サウス・バウンド

  • 2930人登録
  • 3.79評価
    • (443)
    • (525)
    • (655)
    • (48)
    • (16)
  • 576レビュー
著者 : 奥田英朗
  • 角川書店 (2005年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (535ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048736114

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

サウス・バウンドの感想・レビュー・書評

  • 小学生である主人公が、家族、両親の過去を通してともに成長していく物語。

  • この著者、ストーリー展開が巧みで読みやすいし好きです
    ちょっと前の本ですが友人にもらいました
    映画も面白かったでしょうね
    西表島の風景見てみたかったな
    息子の視点で元活動家の破天荒な父とその家族が描かれています
    その一員になれと言われるとちょっとご遠慮ですが、面白いなあ
    特にお母さんが素敵
    表紙はイマイチだな、シーサーは分かるけど

    ≪ 海のせい? 時間の流れ 違いすぎ ≫

  • こんな親は自分だったら嫌だなぁ。と思いながらダラダラ読み進めてましたが、こういう生き方があってもいいのではないかと思う。家族は大変かもしれないけど。
    「人間は欲張りじゃなければ、法律も武器もいらない」という主人公の言葉が響きました。

  • 小学生が感じる世界の広さと、大人が感じる世界の広さには、大きな差があると思う。
    自分が子供の時に感じていた、その途方もない世界を、二郎のように広く体験出来ていたら、今とは違う自分がここにいる気がする。

    次の日にいきなり西表島で住むぞ言われても信じられなかったと思うし、きっと大人になって良い経験だったと振り返ることもできると思う。

    ひとつの場所に定住している自分にとっては『移住』という夢を思い描けた。

  • どっしりした父やのう。
    こうやって踏ん張って自分の言いたいことを主張できて、そうして実現できればどれだけいいか。

  • ハチャメチャな父親と家族の話。
    ハチャメチャな父親だが、息子・二郎は父親の言動を理解していき、誇りに思うように変わっていくのが面白い。
    終始、二郎の視点で描かれているが、
    二郎の心境や考え方のクールな感じが、非常に共感できる。
    ★3.5

  • (2007より転載)
    前半後半のギャップが激しかったけど、スピード感ありでおもしろかった。
    これも映画化されるみたい。最後のシーンは見物だろうなぁ。
    2007.7読了 

  • 夏に読みたい小説。面白すぎて止まらない。少年時代を思い出す。

  • 子ども目線での描かれ方が良い。東京編はオヤジに呆れていたが、南方に行ってからはいいね。

    ブルジョアが悪い!となるとうーん…ですが。

  • 面白かった。

    共産主義や革命運動には、批判的だけど、この子のお父さんには共感する(^-^)/

  • 共産主義な物語。
    最後まで抵抗することに意味があるのです。
    しかし、この子供はたくましい。

  • 破天荒な父親に振り回されながら成長していく小学生、二郎の話。
    ちょうど沖縄へ旅行へ行く前だったので、アカハチのこととかも勉強になりました(行ったのは本島だけだったけど笑)
    東京と石垣島との時間の流れや人との関わり方が違うのもまた楽しい。描かれ方としては「東京は悪」みたいになってしまっているけど笑
    奥田英朗さんの、人の考え方の変化や成長が見られる本は好きだなぁと思います。

  • 小学生が主人公かぁ、どうかなあ、と読みましたが
    面白かったです。

  • なんだか上手く表現できないけど、すごく好きな小説家の1人。何にも考えずに笑える伊良部先生シリーズや東京物語みたいな本もあれば、ジェットコースターのように話が展開するものもあり。個人的にはサウスバウンドはその中でも一番好きかも。

  • 初めは父がハチャメチャすぎて、感情移入できなかった。
    後半はテンポがよくなって、おもしろくはなったけど、普通だったかな。

  • いいなぁ♪
    こんな両親が欲しいです(*^^*)

  • いいな いいなあ 子供の感性がすごくいい
    ハチャメチャな親もいい

    正しいとか 賛同できるとかじゃなく
    こうあるべきとかでもなく

    キャラから色んな感情をもらえるから 小説っていいなあ

  • 色々盛りだくさん

  • 『サウスバウンド』奥田英朗
                                角川書店

    父も母も元過激派!どんな話?と思いながら読み始め、小学六年生の息子二郎に、すぐ感情移入(笑)
    東京中野で家族が暮らす前半は、左翼的思想を主張し、年金、税金、国家拒否を大っぴらに宣言し、変人ぶりを遺憾無く発揮する父、一郎に反感を覚え、こう言う男って働かないし、社会の恩恵を結局は受けてるのに理屈だけ。時代錯誤なオヤジを持って、子供達が可哀想。いや、ホント、子供達やってられないよなぁ…と思いながら読んでいた。
    ところが、後半西表島に家族が移住する事になって、あれ?あれれ…。何だか八重山の人々に大歓迎されて生き生きと働き出す父、カッコイイ。マキを割り、畑を耕し、漁に出る。土地の人みんなが助け合いだから、食べる物も、日用品にも困らない。自分だけ得しようと欲を出さない暮らしの中では、父一郎の考えに納得しそうになるから不思議。
    そして、八重山の歴史と、英雄伝説が父と重なった時、二郎と共に感動している自分がいた。
    とても面白かったが、こんな破天荒な両親を持ったら、この島以外では暮らせないな〜。といくらかの???を残して、満足して本を閉じた。

  • 読んでいて楽しい!!

全576件中 1 - 25件を表示

サウス・バウンドを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サウス・バウンドを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする