夜市

  • 2119人登録
  • 3.90評価
    • (411)
    • (411)
    • (454)
    • (27)
    • (12)
  • 488レビュー
著者 : 恒川光太郎
  • 角川書店 (2005年10月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048736510

夜市の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コレって確か
    デビュー作にして
    直木賞候補にもなってたんですよね。

    ドロリとした
    アングラな空気と
    ダークな感触、

    和情緒溢れる
    映像喚起力の高い文章。


    読み終わってまず感じたのは
    とにかく文章が
    巧みだなぁ〜って印象。


    会話はちと弱いけど
    ストーリーテリングの上手さには
    新人とは思えない
    ポテンシャルを感じたし、

    歯切れのいい
    流れるような文章は読んでいて本当に心地いい。



    中身は短編がニ編。

    どんなものでも
    手に入るという
    不思議な市場「夜市」。


    ふとしたきっかけで
    人が迷い込んでしまう
    異世界。


    何かを買わないと
    そこから出ることは出来ないという設定が
    素晴らしいですね♪



    学校蝙蝠や永久放浪者、一つ目ゴリラなど
    異形の者の
    ネーミングセンスも抜群で
    グイグイ引き込まれていきます。


    中盤、物語は一気に加速反転し、
    強烈に切ないラストの余韻に
    誰もが茫然となるハズ。



    そしてもう一編は
    霊や妖怪たちが通る道である「古道」に
    迷い込んでしまった少年たちを描いた
    「風の古道(こどう)」。


    主人公の子供が体験する
    異界での10日間。


    異界版「スタンドバイミー」と言えば
    雰囲気は伝わるかな。


    古道を放浪する者は
    認められると種をもらい、
    種を持つ者は
    肉体が死んだとしても
    道の樹となり
    生まれ変わることができる。


    ここの設定が
    ロマンを感じさせるし、

    子供たちの案内役となる
    レンという青年が
    悲しみを湛えながらも
    なんとも魅力的なのです。


    そして古道と下界を行き来することができ、
    レンの父親代わり兼
    相棒のホシカワが
    また泣かせてくれる!(>_<)




    子供だから見える
    異界と現実世界との境目。

    小さな森を抜ければ
    広い広い草原やお花畑だったり
    自分も10代までは
    霊感の強い子供だったので、

    この世のものではない不思議な体験っていうのが多々ありました。


    どちらの作品にも通じるのは
    子供の頃に誰もが見た景色を
    瞬時に思い出させてくれる
    強烈なノスタルジーです。


    ホラーというより
    幻想的なダークファンタジーといった空気観なので、
    コワいと敬遠していた人も
    大丈夫ですよ(笑)


    眠れない夜の子守歌みたいに
    優しくて切ない、
    自信持ってオススメしたい小説です♪

  • ホラーだと思って今まで読むのを敬遠していたのが悔やまれます。死や闇の匂いの濃い、暗めのファンタジーでとっても私好みでした!「夜市」と「風の古道」の2編。どちらの話も読み始めると一気に恒川さんの作り出す妖しい世界に連れて行かれます。様々な世界に繋がっている空間や、妖たちが歩く古道。そこには私たちの世界とは違うルールがあって、そのルールは決して主人公たちにとって優しくなくて。ハッピーエンドではないけれど、落ち着くところに落ち着くようなラストで良かったです。これからも何回か読むだろうな。買おうか迷います。

  • 大学生のいずみは、高校時代の同級生・裕司から「夜市にいかないか」と誘われた。裕司に連れられて出かけた岬の森では、妖怪たちがさまざまな品物を売る、この世ならぬ不思議な市場が開かれていた。夜市では望むものが何でも手に入る。小学生のころに夜市に迷い込んだ裕司は、自分の幼い弟と引き換えに「野球の才能」を買ったのだという。野球部のヒーローとして成長し、甲子園にも出場した裕司だが、弟を売ったことにずっと罪悪感を抱いていた。そして今夜、弟を買い戻すために夜市を訪れたというのだが―。第12回日本ホラー小説大賞受賞作。

    最後の祐司のセリフの「ほしいものが見つからないんだ」というセリフが何故か印象に残りました。

    彼は夜市に飲み込まれてしまったのでしょうか?

    他にも短編『風の古道』もよかったです。
    古道は予想以上に怖いところだとは思いますが、レンちゃんに会えるなら行ってみたいです…。←

  • 幻想的でどこか物悲しい2つの短編。どちらも懐かしくて、切なくて、読み終えた後、しばらく余韻でぼんやりしてしまった。

  • 日常と非日常の狭間の話。
    日本ホラー小説大賞受賞作という文句に惹かれ購入。

    表題作よりも、『風の古道』の方が作品的には好きだなぁ。なんだか千と千尋の神隠しみたいな印象で、タイトルといい作品に流れる雰囲気といいホラーというよりも謎・不思議といった感じ。
    夏と秋の間のこの季節に読む物語としては最適だったなぁと思った。
    -------------------------
    妖怪たちが様々な品物を売る不思議な市場「夜市」。ここでは望むものがなんでも手に入る。小学生の時に夜市に迷い込んだ裕司は、自分の弟と引き換えに「野球の才能」を買った。野球部のヒーローとして成長した裕司だったが、弟を売ったことに罪悪感を抱き続けてきた。そして今夜、弟を買い戻す為、裕司は再び夜市を訪れた――。奇跡的な美しさに充ちた感動のエンディング!魂を揺さぶる、日本ホラー小説大賞受賞作。
    (紹介文参照)

  • 分類ではホラーになるみたいだけど、これはホラーではないです。
    絶対ダントツ☆5つ。この世界観(本として読むだけなら←この世界に行きたいわけではない)好き。

    表題「夜市」ワタシは泣けました。
    2度読みです。

  • ホラーということだが、私にはホラーとは思えなかった。不思議な、そして悲しい物語だった。
    面白いか面白くないかで言えば面白くはなかった。でも、独得の世界観があって、活字が絵として見えてくる。そして、どっぷりとその世界に引き込まれる。そんな小説だった。

  • ホラーものはなんとなく敬遠していたが、ホラー大賞受賞作というので、興味を持って読んでみた。装丁からは今の季節にピッタリな涼しげな印象を感じさせるが、怖い話だろうというイメージを持って読みすすめた。「夜市」、「風の古道」どちらの話も不思議な世界観を感じさせるどこか別次元の世界へ入り込んでしまったような感じがする。物語の世界では様々な事象が繰り広げられ、怖いよりも不気味さを感じる。全体的にはホラー色よりも悲しみに包まれた切なさを残す読後感。ファンタジーが強めな印象でホラーが苦手な人にも読みやすいと思う。

  • たいへんおもしろかったです。
    幻想的なお話って、起承転結がはっきりしてなくて「結局どんな話だったっけ?」ってなりがちですが、この本はきちんと話が終わるところがよかったです。
    梨木香歩さんの家守奇譚やジブリの千と千尋の神隠しよりちょっとこわくて、じーんとしみる感じでした。

  • 不思議な話。普通に生活している人が、ねじれた世界に入りこんで、抜けられなくなる。意外と自分の近くにもありそうで、なんだか怖かった。

全488件中 1 - 10件を表示

夜市のその他の作品

夜市 (角川ホラー文庫) Kindle版 夜市 (角川ホラー文庫) 恒川光太郎
夜市 Audible版 夜市 恒川光太郎
夜市 (角川ホラー文庫) 文庫 夜市 (角川ホラー文庫) 恒川光太郎

恒川光太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夜市に関連するまとめ

夜市を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする