失はれる物語

  • 3732人登録
  • 3.70評価
    • (605)
    • (468)
    • (1178)
    • (40)
    • (9)
  • 585レビュー
著者 : 乙一
  • 角川書店 (2003年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048735001

失はれる物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 積読の中から今日はこれを。
    以前、装丁の綺麗な本でおすすめしていただき、文庫よりも是非単行本でとの事だったので購入した。
    私の好きな装丁の綺麗な本Best3に入るくらい本当に綺麗で気に入っている。表紙は水に濡れたようになっていて、雫は立体的に浮き出ている。この表紙の紙がトレーシングペーパーの少し厚いような素材だが、表紙を外して裏を見ると楽譜が印刷されており、表から見るとその楽譜が透けて見えるといった感じ。栞紐の鮮やかなブルーも素敵だ。私の拙い説明よりも、是非本屋さんで手に取ってみてください。

    前置きが長くなったが、内容は少し切ない話の詰まった短編集。元々はライトノベルとして書かれた物だそうで、軽く読め一編一編が単発ドラマを見ているような感じ。また、少しの時間ができた時にさらっと読みたくなるだろう。

  • 内容もさることながら、装丁の美しさに呑まれてしまう。

  • 初めて著者の作品を読んだ。一気に引き込まれた。
    文章に無駄が無いので、「これは大事な伏線だな」ということがわかるので心して読むのだが、その伏線が「そう来たか!?」という使われ方。
    うまい作家ってすごい。よくこんなこと考え付いて書けるなあ…。

    よくレビューで、思わず笑ってしまったり涙したりしてしまうから電車の中で読まない方がいいと言われている本をみかけるが、私の場合、この中の「Calling You」は電車で読んでいて最後の方、危なかった。

  • 借り物。6つの短編のうち、4作品は再読。あのころ汲めなかった意味を、見出だせたような気がする。自分の爪先以外のものを見て歩くことはめったにない主人公たち、絶望的なこの世の微かな光、人間は変わることができること。主張したいことはないとあとがきにはあるけど、心に残る言葉、たくさんあります。

  • Calling Youと失われる物語のインパクトから、なぜか読み進められず、1度読むのをやめてしまった。

    全体的に「陰」を感じる作品が多かった気がする。
    途中の変化球を除けば…

  • この人は奇抜なストーリーを書ける天才だとは認めるが、いかんせん気持ち悪い、グロい、無理。

  • 6つの収録作品のうち、「失はれる物語」と「手を握る泥棒の物語」は再読でしたが
    やはりこの2編が群を抜いて好きです。

    他の作品は「俺は人間不信だぜ!斜に構えるぜ!」というアピールが強く、
    多感期なティーンズ向けのお話なのかなと思いました。

  • 乙一さんの作品を読んでみたくて借りてきた。ヤングアダルト向け小説なのかな?ライトノベルと小説の間くらいの文章が面白い。表題作が怖いけど結構好き。

  • 中学生の時、表紙が気に入って読んだ本。
    内容を覚えていなかったけれど、「好き」という気持ちだけ覚えていた。
    偶然大学の図書室で見つけてそのまま借りた。

    きっと主人公や登場人物が抱える闇、ほかの人にはなかなか相談できない苦しみ、思考回路に共感する部分が多かったから、この本が好きなんだと思う。

    ミステリーは、最後まで読者に考えさせる形式がおもしろい。何度もページをもどった。

  • いくつかの物語が収録されていて、それぞれが読み応えがある。

全585件中 1 - 10件を表示

乙一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
ZOO
乙一
瀬尾 まいこ
有効な右矢印 無効な右矢印

失はれる物語に関連する談話室の質問

失はれる物語を本棚に「読みたい」で登録しているひと

失はれる物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

失はれる物語の作品紹介

きみの音楽が独房にいる私の唯一の窓、透きとおった水のような6篇の物語。ブロードバンド映画「手を握る泥棒の物語」原作、書き下ろし短篇「マリアの指」同時収録。

失はれる物語のKindle版

失はれる物語の文庫

ツイートする