硝子のハンマー

  • 1267人登録
  • 3.32評価
    • (63)
    • (186)
    • (433)
    • (53)
    • (11)
  • 236レビュー
著者 : 貴志祐介
  • 角川書店 (2004年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (493ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048735292

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

硝子のハンマーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ドラマから。
    淡々としたドラマも面白かったけどきちんと説明してくれる小説も良い。
    榎本がちょっと人間ぽさが増してる気がする。

  • 狐火より先にこっち読んじゃって失敗したと思ったけど
    ドラマ版が逆転してたのね。
    榎本はもうリーダーでしか思い浮かばないよ。
    でも青砥さんはもっとやり手なイメージ?

  • 弁護士青砥純子と 防犯のプロで本職はたぶん泥棒の榎本径のコンビシリーズ第一作。長編。

    長い。トリック先にありきで、詰め込みすぎ感があり。
    人物像が荒くて、動機が弱いのでちょっとシンドかった。
    ただ、榎本のキャラクターがシッカリしていて、シリーズ化されたのは納得です。

    シリーズは 2012春 フジでドラマ化 大野智/戸田えりか 

  • 前半と後半で大きく構成が変わることが特徴の本格ミステリです。
    密室の謎を、探偵役が消去法で絞り込んでいく前半と、犯人の目線からトリックについて描かれた後半に分かれます。
    構成については賛否両論ですが、単純に「どうやったのか」を楽しむには高いクオリティだと思います。

  • 幾重もミスリードを経て、犯人判明の時は唸ってしまった。ただ、殺人にまで手を染める理由は弱かったかな。概ね満足いく作品でした。

  • 後半、てっきり榎本さんの身の上話かと思いきや。
    でもこれはちょっと同情しちゃう感も。もちろん殺人はいかんけど。

  •  作品解説(帯より):日曜の昼下がり、株式上場を目前に、出社を余儀なくされた介護会社の役員たち。エレベーターには暗証番号、廊下には監視カメラ、有人のフロア。厳重なセキュリティ網を破り、自室で社長は撲殺された。凶器は。殺害方法は。すべてが不明のまま、逮捕されたのは、続き扉の向こうで仮眠をとっていた専務・久永だった。青砥純子は、弁護を担当することになった久永の無実を信じ、密室の謎を解くべく、防犯コンサルタント榎本径の許を訪れるが――。

     作品は二部構成になっており、前半は榎本が様々な推理を展開してゆく。完全な密室殺人の前に、完璧と思った推理は次から次へとことごとく崩されてゆく。組み立てては壊され、また組み立てては壊されの連続。ここまでされると逆に色々考えさせられて、トリックが見えなくなってしまいます。
     そして後半は、犯人側からの視点で描かれている回答編。この犯人の視点から描くというのは「青の炎」と同じ倒叙形式。犯人側から同じ筋道を辿ることによって、それまで見えていなかった事実が次々に明らかにされてきます。
     まだ読んでいない人は是非読むべし。

  • ある意味衆人監視というか、何て堂々としたミステリなんでしょう。1つの密室殺人を500ページかけてじっくり料理します。ぐつぐつ。

  • 十二階建てのビルの最上階で人が倒れているのを、窓の清掃員がゴンドラから見つけた。倒れていたのは、介護サービス会社の社長で、撲殺されていた。このフロア自体が強固なセキュリティで守られており、唯一出入りの出来た専務が犯人として拘束される。彼の依頼を受けた女弁護士は、他の侵入者の可能性を探るべく、防犯コンサルタントのもとを訪れた。


    ドラマ化された有名な原作です。読んでいて、どうしても役者の顔が浮かんでしまい、今一つ入り込めなかったです。やはり私は、読んでから観る派です。
    殺人のトリックに関しては、専門的すぎて良く分からず終い。その仕掛けは、警察の検証で見つからなかったのだろうか?とかも疑問です。
    緻密な計画・準備に、大胆な手口です。
    後半の犯人のターンは、辛かったですね。悪い方悪い方へと転がっていってしまうようで。
    で、探偵役の鍵師はといえば、実は泥棒。盗みはやるが、他人は傷つけないという鼠小僧のよう。それが彼なりのポリシーというか、一線なんだろうけど、だから良いってもんじゃないだろ。むしろ悪と分かっていながら自分の為に殺人を犯す犯人の方に、ほだされてしまう。

全236件中 1 - 10件を表示

硝子のハンマーに関連する談話室の質問

硝子のハンマーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

硝子のハンマーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

硝子のハンマーを本棚に「積読」で登録しているひと

硝子のハンマーのAudible版

硝子のハンマーの文庫

ツイートする