みんな誰かを殺したい

  • 128人登録
  • 3.11評価
    • (7)
    • (11)
    • (50)
    • (8)
    • (4)
  • 44レビュー
著者 : 射逆裕二
  • 角川書店 (2004年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048735391

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

みんな誰かを殺したいの感想・レビュー・書評

  • 峠で起きた一つの殺人事件が、いくつもの別の事件に連鎖していく『みんな誰かを殺したい』

    タイトルと構想の勝ち。タイトルでネタバレしてるような小説なのに、結局ビックリさせられた。

    ただ、もっと面白くなる本ではある。
    文章に「どうでも良い情報」が多すぎて長期記憶に引っかからない。
    雑学入れるなら情報量ふやして面白く書いてほしい。
    その辺り上手いのは伊坂幸太郎、村上春樹、貴志祐介でしょうか。雑学の散りばめっぷりが秀逸で、意識にガンガン引っかかる。今となっては「ペンギンの群れ」を見ても伊坂幸太郎の『グラスホッパー』の冒頭を思い出す。

    小説の外まで影響力を及ぼしてこそ、ペンは剣よりも強くなる。そのあたり、筆の強さは理想に足りないけど、今後はどうかな。

  • 交換殺人や複数の事件が錯綜するプロットの構築や大仕掛けはなかなかよく考えられていると思いますが、登場人物や殺意を抱いた背景の描写が希薄で物語に入り込めず、後半の怒濤の展開は読んでいて苦痛でした。もう少し小説としての物語性があればなと思いました。

  • 鈴木が出てきた辺りで笑えた、本格というか喜劇

  • 横溝正史ミステリ大賞優秀賞・テレビ東京賞(2004/24回)

  • 何とも物騒なタイトル。複数の事件が絡まり合い、何が何だか分からなくなってくる。とても推理などできない複雑さ。主要な登場人物に清廉潔白な人はいないのだから、ちょっと暗澹たる気持ちにもなる。

    面白かったのはミュージカル映画談義。雨に唄えば、の吹き替える役が吹き替えられていたなんて、知らなかった!

  • とにかくタイトルがいいね。

  • 久しぶりに面白いミステリーを読みました。
    交換殺人の話ですが、最後まで展開に驚かされます。ただ、後半少し違和感を覚えるというか、「この話必要か?」と思います。
    実質は★4.5くらい。でもデビュー作だから★5あげちゃう。

  • ごちゃごちゃして面白かった。二時間ドラマ系。

  • タイトル通りのミステリ。
    筋書きは大好きだし、わくわくさせられる。

    ただ描写が少し丁寧過ぎてわざとらしいかも。
    特に冒頭。

  • タイトルに惹かれ借りる。横溝正史ミステリ大賞優秀賞+テレビ東京賞受賞作。いろんな殺人事件がからまりあって、特に謎解きという感じではない。割と読みやすくてするする読めた。でも特に印象には残らない感じ。こんなにすいすい人が殺せるかしらん。思ったより読んだ人が少ないなー。

  • 登場人物の殺意が錯綜した物語。人物の取り違いが話の鍵か。
    おもしろくはあったが、話がなんとなく取り散らかっている印象。

  • 構成は面白いけどここまで殺すことなかったんじゃ?

  • 色んな人のストーリーが絡み合っているのに繊細に感じる話

  • 5件の殺人事件がからむ。

  • 面白くて一気に読んでしまった(家事をしろって)
    これがデビュー作なんだから凄いわ~~~
    時間軸が色々動いて殺人事件が起きていくんだけど
    これが絡み合って収束していくのがなんとも
    犯人がすぐ分かっちゃうとこもあったけど
    最初から最後まで楽しく読めました

  • タイトルどおり、ああ交換殺人の話ね、と思って読み始めた本作(ここまでは別にネタわってないでしょ)。オーソドックスでまあまあ無難な作品かな、などと思っていたら、良い意味で裏切られた。予想のつかないほうに話がどんどん転がっていって、どう決着をつけるのかと思いきや……これはなんたる大仕掛け。本当にみんな誰かを殺したかったんだあ。
    ま、難点をいうならいろいろとあるんだろうね。ことごとく偶然に頼りすぎだ、てな面もあるし(とはいえ「偶然を前提にはしていない」からいいのかな?)。でも最終的にこれだけきちっとまとめられちゃあ返す言葉もない。
    強いていうならあの例の大仕掛けに関して、もうちょっと伏線が欲しかったかな、などと思うのだけれど……あるのに私だけ気づいてないんだったりして(苦笑)。

  • そこそこ面白かったけど、前半に感じた期待が後半ちょっと肩透かしへと変わってしまった。結末までがはやいからかなあ。物語が箇条書きっぽいっていうか、そんな感じ。

  • 僕にナイフをください。

  • 色んな人のストーリーが絡み合っているのに繊細に感じる話

  • 殺人事件現場から始まって、色々な殺人が起こって、色々なところで登場人物がかかわりあっていく。
    久しぶりに面白かった小説。
    でも、後半ペースがダウンした。

  • 新人賞を受賞した作品らしいんやけど、
    新人らしく文章が荒い(笑)。

    色々凝ってるなーとは思ったけど、個人的にはイマイチ。
    そして「みんな誰かを殺したい」どころか
    「みんな誰かを殺してる」のもちょっと…。

  • タイトルどおり、登場人物がみんな誰かを殺す。
    さまざまな事件が交差して、つながっていくのは、読んでいて面白い。
    意外な驚きも隠されていて、「えーーー!?いったいどうなってるの!?」
    と、悩ませてくれたり、あ。。。そうだったのかと納得したり。。。
    欲を言えば、登場人物たちの、心理描写をもう少し深く描いてくれたら、
    もっと面白みが出たのかも。

    これは、物語だから、
    ゲームのような、わくわく感もあり、とっても楽しめたけれど、
    世の中、小説より不可解な事件も多い。。。

    もしかして、自分も、被害者になる可能性も。。。?
    いえいえ、何かのきっかけで、殺人犯になる可能性も。。。?

    と、思ったり。。。

  •  峠で起きた一つの撲殺事件。被害者と殺人者、目撃者と関係者、一人一人から見た事件が複雑に重なって単純な事件と思われた殺人事件が多重構造を見せる。<br><br>
     ……うーん、なんだろ。何となく著者の自己満足が強すぎるなぁと感じました。<br>
     例えば、1つの事件の発生時点を起点に1つの章ごとに時間や視点が前後に移動したり、主要な登場人物が正に「誰かを殺したい」と考えていたり。見せ方にこだわりすぎた結果、人を殺す原因があまりにも浅いものに見えてしまいました。<br>
     ミステリとして悪くはないんですが、なんかごてごてと着色料や人工甘味料で味付けされた欧米風のお菓子のように心理的な嫌悪感を感じました。もったいない気がします。

全44件中 1 - 25件を表示

みんな誰かを殺したいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

みんな誰かを殺したいのKindle版

ツイートする