レヴォリューション No.3

  • 1405人登録
  • 3.98評価
    • (352)
    • (228)
    • (351)
    • (9)
    • (2)
  • 297レビュー
著者 : 金城一紀
  • 角川書店 (2005年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048736008

レヴォリューション No.3の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こないだ「対話篇」を読んで、ずいぶん前に読んだのおもしろかったなぁ、とぼんやり思い出し
    実はシリーズでいろいろ他のの話があるんだ、といまさら知ってしまいまとめ借り。

    おもしろかったー。
    いいなーこの疾走感。
    ゾンビーズシリーズでいちばん好きだったかも。

  • 大好きな本。とても。
    ド青春な小説で、男子校時代に溜まったフラストレーションを消すではなく形にして目の前に出してくれる感じ。あとどうするかは自分次第だよって。どこか優等生な自分を払いきれない自分にいらだたしさを感じてたけど、それをどうにかするにあたって大いに影響を与えたであろう本。
    登場する馬鹿たちはみんなまっすぐで。キャラが立っている。そういうのが好きな人はきっと好きになれる。個々に自分がある僕が大好きな読み物。

  • 小説が書かれた古き良き時代(ゲイを軽蔑視したり)を思い出させてくれる.ダメ高校の寄せ集めげ有名高校の文化祭に突撃とか女の子をみんなで守るとか定番の青春ストーリー.仲間の一人が病死するのもお約束.

  • 若いってよいな

  • 読みながら思うは

    何かに一生懸命になっていた自分

    遠く過ぎ去った高校時代

    仲間と共に過ごした日々

    高校時代の一日は大人の一月よりも重い

    そんなことを感じつつも

    読み終えた後に元気が出てくる作品

  • ジャケ(本だと装幀って言えばいいのかな)が秀逸だし、タイトルもいいけど、そんなことは置いておいても作者のセンスを感じる作品。

    ありがちな青春物ともヤンキー物とも違う。確固たるジャンルと呼べるもの。思想があって、理念があって、技術がある。

    シリーズ化されているようなので、他の作品でマンネリ化していないことを祈る。


    「君たち、世界を変えてみたくはないか?」

    「どうして、おまえみたいな奴が高校になんか来てんだ?」
    「おまえみたいな友達が欲しかったからだよ」
    一瞬、抱かれてもいい、と思ったけれど、すぐに思いを打ち消した。

    毛沢東
    「ギョウザ大好き!」




    2015.11.7

  • シリーズ三作目。
    途中からこいつの目線だろうなぁと思っていたけれど、前作、前々作からは見えなかった苦悩やジレンマが垣間見えてこいつも高校生なんだなと思って読んだ。

  • 思春期に読むと間違いなく引き込まれる作品。思い出補正で星+1。

  • 111113

全297件中 1 - 10件を表示

金城一紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

レヴォリューション No.3を本棚に登録しているひと

レヴォリューション No.3を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

レヴォリューション No.3を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レヴォリューション No.3の文庫

ツイートする