クリスマス・ストーリーズ

  • 298人登録
  • 3.18評価
    • (12)
    • (31)
    • (115)
    • (17)
    • (3)
  • 59レビュー
  • 角川書店 (2005年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048736671

クリスマス・ストーリーズの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • クリスマスだからといって甘いエピソードばかりではなくて、たまたま会いに行く日が、たまたま今日がクリスマスだったというものが多かった気がする。もちろん、クリスマスのエピソードを語る話も。たまたま離婚する日がクリスマスイブだったという角田さんのお話はなんかよかったな。遠距離関係の恋人の二人の話もよかった。

  • 人気作家がクリスマスをテーマに綴った珠玉の六つの物語。

    セブンティーン 奥田英朗
    クラスメイト 角田光代
    私が私であるための 大崎善生
    雪の夜に帰る 島本理生
    ふたりのルール 盛田隆二
    ハッピー・クリスマス、ヨーコ 蓮見圭一


    蓮見さんの本は読んだことがなかったけれど、「ハッピー・クリスマス、ヨーコ」が私は一番良いなと思った。
    夫婦喧嘩中の話なのに、読んでいく内にほのぼのと温かい気持ちになれるお話でした。

  • 一時間軽く何か読みたいときに最適。

  • 2017年12月15日

    <Christmas Stories>
      
    装丁/高柳雅人(角川書店装丁室)

  • もう少しクリスマスっぽさを期待していた。

  • どの短編も読みやすかったですが、奥田英朗の作品が特に好きでした。親の気持ちが繊細に描かれています。

  • 綺麗な表紙に誘われて。

    雪の夜に帰る/島本理生
    ハッピー・クリスマス、ヨーコ/蓮見圭一

    この2つが好き。

  • キラキラした表紙とクリスマス前の今の季節にピッタリだなと思って借りた。クリスマスプレゼントみたいなドキドキしたお話を期待してたら中身は不倫や遠恋、離婚などワクワク感とは程遠く切ない。奥田英朗の作品が意外と良かった。島本理生、蓮見圭一、盛田隆二ははじめましてだったけど蓮見圭一はあまり好みでないかも、少なくともこの話は。2011/586

  • 大崎さんの名前で気になって読んだけど、島本理生さんの話が一番好きだった。

  • 表紙の装丁と中身がだいぶ差がある。
    クリスマスのきらきら感よりも、どんよりというかさびしー、と感じる短編が多々。

    そしてあまり記憶に残らなかったな…。

全59件中 1 - 10件を表示

大崎善生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

クリスマス・ストーリーズに関連するまとめ

クリスマス・ストーリーズを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クリスマス・ストーリーズを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クリスマス・ストーリーズを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする