昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫)

  • 963人登録
  • 3.80評価
    • (67)
    • (113)
    • (80)
    • (17)
    • (3)
  • 93レビュー
著者 : 入間人間
  • アスキーメディアワークス (2011年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048709699

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久しぶりに時間軸が当たりました(笑)

    喧嘩して口も聞かない二人が過去に行って、仲直りしましょー的な感じでした。
    過去に行ったせいで、未来が変わってうんたらかんたら
    すべてが最後に繋がる。
    とても大好きなお話でした。

  • 【小さな離島に住む僕。車いすに乗る少女・マチ。
     僕とマチは不仲だ。いつからかそうなってしまった。そんな二人が、島に住む変わったおっさん(自称天才科学者)の発明したタイムマシン(死語)によって、時空を超えた。
     はじめは二人はどこにいるのかわからなかった。なぜなら、島の景観なんて、十年やそこらじゃあまり変わらないから。
     僕たちが『過去』に来たと分かったのは、自分の足で全力で向こうから走ってくる、『小さいマチ』を見たからだ。
     僕は驚き、そして思いつく。やり直すことができると。ずっと後悔していたことを、この、過去という『現在』で。】

    『探偵・花咲太郎は閃かない 』があまりにも面白くなく、
    不快とさえ感じたので、以来著者作品はスルーしていたのだが、
    書店で推されていたことと、ネットでもなかなかの評判だったので、好奇心を押さえられず、期待「薄」ながらも購入した次第。

    タイムトラベル&恋愛モノのミックスで、根本SFはニガテながらも、悪くない。

    下巻が楽しみ。

  • タイムトラベルものが好きなのと、評価が高めだったので読んでみたけど、文章も構成も稚拙な感が否めない。前に著者の本を読んだ時にも感じたことなので、この話の続きは読むとして、もう新たに著作を読むことはないと思う。

  • 感想は下巻にて。

  • 時間旅行し変えた未来は。
    未来を知っている人間だからこそ、過去を変えてはいけないのはタイムトラベラーの鉄則ではないのか。
    簡単に変えられるようなどれだけ小さな出来事であろうと、それに応じた対価は必要になるよな…。

  • 青春恋愛SFという感じ。
    最後に過去改変の影響でニアがいなくなってしまう。
    続きが気になる!

  • 嫌いは好きの裏返し。シンプルなタイムトラベル青春もの。好きあってるのに、10年前の小学校の大げんか以来、ずっと不仲の男女。10年さかのぼって、僕は過去を変えようとする。。男はうじうじ気にしすぎ、女は口の悪い意地っ張り。はろはろー、弱男強女パターンしかないのか、最近は。1巻で完結かと思ったらまだ前半で、「明日も彼女は恋をする」に続くだって。タイトル変えるなんて、騙された~~。後半チラ見したけど、なんだかついていけず断念。残念。

  • タイムマシンに乗って過去へってSF
    ツンデレキャラ前回で読んでて痛快
    ちゃんちゃんで終わるかと思いきやって感じで閉まるので下巻が楽しみ。

  • 表紙が左さんのイラストだから前から読んでみたかった。上下巻構成で登場人物が統一されてるはずなのに別々の男女が描かれている謎が、下巻を読んでやっと解けた。開始早々険悪ムードだった二人が過去に戻ることで徐々に心を開いていく...と思ってたら、全く別の人物になっていて混乱した。

  • 難しいことを考えているうちは、簡単なことができなくなる。
    簡単なことのできないやつは、難しいことができない。

全93件中 1 - 10件を表示

入間人間の作品一覧

入間人間の作品ランキング・新刊情報

昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫)の作品紹介

小さな離島に住む僕。車いすに乗る少女・マチ。僕とマチは不仲だ。いつからかそうなってしまった。そんな二人が、なぜか時空を超えた。はじめは二人はどこにいるのかわからなかった。島の景観なんて、十年やそこらじゃ変化しないから。『過去』に来たと分かったのは、向こうから自分の足で走ってくる、『小さいマチ』を見たからだ。僕は驚き、そして思いつく。やり直すことができると。ずっと後悔していたことを、この、過去という『現在』で。『明日も彼女は恋をする』との上下巻構成。

昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする