンがあり、おもしろかったです。キリトのゲーム開始直後の話であるはじまりの日が自分は結構好きです。後からこの話が出てきたのが自分的にはよかったと思いました。シノンが加わっての攻略だったキャリバーはシノンがかっこ良かったです・ω・*
    次巻も楽しみです。

  • 短編集。それぞれの人間関係が分かっているから、ニマニマしてしまう。シノン、カッケ〜!

  • 以下の短編集になっています。
    ・圏内事件
    安全圏な筈の街の中で起こった殺人事件に関わっていくアスナとキリト。ミステリー仕立てのお話です。
    ・キャリバー
    ALO攻略時に見かけたエクスキャリバーを仲間と探しに行く話。
    ・はじまりの日
    SAOに閉じ込められた直後のキリトの行動を描いたお話。

    圏内事件はアニメにはない部分もあってよかったです。
    キャリバーは、なんか微笑ましいけどそれだけなので読んでも読まなくてもどっちでもいい感じです。
    この三編の中で一番面白かったのがはじまりの日です。キリトの内面がよく描かれていると思います。

全101件中 1 - 25件を表示

川原礫の作品一覧

川原礫の作品ランキング・新刊情報

ソードアート・オンライン〈8〉アーリー・アンド・レイト (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ソードアート・オンライン〈8〉アーリー・アンド・レイト (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ソードアート・オンライン〈8〉アーリー・アンド・レイト (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ソードアート・オンライン〈8〉アーリー・アンド・レイト (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ソードアート・オンライン〈8〉アーリー・アンド・レイト (電撃文庫)の作品紹介

"SAO"中階層で、一人のプレイヤーが殺された。その殺害現場は、決してHPが減るはずのない"安全圏内"だった。これはプレイヤー・キルだと仮定するも、その殺害方法に全く見当がつかず…。奇怪な事件を、キリトとアスナが追う(『圏内事件』)。"ALO"伝説の聖剣"エクスキャリバー"。その獲得クエストがついに始まった。守護するモンスターたちの強さから一度は獲得を諦めていたキリトだったが、これを機に再び争奪戦に本格参戦する。しかし、このクエストには壮大な裏イベントがあり…(『キャリバー』)。"SAO"正式稼働初日。茅場晶彦によるデスゲーム開始の声明を受けた直後。キリトが決断した、このゲームを生き抜くための最初の一手。それは、ベータテスト時に攻略経験があるクエストを真っ先にクリアし、初期装備よりも強力な剣を獲得することだった(『はじまりの日』)。

ツイートする