トカジノフ

  • 61人登録
  • 3.33評価
    • (4)
    • (7)
    • (27)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 戸梶圭太
  • 角川書店 (2002年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048733847

トカジノフの感想・レビュー・書評

  • 暴力とか権力とか、もうやめてーって気持ちになる本。
    血塗れだけど整理の行き届いた部屋の様な愉快な短編集。(桐切)

  • なんか怖い。たぶんもう読まない
    070103

  • 短編集。やはり物足りなかった
    ターゲット508(ヤクザがヒットマンの隠れる508号室のドアの下部に3発打ち込み逃走。508には北朝鮮スパイが潜伏。ドアに足をのせて腹筋をしていたので撃たれてしまう。興奮剤を飲みすかさず反撃。508の両隣のスパイを見張っていた公安刑事とヒットマンが追跡。ヤクザ,スパイ,ヒットマン,公安の順で追いかける。銃撃が飛び交い最後はマラソンスタート地点に到着
    ヤクザが打ち込んだ部屋は507
    通路がL字になっていたのでミス)
    Jの利用法(警察官が機転をきかし暴れるヤク中を逮捕済みのパトカーに乗せていたヤク中と戦わせ、臨機応変な処理として九死に一生を得る。12年後ジャンキースクワッドが結成されている。)
    七合目(スーツ姿で富士山の7合目にいる男について夫婦が推理。インチキ)
    二十八歳の事情
    田舎のデパートOL,中の下。失踪後に見つかるキャラノート。自分の特技:人の本性を冷静に見ぬく)
    交番トライアングル(ストーカー相談を受けた警察官とストーカー。その女と不倫関係となるもストーカーからシナリオと金を渡されAV撮影をすることになる)
    くるまびと(行き場のない人間が車で生活、人望のあるリーダーが変わってしまう)
    鳩殺し(最後のシーンはヒッチコックの鳥を思い出した)
    二種族激突(モノマネ上手な女が失恋直後,ヤンキー女のにカージャックされる。姉御の説得で自首に納得できない女、携帯を奪ってヤンキー女を真似て警察に発砲させて報復成功。姉御が復讐にくるも生まれ変わった女は見事に逃げ切る)

  • かちわりソーダ。

  • 短編集第一弾。もうサイコー!!!! 毒をもって毒を制す。

全6件中 1 - 6件を表示

トカジノフを本棚に登録しているひと

トカジノフを本棚に「読みたい」で登録しているひと

トカジノフを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トカジノフを本棚に「積読」で登録しているひと

トカジノフはこんな本です

トカジノフのKindle版

ツイートする