万年東一 上

  • 11人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 宮崎学
  • 角川書店 (2005年6月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048735872

万年東一 上の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

万年東一 上を本棚に登録しているひと

万年東一 上を本棚に「読みたい」で登録しているひと

万年東一 上を本棚に「積読」で登録しているひと

万年東一 上の作品紹介

昭和十三年、社会大衆党党首、安部磯雄を襲撃した万年東一は、右翼からもヤクザからも神格化され、一躍、時の人になった。金はいくらでも融通がきき、言い寄ってくる女も後を絶たない。だが、万年はそれだけでは満足しなかった。時局は逼迫し、華中、華北での戦闘は泥沼化の一途を辿っていた。そのうち国をあげての戦争になるだろう。俺はこの先、どうやって生きてゆくか…。そんな折、万年は、華僑の貿易商から、ある情報を掴み、海を渡る決意をする。向かう先は、欲望と虚飾と権謀術数に満ちた魔都・上海。"愚連隊の神様"万年東一が大陸のならず者どもと命を賭けて渡り合う。著者初の長編小説。

万年東一 上の文庫

ツイートする